ガジェット ネット上のサービス

Wi-Fiがつながらない!ルーター設定やスマホ接続のポイントを考察

更新日:

ケーブルが不要で便利なWi-Fiですが、一部では

『Wi-Fiがつながらない』

という声もあがっています。

その原因についてはさまざまですが、ひとつには無線ルーターの設定に問題がある場合もあるようです。

無線ルーターの設定は、基本的には有線ルーターと同じ。

ですが、一部有線ルーターと異なるところもあるのです。

また、NTT製などのルーターでは、ボタン一つで自動設定という、便利な機能がついているものもあります。

スマホの場合もうまくWi-Fiがつながらない人が、けっこういるようです。

そこで今回は、Wi-Fiがつながらない場合のルーター設定や、スマホを接続する際のポイントなどを考察してみました!

アドセンス

スポンサーリンク

無線ルーターの設定

無線ルーターの設定ですが、ルーターのメーカーはそれぞれ設定ツールを発表しています。

メーカーによっては、製品パッケージ内にCDなどで同梱されている場合もあります。

まずはこれを入手すべきです。

入手先などは各メーカーのサイトを参照してください。

また、ここでは既にプロバイダーと契約し、DHCPサーバーからIPアドレスなども取得できる状態であることを前提としています。

もう一つ、回線業者(通常はNTT)からの回線が設置され、その回線からルーターへのLANケーブルもセットされていることも前提としています。

ここでは、NTTの無線ルーターを使った場合を例にとって説明しますが、他メーカーの場合も流れはほとんど同じです。

無線ルーターの設定

ステップ1

ます、インターネット情報機器(BBIQ)と親機にある『WAN端子』をLANケーブルでつなぎます。

この『インターネット情報機器』というのは『NTT用語』で、上記の『回線からルーターへのLANケーブルもセットされている』の機器のことです。

これでWAN(インターネット)の情報を、無線ルーターから電波で送受信できるようになりました。

次ぎに、子機(パソコンやスマホ)に無線アダプタ(超小型の無線送受信機器)を接続します。

もっとも、最近のノートパソコンやスマホは、ほとんどが内蔵しているので、その場合はとくに用意する必要はありません。

ステップ2

ルーターに付属しているCD-ROMから、設定ツールをインストールします。

または、メーカーのサイトから設定ツールをダウンロードし、インストールします。

ステップ3

これが設定のメインです。

ルーターによっては1ボタンで自動的に設定してくれるものもありますが、ツールによる場合は以下のような流れになります。

なお、ここではWindows7の場合を例として説明します。

手順1

スタートメニューから『コントロールパネル』を起動します。

手順2

『ネットワークとインターネット』を起動します。

手順3

『ネットワークと共有センター』をクリックします。

手順4

『ネットワーク設定の変更』欄から『新しい接続またはネットワークのセットアップ』をクリックします。

手順5

『ワイヤレス ネットワークに手動で接続します』をクリックして『次へ』ボタンをクリックします。

手順6

表示された画面にネットワーク名(SSID)、セキュリティの種類、暗号化の種類、セキュリティキー(暗号化キー)を入力します。

SSIDなどは、通常は無線ルーターの背面または側面に書かれています。

入力後に『次へ』ボタンをクリックします。

手順7

『ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する』にチェックをいれると、親機の電波が確認できない場合でも接続を試みます。

手順8

『正常に (SSID名) を追加しました』と表示されたら、『閉じる』ボタンをクリックします。

手順9

『スタート』画面に戻り、『コントロールパネル』→『ネットワークとインターネット』→『ネットワークと共有センター』 を順にクリックします。

次ぎに『ネットワーク設定の変更』欄から『ネットワークに接続』をクリックします。

手順10

無線LANの設定を行ったアクセスポイント(SSID名)をクリックし、接続をクリックします。

手順11

[(SSID名)・・・に接続しています]と表示され、画面が消えると設定は終了です。

ステップ4

実際にインターネットにつながるかを確認します。

ブラウザーを起動して任意のサイトにアクセスします。

無事そのサイトの画面が表示されれば、無線LANの設定は完了となります。

手動でルーターの設定画面に入るには?

