雑学

子供に尊敬される育て方をチェック!父より母が有利な理由とは?

投稿日:

現在の子供は、父親より母親を尊敬している…

そんな統計が博報堂生活総研の発表で明らかになりました。

父親への尊敬度は年々横ばいになっているのに対し、母親への尊敬度は、年々上がっているというのです。

なぜ、父親を尊敬する子供より母親を尊敬する子供が増えたのでしょうか?

また、そもそも子供から尊敬されるには、子供をどう育てていけばいいのでしょう?

当記事で、子供が父親より母親を尊敬する理由について、探っていきます。

スポンサーリンク

父親より母親の方を尊敬する子供が増加!

多くの子供にとって、親は尊敬する存在ですよね。

まぁ、中にはひどい毒親というような存在もいて、尊敬対象どころか、人間のクズのような親も一定数いるのが非常に残念なのですが…

今までは、父親の方が子供から尊敬されやすかったそうですが、ここ近年、その傾向が変わりつつあるようです。

1997年の時点では、

  • 『父親は尊敬する人である』が59.7%
  • 『母親は尊敬する人である』が54.8%

という結果で、父親を尊敬の対象と見ている子供が多くいました。

母親のことは、尊敬する人というよりは、友達のような人という印象を持っている子供の方が多かったのです。

しかし、2017年の結果だと、

  • 『父親は尊敬する人である』が61.5%
  • 『母親は尊敬する人である』が68.1%

と、母親のことを尊敬の対象としている子供が10%以上も増えたのです!

子供は母親のことを、友達のような人というよりは、尊敬の対象、いわばすごい人だと思うようになりました。

一体なぜ、母親のことを尊敬の対象として見る子供が増えたのでしょうか?

それこそが、この20年で変わった家庭のあり方が示しています。

20年前というと、まだ夫が働き、妻は家庭を支えるという考えが蔓延していた時代ですよね。

しかし、そんなライフスタイルも、バブル崩壊後の不景気で一気に変わっていきます。

そうです。

共働き世帯の増加

これが影響しているのです。

ここ20年で、女性は大学の進学率が25%も増加し、共働き世帯は専業主婦世帯よりも2倍近い数字になりました。

2015年に、中学生を対象におこなわれた『第14回21世紀出生児縦断調査』では、中学生の母親は

  • フルタイムが2割
  • パート・アルバイトが5割
  • 自営業・自由業などが1割

と、実に8割が働いていて、専業主婦をしているという人はたったの2割しかいないのです。

そして、働く女性が増えてはいるものの、家事をするのは、未だに母親が多いですよね。

つまり、子どもは

「仕事もしていて、家でも家事をやっているお母さんはすごい!」

と思うわけです。

家事の大変さを考えれば、母親は一日中働き詰めのようなものですからね。

そのため、母親のことを尊敬する人が増えるのも当然というわけです。

また、母親に対する子供からの評価はさらに上昇していて、父親との差が顕著に表れてきています。

1997年に比べ、

『母親のような人と結婚したい』という男子が増えているのに対し、『父親のような人と結婚したい』という女子は減っている

という結果も出ています。

しかも、女子は結婚願望を持っている子は以前と変わらないどころか増えているため、間接的に父親に対する評価が下がったとみていいでしょう。

これも、

父親は仕事しかせず、家事を全くしないから

こんな父親が未だに多いからだと思います。

仕事もして、家事もしてという母親を見ていれば、家で家事を全くしない父親は、

「楽そうにしてて、お母さん手伝ってあげればいいのに…」

と、懐疑的な目になるのも頷けます。

色々な事情があったとしても、子供から見てみれば、父親は単純に家事をサボっている人としか見えないのです。

また、20年前と比べると、

専業主婦になりたい人が6割だったのが、2017年の結果では4割になっている

ということもあり、結婚後も働くという考えを持っている女子が増えています。

つまり、今の母親のように働いて家事もして…という人生を送ろうとしているので、家事をサボる父親の評価が下がってしまうわけですね。

 

父親が子供から尊敬されるには?

結局のところ、父親は子育てをサボっていると思われていることが、一番大きな父親評価が上がらない原因だと思います。

では、父親はどうすればいいのでしょうか?

