アニメ

けものフレンズのアニメ2期はいつ?制作会社とたつき監督を考察

投稿日:

アニメ『けものフレンズ』2期に関する情報が、ヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーによって発表されましたね。

たつき監督降板、そしてヤオヨロズもアニメ制作をおこなわないという一件で、2017年9月にはカドカワに対し、かなり大規模なバッシングが飛び交い、大炎上状態になったのはまだ記憶に新しい出来事です。

一時は会談の場を設けられ、今後について話し合ったわけですが、決定は覆らず、たつき監督およびヤオヨロズは、アニメ『けものフレンズ』2期に携わらないことになりました。

これに対し、ファンの多くは失望…

ただ、その一方で、ある会社が制作になるのではないかとの噂も出ています。

一体、アニメ『けものフレンズ』2期の制作会社はどこになるのか?

当記事では、アニメ『けものフレンズ』2期について、これまでの一連の流れと、制作会社がどこになるのかについて考察します。

スポンサーリンク

『けものフレンズ』2期たつき監督降板騒動のおさらい

2017年に爆発的大ヒットとなった『けものフレンズ』。

元ネタだったアプリがアニメ放送前に終了していたという、先行き不安なスタートながらも、低予算アニメらしさ、そしてフレンズたちの織りなすストーリーがネット上で大人気!

瞬く間に覇権アニメとなりました。

そんなアニメ『けものフレンズ』は、2期の制作も発表されていて、1期のクオリティがよかったため、制作スタッフはそのまま続投かと思われていましたが…

なんと、まさかの

たつき監督とヤオヨロズ降板

という衝撃的なニュースが…

まずは、そのアニメ『けものフレンズ』2期について、たつき監督とヤオヨロズ降板についての一連の流れをおさらいしましょう。

騒動の発端は、2017年9月25日の夜に起きました。

たつき監督がTwitterで、

「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。

ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。

すみません、僕もとても残念です。」

とツイートしたのです。

これによりネット上ではKADOKAWAに対する批判で大がつくほどの炎上状態に…

日本だけでなく、世界のユーザーもたつき監督降板に深い悲しみを覚え、

「#NoTatsukiNoTanoshi」

というハッシュタグとともに抗議をしたのです。

昔からKADOKAWAというのは、少しでも利益が見込めると自分たちのものにしようとしてコンテンツを台無しにする、『コンテンツ潰しのKADOKAWA』さえ言われるクズ企業だったのですが、その本領をここでも発揮してしまった形ですね。

どう考えても円満降板でない様子がうかがえるので、こういった反応になるのは仕方がありません。

ネット上が不安に覆われたまま、その2日後の9月27日に、『けものフレンズ』の製作委員会からの見解が発表。

「今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です」

「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました」

とのことで、ヤオヨロズが許可していない作品利用をしたために、その見解の相違が、アニメ『けものフレンズ』2期の制作にも影響した形になったわけですね。

その後、KADOKAWAの井上専務が

「先週ヤオヨロズのみなさんと2回のミーティングを行なう機会を得ました。その際、製作委員会のご意見とヤオヨロズ様のご意見に大きな溝があることが分かりました」

「特に監督降板の経緯、版権使用についても認識相違があることと、監督のツイッターでのご発言の真意にはそういったことが積み重なったことが原因であるということが分かりました」

「そこで私としては、ヤオヨロズのみなさんと今後のことについてどうするべきか相談に入ったところです」

と、この件を把握し、ミーティングの場を設けたことを発言。

どういった動きとなるのか…

その続報を待つという展開だったのです。

そしてその結果が、2017年12月27日に発表となりました。

 

アニメ『けものフレンズ』2期からヤオヨロズ降板が確定に…

長らく膠着状態が続いていた『けものフレンズ』騒動ですが、12月27日に、ヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーが、

「最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」

ということで決着。

たつき監督およびヤオヨロズは、アニメ『けものフレンズ』2期の制作からは外れることが確定となってしまいました。

福原プロデューサーは、

「3月には2期の依頼があり実制作を続けておりましたが、8月頭にコアメンバーで行われた会議にてヤオヨロズに対して今後続投は無いと明言され、降板を宣言されたと認識しています」