ブラウザーでURL

http://192.168.1.1/

を入力、そこにアクセスすると、ルーターの設定画面に入ることができます。

設定内容は、上記のツールを使った場合とほぼ同じです。

この設定は、専門用語がずらずらと出てくるのでわかりにくいという欠点はありますが、慣れてしまえばツールより速くて確実に設定できます。

 

なお、このURLはルーターのメーカーによって異なる場合があります。

たとえば、

NTT『192.168.1.1』

Buffalo『192.168.11.1』

など。

もっともよく使われるのは、『192.168.1.1』ですが、これ以外にも『192.168.0.1』その他いろいろとあります。

このアドレスは、『プライベートIPアドレス』といい、LAN内の特定のデバイスに割り当てられています。

ですから、未だインターネット接続(WAN)が設定されていない場合でも、このアドレスにはアクセスできます。

また、LANに接続している各パソコンなどには、それぞれ独自のプライベートIPアドレスが割り当てられています。

 

Wi-Fiでインターネットに接続できない場合の対処法

この接続できない原因は多数あるので、個別に全てを説明するのは困難ですが、代表的な対処法をいくつか挙げてみましょう。

まず最初に、原因のおおまかな切り分けとして、

ウイルスソフトやWindowsのファイアウォールを、一時停止

にしてみます。

これで解決すれば、ウイルスソフトなどが邪魔をしていたので、ソフト側で例外などに設定します。

もうひとつ、有線ルーターがあるか、無線ルーターでも有線接続が可能な機器の場合は、LANケーブルを繋いで有線LANにしてみます。

これで接続できれば、

無線ルーター独自の設定か、あるいは機器の無線接続に問題がある

ということになります。

上記で解決する場合は、それほど多くはなく、実際には無線ルーターの設定による接続不能の場合が大半でしょう。

以下に間違いやすい代表的な例を挙げてみます。

SSIDの設定が間違っている時

Wi-Fiの無線ルーターで、有線ルーターと大きく違う点は、

SSID

の存在です。

このSSIDとは、無線LANのアクセスポイントを識別するための名称です。

アクセスポイントが複数ある場合には、どのアクセスポイントに接続するかを指定するためのものなのです。

なのでこれが間違っていると、接続はできません。

この対策は、一旦SSIDの設定を削除します。

下の例はWindows7のものです。

  1. 『スタートボタン』→『コントロールパネル』をクリック
  2. 『ネットワークとインターネット』の中にある『ネットワークと共有センター』をクリック
  3. 『ワイヤレスネットワークの管理』をクリック
  4. ワイヤレスネットワーク設定の一覧から削除するネットワークを選択し、『削除』をクリック
  5. ネットワーク設定の削除の完了

この後再度SSIDを設定します。

SSIDの再設定

1 通知領域の『ネットワーク』のアイコンを選択します。

2 『ワイヤレスネットワーク接続』の接続したい『Wi-Fiネットワーク名(SSID)』を選択します。

BBIQ光電話無線ルーターを使っている場合は、機器側面に貼付された『BBIQRT-』から始まる『プライマリSSID』を選択します。

3 『接続しています・・・』と表示されている間は、そのまま待ちます。

4 パソコン利用の時、自動的に接続を行う場合は、『自動的に接続する』にチェックを入れて『接続』を選択します。

『情報を取得しています・・・』と表示されている間は、そのまま待ちます。

5 ネットワークに接続〕の画面が表示されます。

『セキュリティキー』にご利用されている無線ルーターのセキュリティキーを入力し、【OK】を選択します。

 

