雑学

マンドラゴラとは?伝説ではなく実物して開花する植物だった!

投稿日:

皆さんは、"マンドラゴラ"って知っていますか?

様々なゲームや創作モノに登場している植物なので、知らない人の方が少なかったりするかもしれませんね。

実はこのマンドラゴラ、なんと実在しているらしく、先日、マンドラゴラの花が開花したとのこと!

しかも、その場所は日本!

筆者としては、てっきりマンドラゴラは神話だとか、創作でしか登場しないものだと思っていたので、まさか実物が存在していたとは、その時点でもう驚きです。

では、マンドラゴラの実物とは一体どんなものなのか?

そして、マンドラゴラに伝わる伝説など、当記事ではマンドラゴラについて紹介していきます!

スポンサーリンク

マンドラゴラとは?実物が存在する植物だった!

さて、マンドラゴラというと、皆さんは何を最初に思い浮かべるでしょうか?

創作モノでは、もはや定番というほどの伝説を持っている植物ですよね。

筆者のマンドラゴラに対するイメージというと、やはり、『ドラゴンクエスト』でダンスキャロットの上位種モンスターであるマンドラゴラや、『モンスターハンター』で秘薬やいにしえの秘薬を調合する材料として使われるアイテムですかね。

また、マンドレイクという名前でモンスターとして登場するゲームも多い印象があります。

また、『ハリーポッター』でも登場し、一般的な認知度も上がったみたいですね。

筆者は『ハリーポッター』は全く知らないので、実はこれが初耳なのですが…

さて、ゲーム好きなどでは有名なマンドラゴラではありますが、実はこのマンドラゴラ…

実在する植物

ということを知っていましたか?

なんと、つい最近、マンドラゴラの実物が花を開花させたというニュースがあったのです。

筆者はこのニュースを見た時、

「マンドラゴラって実際に存在する植物だったのか…」

と驚かされました。

創作に登場するイメージがかなり強いので、ドラゴンのように、有名だけど実在しないモノの1つだと思っていたのです。

ヨーロッパの古典から、現代のサブカルチャーでも幅広く登場するのも、まさにドラゴンと類似していますよね。

では、実際のマンドラゴラとはどんな植物なのか紹介していきますね。

まず、マンドラゴラは、地中海地域から中国西部にかけてに自生している

ナス科マンドラゴラ属

の植物です。

というか、マンドラゴラってナス科だったんですね…。

ちなみにマンドラゴラというのは別名だそうで、実際はマンドレイクが正式名称のようです。

そのため、マンドレイクとマンドラゴラは全く同じものなわけですね。

『ドラゴンクエスト』には、マンドラゴラとマンドレイク、2種類のモンスターがいますが…。(笑

このマンドラゴラが、なぜ今日では創作モノに登場するようになったのかというと、実は…

根にある神経毒

これが伝説上の植物としての知名度を上げる要因になっています。

マンドラゴラの根の神経毒は、毒性がかなり強いので

  • 麻痺
  • 幻覚
  • 幻聴
  • 嘔吐
  • 瞳孔拡大

などの症状を引き起こします。

この麻痺させる機能が、鎮痛薬、鎮静剤、下剤として使われたことも昔はありましたが、マンドラゴラの神経毒は、

最悪の場合命を落とす

それほどの危険性があるため、薬用としても使われることはなくなってしまいました。

ちなみに、問題のマンドラゴラの根なのですが、いくつもの細い根が複雑に絡み合い、かなり不定形な形をするので、これが時々人の形に見えることもあるのだとか。

このように二つに分かれるのはなかなか珍しいことだそうです。

確かに、こんな風に分かれていると、今にも歩き出しそうな、そんな不気味な雰囲気が感じ取れます。

夜、マンドラゴラが独りでに歩いている…

まさにホラーです。

さらにこのマンドラゴラ、人型になることもあれば、先述した根が複雑に絡み合うことが影響し、

強引に引き抜こうとすると相当な力が必要で、根をちぎりながら抜くと、音を立ててブチブチブチと千切れる音がする

のです。

これも、後述するマンドラゴラ伝説のもとになったのだと言われています。

そんなマンドラゴラが日本で開花…

これはどういうことなのでしょうか?

