グルメ

トリチとチーズバーガー3個の違いとは?具材やカロリーを比較!

投稿日:

トリチことトリプルチーズバーガーは、どうやら冬の風物詩として定着したようですね。

がっつりこってりと、チーズ3枚お肉3枚がパンズの間にど~~んと鎮座しているこのトリチ。

昨年2017年に引き続き、2018年も期間限定として発売されています。

これひとつで、

1日の必要カロリーの3分の2がとれる

という、ウルトラスーパー栄養食品です。

しかし、このトリチの値段は、同じチーズバーガーなら普通のチーズバーガー3つと同じなのです。

ならば、普通のチーズバーガー3つの方が、パンズが3つある分だけお得なような気もしませんか?

そこで今回は、トリチとチーズバーガー3個の違いとはなにか、その具材やカロリーはどうなのかを、比較してみました!

スポンサーリンク

アドセンス

トリチとチーズバーガー3個の違いとは?

では、トリチとチーズバーガー3個の違いとは?

ズバリ言えば、

パンズが1つか3つかの違い

です!

と言ってしまうと身も蓋もありませんので、もう少し詳しく書きましょう。

 

このトリチ(トリプルチーズバーガー)は冬季限定の商品という点は、いつでもある普通のチーズバーガーとの違いと言えましょう。

【価格】単品:390円、セット:690円(すべて税込み)

【販売期間】2018年1月10日~1月下旬予定(期間限定)

【販売時間】10:30~翌4:59

【販売店舗】全国のマクドナルド(一部店舗をのぞく)

単体のチーズバーガーは、

単品:130円

ですから、トリチはちょうど単体の3つ分の価格なんですね。

マクドのチーズバーガーには、ダブルチーズバーガーという、パティ(肉)とチーズが2枚ずつ入っているバーガーもあります。

トリチは、それにさらにパティとチーズを1枚ずつ追加した形ですね。

構成は、バンズ、ビーフパティ×3、チーズ×3、オニオン、ピクルス、ケチャップ、マスタードとなっていて、みな同じです。

でも味は、シングルとダブル、トリプルとそれぞれに、微妙に違うようなのです。

トリチの味の特色としては、やはり

肉感!

につきます。

肉1枚でも結構なボリューム感があるのに、トリチではこれでもかといわんばかりに、肉が肉肉しく自己主張しているのです。

一口頬張ると、口の中が肉感で溢れかえり、ビーフがチーズを圧倒します。

チーズは必死に反撃しますが、勝負になりません。

チーズは、たちまち片隅(口の中の!)に追いやられて、ついには散ってしまいます。

それを物陰に隠れたオニオンやピクルスが、こわごわ眺めている、という図式ですね。

なるほど、これならパンズは1枚で十分だわ!

トリチの用途は、

男子校の運動部専用!

かも知れませんね。

 

もっとも、シングルのチーズバーガー3つも、ボリュームがありますから、こちらは

男子校の相撲部限定!

かも。

このトリチを真横から見ますと、大喜利の積み上げられた座布団を連想してしまいます。

トリチもいつか崩れて、お肉が転げ落ちるんじゃないでしょうか。

 

トリチもシングルチーズバーガー3つも、間違っても小食な人や、脂っこいものが苦手な人が、注文するメニューではありませんね。

 

トリチとチーズバーガーの具材やカロリーを比較

トリチもシングルチーズバーガーも、ダブルチーズバーガー(ダブチ)も、具材は

バンズ、ビーフパティ、チーズ、オニオン、ピクルス、ケチャップ、マスタード

とくに変わりはありません。

変わりがあるのは、お肉とチーズの量です。

カロリーや脂質の量は、そこの違いなのです。

 

以下、シングル・ダブチ・トリチの栄養価の表です。

なお、カロリー以外の単位はグラムです。

シングル・ダブチ・トリチの栄養価比較
バーガー名 カロリー(kcal) 蛋白質 脂質
シングルチーズバーガー 312 16.2 13.5
ダブルチーズバーガー 463 27.4 25.2
トリプルチーズバーガー 615 38.5 36.5

カロリー、脂質ともにトリチの圧勝ですね。

 

しかし、カロリーだけ比較しますと、

  • シングルチーズバーガー 312kcal
  • ダブルチーズバーガー 463kcal
  • トリプルチーズバーガー 615kcal

と、2倍3倍にはなっていません。

これはパンズが同じ1枚ということと、一枚あたりの肉やチーズの分量が、ダブチやトリチではシングルより少ないからではないか、と思われます。

このトリチを、424kcalあるマックフライポテトと一緒に食べると、

軽く1000kcalをオーバー

と、恐ろしいことになります。

これ一食で1日の必要カロリーの3分の2がとれるのです。

『とれる』というより、『とってしまう』、あるいは『とらされてしまう』という方が正しいのでしょう。

アメリカの少年の画像など見ますと、時々

背比べなら横からこい!

という少年を見かけますね。

これらの少年達も、トリチを食べてここまで発育した(とくに横幅が)のかも知れませんよ。

少なくとも、毎日の常食にすべき食品ではありません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2018年も、期間限定のトリチことトリプルチーズバーガーの販売が始まりました。

お肉とチーズがパンズの間に、うずたかく積み上げられたこのトリチくん。

見るからに質感というか肉感溢れる、にくにくしい形相で、こちらをにらんでいます。

シングルチーズバーガーとは、具材などはほとんど同じなのですが、その存在感とカロリーは並のものではありません。

お値段は、トリチとシングルチーズバーガー3つとは、全く同じなので、大食の人はシングル3つの方が満腹感は得られるかも知れませんね。

しかし、トリチのとりえは、その『肉・肉・肉』で溢れかえっているところにあります。

どちらを取るかは、あなた次第。

でもどちらを取っても、常食していればアンコ形力士になれるのは保証付きですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-グルメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.