サッカー

長谷川健太とさくらももこ(ちびまる子ちゃん)の関係をチェック!

投稿日:

2018年からFC東京監督となる長谷川健太さん。

彼はドーハの悲劇を身をもって体験した、今では数少なくなった選手のひとりです。

現役引退後は監督となり、2014年には、ガンバ大阪を率いてJリーグ・ナビスコカップ・天皇杯の三冠監督となりました。

しかし、今回はサッカーそのものではなく、ちょっと意外なマンガのことを書くつもりなのです。

マンガの話になぜサッカー監督の前振りをするって?

それは、そのマンガに長谷川健太監督が、しかも実名で登場するからなのです。

そのマンガはあの有名な、

ちびまる子ちゃん

です。

今回は、長谷川健太監督とさくらももこさんの関係や、クラスメートの話など、ちびまる子ちゃん満載で行ってみます。

スポンサーリンク

アドセンス

長谷川健太とさくらももこの関係とは?

長谷川健太監督の現役時代は、日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)へ入部、その後は清水エスパルスに移籍しています。

現役引退後は、清水エスパルスやガンバ大阪で監督を務めていずれも好成績を上げ、2018年からはFC東京の監督に就任しました。

愛称はもちろん

ケンタ

です。

その長谷川健太監督とさくらももこさんの関係とは、ズバリ・・・

熱愛関係!

ではなく、

同じ小学校のクラスメイト

だったのです。

さくらももこさんの代表作『ちびまる子ちゃん』には、

サッカー少年ケンタ

が登場します。

彼の胸の名札には、『長谷川』とありますので、まさにこれは『長谷川健太監督』そのものですね。

ただ、マンガではその時代は小学校3年の頃となっていますが、その時には二人は同じクラスではありませんでした。

同じクラス(クラスメイト)になったのは、小学校5年生の時だったそうですよ。

ともあれ、さくらももこさんのちびまる子ちゃんは、自身の子供の頃の思い出を元にして書かれています。

そのためケンタ以外にも、実在の人物をモデル(というより実在そのまま)にした人物が多数登場しています。

ここでさくらももこさんとはどんな人なのか、簡単にプロフィールを書いてみます。

さくらももこのプロフィール

名前 さくらももこ

本名 三浦美紀

生年月日 1965年5月8日

血液型 A型

身長 159センチ

職業 漫画家・エッセイスト・作詞家

代表作 『ちびまる子ちゃん』

賞歴

1989年 第13回講談社漫画賞少女部門(ちびまる子ちゃん)

1990年 第32回日本レコード大賞(『おどるポンポコリン』作詞)

公式サイト さくらプロダクション

なお、お父さんの名前はヒロシさん、おじいちゃんは友蔵さんで、マンガそのものなのです。

もうひとつ、さくらももこさんが『ハム』であることは、意外に知られていません。

『ハム』といっても塩漬けになっているわけではなく、

アマチュア無線技士

なのです。

アマチュア無線は一時期かなり人気のあった趣味で、アマチュア無線を題材にした『空と海のあいだで』という映画も作られたくらいなのです。

しかし、時代の変化か最近は全く人気がなくなっていますので、今の時代にハムとは珍しいですね。

アマチュア無線家の月刊誌『CQ ham radio』1998年1月号の表紙には、ちびまる子ちゃんの絵を寄稿しているそうです。

さくらももこさんはかなり特異な人のようで、エピソードも色々とあります。

さくらももこさんは、担当の編集者と結婚したのですが、その後に離婚してしまいます。

そして、同じ漫画家であり友人であった、

岡田あーみんさんの彼氏と略奪婚した

そうです。

そのため、岡田あーみんさんとは完全に仲違い状態になったとのことです。

このあたりは、作家の栗本薫さんを思い出しますね。

栗本薫さんは、『グインサーガシリーズ』で絶大な人気を誇った作家ですが、担当の編集長を好きになってしまいました。

そこで編集長の奥さんの所へ怒鳴り込み、さんざん脅したそうです。

奥さんはごくおとなしい人なので、すっかり震え上がってしまい、その結果、略奪婚成功となったわけです。

また、ある作家の書籍に後書きを書いたのですが、この後書きが前代未聞、空前にして絶後の後書きでした。

普通、後書きは、その書籍の著者と著作をメインに書くものですが、栗本薫さんの後書きの内容は、最初から最後まで自分のことばかり!

