時事

Twitterのグロ画像リプを消す方法!リプライを設定変更で対策を!

更新日:

Twitter利用者、とくにアニメ・ゲーム関連が好きなTwitterユーザーにとっては、最近頭を悩ませる事件が発生していますよね。

そうです、不適切な画像…いわゆる

グロ画像リプ

による迷惑行為です。

RTが多く拡散されているツイート、いわゆるバズっているツイートに対し、グロ画像を貼り付けたリプライを連投しているという、古くは2ちゃんねる(現5ちゃんねる)でも行われた行為の1つ。

しかし、Twitterの場合は意図しないところで目に入ってしまい、それでトラウマになるという人も少なくありません。

このTwitterのグロ画像リプの対策はあるのでしょうか?

当記事では、Twitterのグロ画像リプへの対策方法を紹介しようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

Twitterで蔓延るグロ画像リプ問題とは?

今、Twitterで起こっているグロ画像リプ問題とは、一体どんな問題なのでしょうか?

筆者も、このグロ画像リプを目にしてしまい、非常に迷惑した1人です。

この問題について簡単に説明すると、要するに、

大量の捨てアカウントを使い、RTが多く拡散されているツイートに対しグロテスクな画像を添付したリプライを送りまくっている

という問題が発生している、ということですね。

初期は、『FGO』こと、『Fate/Grand Order』や『ラブライブ!』、『アズールレーン』などの人気コンテンツのバズっているツイートに多く送られていました。

基準としては、グロ画像リプ初期はどうやらリプライの多い100RT以上のツイートが対象だったみたいですね。

しかし、次第に範囲がどんどん拡大。

アニメ『ポプテピピック』のツイートなどにも貼られるようになると、今ではジャンル関係なく、バズっているツイートなら見境なしに、どんな内容のツイートであってもグロ画像リプが貼られるようになりました。

グロ画像リプで使われているグロ画像は、本当に残酷な画像ばかりで、残酷な亡くなり方をした人の画像など、見る人によっては吐きそうになるようなものばかり…。

ある部位が吹き飛んでしまっていたり、人間というより肉塊と言ったほうがいいようなものなど、かなり精神的ショックを受ける画像なので、

興味本位で見ようとするのは絶対にやめたほうがいい

です。

『検索してはいけない言葉』の中でも危険度レベルの高い画像が使われていると言えば、その危険度がおわかりいただけるかと思います。

しかも、このグロ画像リプをする悪質ユーザーは、Botなどを稼働させているのでしょうか、

  • Jin
  • 靴屋
  • たっきー
  • Taki
  • テレイン

と様々なユーザーのなりすましをおこなって、アカウントを大量作成。

そして、バズっているツイートにグロ画像リプを連投するという行為に走っているのです。

アカウントが凍結されても、さらに大量作成されてしまうため、いたちごっこ状態…

警察などに動いてもらい、根源となっている人間そのものを捕らえないと、収まることはなさそうなのが現状です。

 

ではそもそも、なぜこのようなグロ画像リプが突如発生してしまったのか。

事の発端は、『マビノギデュエル』というゲーム。

悪質ユーザーが『マビノギデュエル』ユーザーに対してだけ、おこなわれていた嫌がらせ行為でした。

これらの行為は、数年前から『マビノギデュエル』ユーザーは被害に遭っていたそうです。

これを、グラティアというユーザーがその悪質ユーザーに対して怒りを爆発させ、挑発してしまったことが全ての始まり。

経緯は、彼のブログで紹介されています。

もちろん、グロ画像リプを送るイカレたユーザーが一番の悪なわけですが、全く関係のないユーザーである筆者にとっては、

「挑発したせいでもっと広範囲に迷惑かけることになったんだから、謝罪だけじゃなくて警察への対応とかも含め、全てをかけて収拾のために尽力して」

と言いたくなります。

諸悪の根源がいるのはもちろん理解できます。

でも、それを世に解き放ってしまったのは、他でもない、悪質ユーザーへの煽り行為をしたグラティア氏自身です。

それならば、その諸悪の根源を滅するため、一層尽力しなければならないのも、グラティア氏の責任でしょう。

グラティア氏が被害者であるのも理解します。

それと同時に、多くの人にグロ画像リプを目に入れてしまう事件を引き起こした加害者。

 

 

現実的な対応は難しく、そもそも撲滅が可能かどうかもわからないのが現状…。

自衛することで、グロ画像リプが目に入らないように対策したいですよね。

続いては、グロ画像リプの消す方法を紹介していきたいと思います!

 

Twitterのグロ画像リプを消す方法と対策を紹介!

Twitterのグロ画像リプは、本当に勘弁してほしい迷惑行為の1つ。

では、このグロ画像リプへの対策は、どのような方法があるのでしょうか?