「私としては突然の通達で、何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です」

と、KADOKAWAが一方的に通達をしてきたと発言。

また、連絡がないままでも作品利用というのも、

「12.1話は委員会へ報告の上制作しておりますし、各企業とのコラボ動画に関しても委員会からの正式な依頼の元で作りました。コミケにおける同人誌についても吉崎先生からの許可があり、その際のご提案により特別許諾と明記して頒布しました」

と、どれも依頼などの手順を踏んだものであったことを説明し、一切の不手際がなかったことを語っています。

これにはネット上からも深い悲しみの声と、改めてKADOKAWAに対するバッシングが再燃…

ただ、今回のことを擁護するわけではありませんが、KADOKAWAの井上専務も最初は状況を認知していなかった、専務でも動かせない事情があるのだとすると、おそらくKADOKAWAが全面的な悪とするのは少し安直な気もしますね。

どちらかというと、制作委員会に携わった会社のどこか…

これが諸悪の根源だと考えるべきだと思います。

とはいえ、所詮は明かされることのない内部事情。

匿名による内部リークなどがない限りは、この問題が勃発した根源はどこか、そしてその諸悪の根源はどんな思惑をもってたつき監督降板へ向かわせたのか…

それを知ることはほぼできないのでしょうね。

 

『けものフレンズ』2期の放送時期・制作会社はどうなる?

さて、ヤオヨロズ降板が決定的になり、まだプロジェクトは白紙のままという状態にある『けものフレンズ』2期。

となると、アニメ『けものフレンズ』2期の制作会社はどこなのか?

また、放送時期はいつになるのかなど、気になる点はかなり多いと思います。

1期と制作会社が別になり、これまでたつき監督が築いてきたものが無に帰るとなると、『けものフレンズ』2期は全く別のストーリーになることだってありえるわけですよね。

また、どこが『けものフレンズ』2期の制作会社になるのでしょう?

一説では、数々のロボットアニメを手がけてきたサンライズにオファー済みとの情報もありましたが、この情報源は、あの悪名高いデマサイトであるバズプラスニュース。

しかも、その記事を見てみましたが、何の根拠もない、幼稚園児の嘘みたいな中身空っぽの情報だったので、あまりにも低質すぎる飛ばし記事と言えるでしょう。

現状では、まだ何も決まっていない白紙状態と言っていい段階のはず…

これだけ大きな騒動に発展したのだとしたら、制作会社が決まったら、その時に発表があってもおかしくありません。

そのため、制作会社も決まっていないというのが現状なのではないでしょうか?

となると、『けものフレンズ』2期の放送時期はいつになるかという話ですよね。

筆者の予想だと、『けものフレンズ』2期の放送は、

2018年内は厳しい

と考えられます。

一から制作会社を探すとなると、仮にオファーをして受けてもらったとしても、その後の会議などが必要なはずです。

となると、会社が決まったから、はい制作開始!とはいきません。

制作開始までにも、時間がかかるわけですから、制作開始の発表そのものが、早くても2018年後半と考えられます。

となれば、放送時期はもっと遅くなるわけで、半年以上は先になるでしょうね。

そのため、筆者の予想としては、『けものフレンズ』2期は…

2019年内になるのではないか?

と予想しておきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

アニメ『けものフレンズ』2期は、結局決定は覆らず、たつき監督とヤオヨロズの降板が決定…

ネット上は、KADOKAWAに対するバッシングがかなり高まっています。

まぁ、もともとコンテンツ潰しのKADOKAWAと言われるくらい、お金に目がない金の亡者なので、一方的に乗っ取ろうと画策するクズっぷりを発揮してもおかしくはありません。

ただ、今回の問題の責任の所持はどこにあるのか、それはいまいち見えてきません。

誰かによる内部事情の暴露がない限り、この問題は未来永劫語り継がれていくことになりそうです…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アニメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.