申しわけ程度に著者のことも出て来ますが、その分量は全体の三分の一以下です。

それ以後は、栗本薫さんに後書きを頼む編集部はいなくなったようです。(笑)

さくらももこさんは、短大を卒業後にある会社に入社したのですが、仕事中に居眠りするなど、勤務態度はあまりよろしくなかったらしいのです。

そのため上司から、

「会社を取るか、漫画を取るか、どちらか選びなさい!」

と告げられると、即座に、

「漫画家を選びます!」

と返しました。

で、会社はたった2ヶ月で退職となり、その直後に『ちびまる子ちゃん』の連載を始めたのです。

『運命の岐路』という言葉がありますが、さくらももこさんにとっては、この選択がまさに運命の岐路だったわけですね。

ここでもし、

「勤務態度を改めますから、会社に置いてください。」

と答えていたら、漫画家さくらももこは存在しなかったかも知れませんよ。

 

ちびまる子ちゃんとサッカー少年ケンタ

ちびまる子ちゃんとサッカー少年ケンタのお話ですが、まず『ちびまる子ちゃん』とはどんなマンガ(アニメ)なのか、簡単に紹介しましょう。

連載開始は1986年8月で、少女雑誌の『りぼん』でした。

お話は作者の子供時代を基調にしています。

時代設定は作者が小学生時代を過ごした1970年代の中盤あたりで、昭和40年代の後半から50年代の初めの頃です。

内容は連載初期の頃は、自身の体験による子供たちの交流など多かったようですが、後になるにつれ完全なフィクションが多くなっていきます。

アニメ版は1990年から始まり、途中休止時期を挟んで現在も放映中です。

内容はさくらももこさんによるオリジナル脚本が多いため、マンガとはかなりの相違があるようですね。

ちびまる子ちゃんの主な登場人物

さくらももこ

お馴染みちびまる子ちゃんです。

ごくふつうの小学3年生で、怠け者で勉強が苦手。

でも純心で優しい一面もあります。

ケンタ(長谷川健太)

こよなくサッカーを愛するサッカー少年。

球際の競り合いでも、2対1で負けないほどの技術があります。

ケンタは給食のときも、ボールを足の間で転がしながら食べるほどだったそうです。

モデルは言うまでもなく、実在の長谷川健太監督です。

さくらヒロシ

ちびまる子の父親で、年齢は40歳前後。

さくらすみれ

ちびまる子の母親で、年齢は40歳あたり。

厳しくも優しい人物で、昔は美人だったそうです。

さくら友蔵

まる子の祖父で76歳。

まる子の事が大好きですが、実在の祖父は意地悪で嫌な人だったとのこと。

穂波たまえ

まる子の親友で通称は『たまちゃん』。

しっかり者の三つ編み眼鏡っ娘。

花輪和彦

お金持ちのお坊ちゃんで、成績はオール5の優等生。

キャラクターはその他にも多数登場しますが、多すぎるため略します。

ケンタとちびまる子ちゃんのサッカー人生

ケンタとちびまる子ちゃんのサッカー人生ですが、以下のあらすじはマンガでなく、テレビアニメでのものです。

物語は、先生が教室でサッカー部の部員を募集するところから始まります。

ケンタがいち早く参加し、はまじと藤木も一緒に入部するのです。

しかし、サッカー部は放課後の練習の他に朝練もあります。

一週間もたつと、ケンタ以外の小学生は皆音を上げて、サッカー部をやめてしまいました。

しかし、ケンタだけは変わらず楽しそうにボールを蹴っていたのです。

そして、8年後・・・

ケンタは全国高校サッカー大会の準決勝で、決勝進出へのシュートを決め、そしてチームはケンタの活躍により優勝の栄冠をかちとりました。

その後ケンタは念願のプロサッカー選手になって行くのです。

という、実在の長谷川健太監督の姿を彷彿とさせる、ちょっといいお話ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2018年からFC東京監督となる、ケンタこと長谷川健太さん。

その長谷川健太監督は、さくらももこさんの大人気マンガ『ちびまる子ちゃん』にも登場しています。

作中での名前も、そのものズバリ『ケンタ』です。

またアニメでは、そのケンタが高校サッカーで優勝し、プロサッカー選手なるのですが、これは完全に実在の長谷川健太監督の姿にダブります。

長谷川健太監督には、ケンタ魂をひ弱なFC東京の選手にたたき込んでほしいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-サッカー

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.