BBIQとは回路終端装置のことで、回線工事を行った場合は、業者が設置してくれます。

そこから無線ルーターに、LANケーブルで接続します。

工事なしでモデムを使用する場合なども、同様にLANケーブルで無線ルーターに接続します。

SSIDは無線ルーターの側面または背面に記載されています。

不明の場合は、ルーターメーカーのサイトで確認することもできます。

SSID以外のルーター設定でよくある例

SSID以外で間違いやすい例を挙げてみました。

ここでは手動でルーターにアクセスする場合の例としています。

OSの【ネットワーク】でインターネット接続の設定を行っていれば、大半の項目は自動的に設定されているはずです。

しかし、時にはその設定が違っていたり、あるいは使用中に変わってしまう場合もありえます。

有線無線を問わずルーター設定で起こりやすいトラブルは、

IPアドレスとDNSの設定

が多いようですね。

『http://192.168.1.1/』『192.168.11.1』などでルーター設定画面に入ります。

以下はNTTルーターの例です。

基本設定-接続先設定と進み、

IPアドレスは『自動取得』

DNSサーバアドレスは『使用する』にチェック

認証方式は『自動』

と設定します。

詳細設定-DNS設定と進み、

LAN側DNSサーバアドレスは、プライマリ・セカンダリ共に空欄になっていることを確認

します。

これらのIPアドレスやDNSアドレスは、手動でも設定できますが、自動のままいじらない方が無難でしょう。

このDNSサーバーアドレスは、契約しているプロバイダーで調べることができます。

その他一般的な対策法です。

  1. モデムやルーターの再起動、または電源の入れなおし
  2. モデムやルーターの電源を切断し、しばらく放置する
  3. ルーターと各子機の接続を再確認
  4. パソコンのIPアドレスを解放してみる
  5. パソコンの再起動

パソコンのIPアドレスの解放は、以下の手順で行います。

ただし、手順や文字を間違えると面倒なことになりますので、よくよく注意の上おこなってください。

  1. コマンドプロンプトを起動
  2. IPCONFIG -RELEASE と入力し、Enterキーを押す(IPアドレスなどがすべて0.0.0.0になる)
  3. IPCONFIG -RENEW と入力し、Enterキーを押す
  4. IPCONFIG -ALL と入力し、Enterキーを押す
  5. これでIPアドレスを再取得したことになる

この後、IPアドレスを確認しておいてください。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

スポンサーリンク

スマホのWi-Fi接続のポイントとは?

スマホでのWi-Fi接続のトラブルは、まず無線ルーターとスマホ自体のどちらに問題があるのか、切り分けることが最重要です。

この一番簡単な切り分け方は、パソコンまたは他の正常にWi-Fiに繋がる機器で、Wi-Fi接続してみることです。

これで繋がればスマホ側の問題、繋がらない場合はルーターまたはスマホの、どちらかか両方に問題があるということになります。

ルーター側の問題であれば、前項で説明しているのでそちらを参照してください。

ここではスマホ側に原因がある場合の対処法を見てみましょう。

  1. 電波状況を確認する
  2. スマホのWi-Fi機能を確認する
  3. Wi-Fiとの接続を繋ぎ直す
  4. スマホが機内モードになっていないか確認する
  5. スマホを再起動する
  6. 電池パック(バッテリー)を脱着して入れ直す
  7. 契約しているプロバイダや回線業者への支払いを忘れていないか?
  8. 契約しているプロバイダや回線で障害が起こっていないか?
  9. Wi-Fiスポットの利用申し込みを確認する

この内まず一番先に疑うべきなのは、電波状況です。

つまり、ある程度の強さの電波が、ルーターからスマホに届いていないと、Wi-Fiには繋がりません。

これについては、こちらのサイトで自作パラボラアンテナの作り方を紹介していますので、よろしければ見てみてください。

しごく簡単に作れますよ

 

スマホのWi-Fi機能を確認は、Wi-Fi機能がオフになっていないかの確認です。

オフにするつもりはなくても、何かの間違いでうっかりタップしてしまった、ということもありえます。

これは機内モードの場合も同じですね。

契約しているプロバイダや回線で障害が起こっていないか、というのは穴です。

プロバイダーの回線障害というのは、けっこうあるものなのです。

もっともこの回線障害の場合は、早ければ数分で、遅くとも数時間で復旧しますので、それ以上繋がらない場合は、原因としては除けます。

また、どうしても繋がらない場合は、

無線LANルーターのメーカーや、プロバイダあるいは回線業者(NTT)などのサポートセンターのQ&Aコーナーなど

で聞いてみるのもよいかも知れませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

Wi-Fiは邪魔なケーブルが不要で、しかもWi-Fiスポットがあれが自宅以外でも利用でき、便利ですね。

そのかわり、無線でルーターと各子機を接続するために、

  • 設定などが若干面倒
  • 接続も不安定になりがち

というデメリットもあります。

今回は、そのWi-Fiの設定や繋がらない場合の対策などを紹介してみました。

ただ、無線接続は有線接続に比べて不安定であることは違いありませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ガジェット, ネット上のサービス

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.