アニメ

けものフレンズアニメ2期の放送日はいつ?制作会社と監督をチェック

更新日:

アニメ『けものフレンズ』の2期である『けものフレンズ2』の放送日や制作会社、あらすじがついに判明しました。

一体、アニメ『けものフレンズ2』の制作会社はどこになるのか?

たつき監督降板騒動があり、『けものフレンズ2』はPVやキービジュアルを公開するたびに批判を浴びるという始末…

当記事では、『けものフレンズ2』について、これまでの一連の流れと、制作会社がどこになるのかについて考察します。

アドセンス

スポンサーリンク

『けものフレンズ』のたつき監督降板騒動のおさらい

2017年に爆発的大ヒットとなった『けものフレンズ』。

そんなアニメ『けものフレンズ』は、2期『けものフレンズ2』の制作も発表されていて、1期のクオリティがよかったため、制作スタッフはそのまま続投かと思われていましたが…。

たつき監督とヤオヨロズ降板

という衝撃的なニュースで、世間を騒がせましたよね。

まずは、そのアニメ『けものフレンズ2』について、たつき監督とヤオヨロズ降板についての一連の流れをおさらいしましょう。

騒動の発端は、2017年9月25日の夜に起きました。

たつき監督がTwitterで、

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。

ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。

すみません、僕もとても残念です。

とツイートしたのです。

これによりネット上ではKADOKAWAに対する批判で大がつくほどの炎上状態に…

日本だけでなく、世界のユーザーもたつき監督降板に深い悲しみを覚え、

「#NoTatsukiNoTanoshi」

というハッシュタグとともに抗議をしたのです。

昔からKADOKAWAというのは、少しでも利益が見込めると自分たちのものにしようとしてコンテンツを台無しにする、

『コンテンツ潰しのKADOKAWA』

さえ言われるクズ企業だったのですが、その本領をここでも発揮してしまった形ですね。

どう考えても円満降板でない様子がうかがえるので、こういった反応になるのは仕方がありません。

ネット上が不安に覆われたまま、その2日後の9月27日に、『けものフレンズ』の製作委員会からの見解が発表。

今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。

関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。

とのことで、ヤオヨロズが許可していない作品利用をしたために、その見解の相違が、アニメ『けものフレンズ』2期の制作にも影響した形になったとの言い分のようです。

 

そして膠着状態が続き、12月27日に、ヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーが、

最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした。

ということで事態は決着。

たつき監督およびヤオヨロズは、アニメ『けものフレンズ2』の制作から外れることが確定となってしまいました。

これにはネット上からも深い悲しみの声と、改めてKADOKAWAに対するバッシングが再燃…。

ただ、今回のことを擁護するわけではありませんが、KADOKAWAの井上専務も最初は状況を認知していなかった、専務でも動かせない事情があるのだとすると、おそらくKADOKAWAが全面的な悪とするのは少し安直な気もしますね。

どちらかというと、制作委員会に携わった会社のどこか…。

これが諸悪の根源だと考えるべきだと思います。

とはいえ、所詮は明かされることのない内部事情。

匿名による内部リークなどがない限りは、この問題が勃発した根源はどこか、そしてその諸悪の根源はどんな思惑をもってたつき監督降板へ向かわせたのか…。

それを知ることはほぼできないのでしょうね。

 

『けものフレンズ2』の放送時期・制作会社はどうなる?

アニメ2期である『けものフレンズ2』は、ユーザーの悲しみと怒りをよそに制作が進められ、ビジュアルやPVもいくつか発表。

しかし、その度に批判を受けて炎上、Youtubeの動画は毎回のように

低評価が高評価を圧倒的に上回る

という焼け野原状態になり、とてもフレンズたちが住めるような大地にはならなかったのです。

しかし、作るものは作ると言ってしまった以上、焼け野原でも強引にフレンズたちが暮らす土台を制作をしなければなりません。

 

少しずつPVなどを出し続け、そして迎えた2018年10月29日、『けものフレンズ2』の放送日や制作会社が発表されることとなりました。

『けものフレンズ2』は、

制作会社はトマソン、監督は木村隆一さん

に決定!

制作会社のトマソンという会社は、『忍者玉丸』シリーズや、『日本の昔ばなし』シリーズなどを手がけたようですね。

そして、監督の木村隆一さんは、なんと『アイカツ!』の監督であり、そのほかにも『ポチっと発明 ピカちんキット』でも監督を担当しています。

木村隆一さんは絵コンテや演出では、色々なジャンルのアニメ制作にかかわっていますが、監督としては子供向けのものが多いです。

となると、ビジュアルも含め、『けものフレンズ2』はもしかしたら、表面は子供向けらしさがありながら深みのあった1期と違い、完全なる子供向けアニメになるかもしれませんね。

木村隆一監督に決まったことで面白いのが、それまで『けものフレンズ2』に怒り、批判ばかりしていた人が、

『アイカツ!』の人なら問題ないな。

などと手のひら返しをする人もそれなりにいたことです。

監督だけではどうにもならない部分もあるので、これで手のひらを返していた人がさらに手のひらを返さないか心配です。

 

そして、気になる『けものフレンズ2』の放送日は、

2019年1月7日

に決まり、2019年の冬アニメとして放送が始まります。

これまで『けものフレンズ2』は何度も批判・炎上を繰り返していただけに、2019年早々どうなってしまうのか恐ろしいです。

情報は制作会社や監督、放送日だけでなく、簡単なあらすじも判明していますが、これがまたひとつネット上で話題となりました。

そのあらすじが、以下の通りです。

超巨大総合動物園ジャパリパークを舞台に、ある日、サーバルとカラカルが、森の中でヒトの子供と出会い、一緒に旅をすることになる

アニメ1期を見ていた人ならわかりますが、1期は最終回でかばんちゃんがサーバルちゃんやその他フレンズと一緒に旅に出ます。

にもかかわらず、ジャパリパークにサーバルがいて、主人公であるかばんちゃんがおらず、ヒトの子供と出会うという内容になっています。

しかも、あらすじにいないだけでなく、そもそもキャスト陣の一覧にもかばんちゃんがいないのです。

もちろん諸事情が絡んでいるものの、アニメ『けものフレンズ』2期は2期というより、全くの別物と思った方がいいかもしれません。

しかし、となるとかばんちゃんの存在が消されてしまったことは、ファンにとって悲しみだけでなく、怒りも湧き上がってしまいます。

こんな状態で始まるので、いくら評判のいい木村隆一さんでも、『けものフレンズ2』を立て直すことはできないかもしれませんね。

かなり厳しいスタートダッシュとなりそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

アニメ『けものフレンズ』2期は、結局決定は覆らず、たつき監督とヤオヨロズの降板が決定…。

新しい制作会社は、トマソンとなりました。

そして監督に『アイカツ!』の木村隆一監督を据えて、『けものフレンズ2』としての再スタートを図ります。

ただ1つ不安要素があるとすれば、かばんちゃんが『けものフレンズ2』のあらすじにいないことです。

『けものフレンズ2』というタイトルは、"2"とついているだけに、かばんちゃんがいないのは一波乱ありそうですね…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.