 

日本でマンドラゴラの花が開花!?

日本でまさかのマンドラゴラ開花…

マンドラゴラが実在したことも驚きですが、日本にマンドラゴラがあったのも驚きです。

開花したマンドラゴラがあるのは、兵庫県南あわじ市にある施設『淡路ファームパーク イングランドの丘』です。

名前がかなりややこしく、日本なのかイングランドなのかわからなくなってしまいそうですね。

ちなみに、開花したのは2017年12月のことで、『淡路ファームパーク イングランドの丘』では初めてのこと。

国内での開花例は割と珍しいそうですが、初めてではないということから、日本の他の施設にもマンドラゴラが存在しているということになります。

その花がこちらです。

結構可愛らしい花なのですね。

しかし、紫色というあたり、やはり不気味というか、怪しい雰囲気を感じさせる色だなと思わされます。

現在、この施設ではまだつぼみが9つもあって、いずれも開花待ち状態です。

栽培担当の後藤敦さんによれば、

「地中海原産の植物なので、寒さ対策を施しながら育ててきた」

「実在の植物だと知らない人も多い。伝承も含めて花を楽しんでもらえたら」

とのこと。

マンドラゴラの実物を見る貴重な機会ですし、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

 

マンドラゴラに伝わる伝説とは?

実物の植物だったマンドラゴラですが、創作では魔法の植物とされ、さまざまな薬を作る材料だったりしますよね。

また、危険な植物として描かれることもあります。

これら創作のマンドラゴラは、実はすべて、元となった伝説があるからこその扱いなのです。

では、マンドラゴラに伝わる伝説とはどんな内容なのでしょうか?

伝承・伝説におけるマンドラゴラかなり歴史は古く、15世紀のヨーロッパの古典でも、その名を確認することができます。

伝説におけるマンドラゴラは、

魔法薬や錬金術、呪術にも使われる貴重な材料

とされていて、人の形をしていることから、完全に成熟すると自ら地面から這い出し、先端が二又に分かれた根を足のようにして辺りを徘徊し始めるとまで言われるのです。

筆者がマンドラゴラの根を見た時に思ったことは、あながち間違いではなく、昔の人も同じような思いだったのでしょう。

そして、さらに恐ろしい伝説なのが、引き抜くときの音です。

引く抜くときの音がすごいことから、マンドラゴラは引き抜くと悲鳴を上げる植物と言われるようになり、

引き抜いた時の悲鳴を聞くと、その人間は発狂して命を落とす

という伝説まで誕生してしまったのです。

確かに、こういった伝承や伝説があれば、創作モノで命に関連する効果を持つものとしてマンドラゴラが扱われるのも頷けます。

とはいえ、その伝説的なイメージが強すぎて、マンドラゴラが実物があるとは知らない人も多くなってしまっているのも事実。

そもそも、地中海付近では自生するため、普通に道端に生えているということもあるわけですね。

伝説上のものだと思っていましたが、まさか実物が存在するとは…

まさに驚きですが、ヨーロッパの人からしたら、生えていて当然みたいな認識なのかもしれません。

ちょっと違うかもしれませんが、これがカルチャーショックというものなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

生命に関するアイテムの素となったり、モンスターなどで登場することのあるマンドラゴラ。

実は、本名はマンドレイクという名で、実物が存在する植物だったことが判明しました。

しかも、日本の観光施設でまさかのマンドラゴラが開花!

普通に見ることができます。

マンドラゴラが開花するのは、日本ではかなり珍しいそうですし、『淡路ファームパーク イングランドの丘』のマンドラゴラには、まだつぼみもいくつかあります。

花を見るチャンスはまだ多そうなので、気になった人は、『淡路ファームパーク イングランドの丘』に足を運んでみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.