これはやはり、

父親も家事をする

これに尽きるでしょう。

日本の男性の家事分担率は、世界でもかなり低水準。

家事分担後進国というくらい、ひどい格差が浮き彫りになっています。

そのため、まず積極的に家事に参加するイクメンになることこそが、父親がもっと尊敬されるようになる一番の近道でしょう。

また、父親はなかなか近寄りがたい存在として見られてしまっている節もありますね。

母親は、東日本大震災が起きてから、かなり子供を守るという意識が強まったらしく、子供の心身の安全を保つため、さまざまな工夫をしています。

こういった、子供への保護によって、より母親を身近に感じるようになったため、母親の評価が上昇しているわけです。

ですから、父親も、積極的に関わり過ぎるなとは言いませんが、子供のケアをしっかりしてあげることが大事だと思います。

  • 何かわからなくて困っていて助けを求めてきたら、一緒に調べてあげる
  • 家事を手伝って、子供に『お母さんを助けてるんだな…』と感じてもらう
  • 助けを求めてる時以外の子供からの話に余計な話を割り込ませず、聞き専に徹する

など…

母親がしているから自分はいいや、ではなく、母親と同じようにすることこそが、子供から父親も尊敬されるようになる秘訣だと思いますよ。

 

子供に尊敬される育て方とは?

子供に尊敬されるというのは、何も父親だけの悩みではないと思います。

母親も、子供がある程度大きくなってくると、

「いうことを聞いてくれないのようちの子~…」

などと、ママ友に愚痴ったりすることもあるでしょう。

また、父親であれば、怖がられたり避けられるのではなく、尊敬される父親になりたい…

このように思っている人もいるはず。

どうしたら、子供に尊敬される育て方ができるのでしょうか?

その秘訣をいくつか紹介しますね。

子供に尊敬される育て方1 子供の意見を否定せずに尊重する

おそらく、親が尊敬されるために一番必要な部分は、ここだと思います。

とくに子供の夢を語る時に多いのですが、

「それは○○だからやめておけ」

と、わざわざ子供に釘を刺して、子供の気持ちを踏み弄ってしまう親がいます。

もちろん、そうやって否定するのも、過去に親が経験してきたことを踏まえての忠告だとは思います。

しかし、そんな忠告も、

「それはお前がそうだっただけだろ…」

と思われ、子供から希望の光が失われていってしまいます。

挫折もまた1つの経験になるのですから、まずは子供のしたいといったことは否定しないようにしましょう。

したいことが難しいことであっても、否定せず、

「○○だと思うけど、お前はどう思うんだ?」

と、あくまでも対等に話し合うようにするといいですね。

実際、筆者の父親はそうでした。

「お前がしたいと思ったことをすればいい。お前の人生なんだから、自分で選ぶ権利があるんだから」

と、否定もせずに尊重してくれたのです。

また、ある物事において考え方が違った時も、こちらの意見を尊重してくれました。

お互い意見は違うが、そういう考えもあるのだから否定はしない…

このスタイルを常に貫いていたのです。

筆者が友人と家族の話題になった時は、いつも

「お前のとこみたいな父さんがよかったなぁ」

と言われていましたし、やはり、自分の意見は持っていながらも、相手のことをしっかりと尊重してくれる…

つまり、認めてくれる、という点は、子供にとって素敵な大人に映る点の1つだと思いました。

子供に尊敬される育て方2 頭ごなしに怒るのではなく、論理的に説く

やってはいけないことをして怒りたくなった時も、尊敬される育て方に大きくかかわってきます。

むしろ、ここが子供との距離が遠ざかるか近づくかの分かれ目と言っていい重要なポイントです。

例えば、子供が何か悪戯をした時、どう怒りますか?

ただ感情的になってまくしたてるのか、それとも悪戯をすることで何がどうなってしまうのかを同じ目線で説くのか…

怒り方1つで、大きく変わると思います。

感情的に怒っても、子供はただ怖いと思うだけで、逆に親の目を避けるようになってしまいます。

そうならないためにも、なるべく論理的に説く、もしくは手を握るなどのスキンシップをして優しく叱ってあげましょう。

子供に尊敬される育て方3 聞き専に徹する

子供が何かを言うと、すぐ自分語りをしたり、話を遮る親がいますが、それもよくありません。

相手を尊重するというのはとても大切なことで、

「今日○○できたんだ!」

と話しかけてきたら、

「そうだったんだ、すごいね!」

とか、

「やったね!」

というように、その話の内容に相槌を打ってあげましょう。

「まだまだだなぁ」

とか、

「そのくらいで満足しないで、次は○○があるぞ」

というようなことを言っていると、子供は次第に距離を置くようになってしまいます。

子供からしたら、その物事ができたということを聞いてほしいから話しているのですから、まずは聞くことを最優先にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、子供に尊敬される育て方や、なぜ父親より母親を尊敬する子供が多いのかを紹介しました。

やはり、働き方が変わってきたことで、

母親は仕事もして家事もしてるけど、父親は仕事だけして家事をサボっている

という映り方になってしまっているので、父親を尊敬するという子供は増えることなく横ばいのままで、母親の評価は年々上がっているのでしょう。

とくに、女の子にとってはそれは大きな差として見られているはず…

子供から尊敬される親になりたい場合、まずは家庭内で家事を手伝うなど、子供に対する存在感を見せていきたいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.