そこで、この記事では、

  • グロ画像耐性のない人に向けたグロ画像を消す対策方法
  • グロ画像耐性のある人にやってほしいグロ画像リプを消す方法

この2つについても、紹介したいと思います。

 

まずは、グロ画像耐性のない人が、グロ画像リプを見ないようにする対策方法からです。

グロ画像を消す方法については、対応がWeb版とスマホアプリ版で分かれています。

まずは、スマホアプリ版からです。

スマホアプリ版の場合は、

左上の自分のアイコン→『設定とプライバシー』→『データ利用の設定』→『画像のプレビュー』

を開き、『画像のプレビュー』の部分をオフに設定するとOKです。

これで、画像がプレビュー表示されなくなるので、グロ画像リプも見ることなく対処できます。

次は、Web版です。

…が、非常に不便なことに、

完全なる対策が不可能

なので、これは運営が無能オブ無能、と言わざるを得ません。

いち早く、スマホアプリ版と全く同じ操作ができるよう、改善が望まれるところです。

一応、アドオンを入れるとそれも可能になるのですが、アドオンを導入できるような人であればネット知識があると思うので、自分で調べてみてください。

『Stylish』で調べると、グーグルクローム用、Firefox用それぞれのアドオンが出てくると思います。

では、Web版はどうやって対処するかというと、これはあくまでも応急措置レベルにしかなりませんが…

右上のアイコンをクリック→『設定とプライバシー』→『プライバシーとセキュリティ』

と進み、下へスクロールすると、『安全性』という部分が現れます。

すると、『画像/動画の表示』という欄に、

不適切な内容を含む可能性のある画像/動画を表示する

という項目がありますので、この項目のチェックを外した状態にしておきましょう。

こうすると、不適切な内容だと判断された画像については、表示されなくなります。

では、この応急措置しかできないWeb版の人たちを助けるためにどうすればいいのか?

そこで出てくるのが先ほど触れた、

グロ画像に耐性のある人

たちの出番です。

グロ画像に耐性のある人たちは、たっきーやテレインといったグロ画像リプをする人たちのグロ画像リプを、不適切なものとして報告するのです。

なぜ、グロ画像に耐性のある人でないといけないかという理由ですが、その理由が…

グロ画像リプを報告するためには、まずそのツイートを表示しなければならないから

です。

報告しようとして、グロ画像を見てしまうという人も多くいるため、凍結させられないという状態に陥ってしまっています。

画像が不適切だと報告する方法についてです。

まず、グロ画像リプを見つけたら、そのツイートを表示して、ツイートの右上辺りにある下矢印の先端だけのような部分をタップ/クリックします。

すると、『ツイートを報告する』というところがあるので選択。

理由が出てくるので、

『不適切な画像を表示している』

を選んで報告しましょう。

グロ画像耐性のある人でなければできないので、グロ画像耐性のある人の善意が皆を救うことになるのです。

また、そもそもグロ画像リプをするユーザーはグロ画像リプのためだけに作成された捨てアカウントなので、

そのアカウントのページに行って、

ユーザーそのものを報告する

というのもいいでしょう。

これであれば、先述した画像を非表示にしたスマホアプリ版ユーザーでも、簡単にグロ画像リプアカウントの凍結を早めることが可能です。

ただし、グロ画像耐性のない人は、報告理由に注意が必要です。

『攻撃的な内容を投稿している』を選ぶのもいいのですが、これを選んでしまうと、

該当ツイートを選択させるところで、グロ画像リプがプレビューされてしまう

ので、スマホアプリ版からプレビュー非表示にしている人の場合は、

『私や他人のなりすまし行為をしている』→『第三者』

を選んで報告しましょう。

そもそも、グロ画像リプの犯人は、プロフィールに

「本垢@~ サブテスト」

などとして、ユーザーのなりすましをしています。

この時点で既に規約違反を犯しているので、なりすましという点を通報することで間接的にグロ画像リプを消す対策になるのです。

 

以上が、Twitterのグロ画像リプを消す方法でした。

これらの対策方法を講じて、Twitter社が対策をするまでは、自衛で乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

現在、Twitterでは、

バズっているツイートにグロ画像リプをする

という迷惑行為をするユーザーがいて、多くの利用者が迷惑しています。

迷惑極まりない行為なので、何とか法律違反に振れているか調べあげ、警察が動いて犯人が逮捕されてほしいところですね。

それまでは、当記事で紹介した方法で自衛をするしか今のところ対策方法はなさそうです。

それにしても、なぜグロ画像リプライをしようなどと考えるのでしょう…。

犯人は、本当に何を考えているのか…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.