雑学

鈴木/佐藤/田中の名前を由来やルーツを調査!こんなに多い理由とは

投稿日:

日本語には同音異義語が多いと、よく言われていますね。

『橋』と『端』と『箸』、その他無数といってよいくらいたくさんあります。

これは日本語の母音が、『あいうえお』と5つしかないからなのですが、日本人の名前も同姓の人名が非常に多いようです。

その代表格が『鈴木/佐藤/田中』さんで、日本の苗字のベストテンでは、それぞれ

1位・2位・4位

を占めています。

鈴木/佐藤/田中さんが多いのは、それなりの理由や由来、ルーツが、あるはずです。

そこで今回は、鈴木/佐藤/田中の名前の由来やルーツを調査し、こんなに多い理由も調べてみました!

スポンサーリンク

鈴木/佐藤/田中の名前の由来やルーツを調査!

それでは、鈴木/佐藤/田中さんという苗字の由来とルーツからみていきましょう。

まずは、トップの佐藤さんからです。

佐藤姓の由来とルーツ

佐藤性の日本人は、約205万人もいます。

日本の総人口を1億3千万とすると、その比率はおよそ1.6%となります。

教室に生徒が100人いれば、その中には二人近くの佐藤さんがいるわけです。

しかし、不思議なことに歴史上の著名な人物には

『佐藤姓』の人は意外に少ない

のです。

これはなぜなのでしょうか?

佐藤姓の由来とルーツ諸説その1

苗字は、古代に家柄や格式が重要だった奈良・平安時代に、自分の由緒を示すために、

出身地や地名をそのまま苗字としたり、その一部を取り入れたりした

のが始まりと言われています。

その当時権勢を誇っていたのが、『藤原家』です。

そのような名家に対しては、取り入ろうとしたり、あやかろうとしたりする人が多くなるのは、世の常ですね。

しかし、自分の姓をそのまま『藤原』とするのは憚られます。

藤原家からも

「お前は藤原の一門ではないじゃないか!」

と咎められることもあるでしょう。

そこで地名の『左』の一字を付け加え、また『原』を除いて『佐藤』としたわけです。

なお、左は佐渡や佐野の場合で、伊勢なら『伊藤』、近江なら『近藤』となります。

この説は、佐藤性の由来・ルーツではもっとも有力な説です。

佐藤姓の由来とルーツ諸説その2

日本では江戸時代までは、庶民は苗字を持つことができませんでした。

苗字を持てるのは武士階級や貴族などだけだったのです。

町民や農民などの庶民階級は、末吉とか長松とかの名が、そのままフルネームになっていたわけです。

しかし、明治になって四民(士農工商)平等となり、誰でも姓を持てるようになりました。

ところが、庶民は姓などには詳しくなく、どんな苗字をつけたらよいのかわかりません。

そこで、お役人が一般的な姓を適当に教え、

「おまはこれでいいんじゃね?」

と、佐藤とか田中とかのありふれた姓を、適当につけてしまったのです。

なお、2ちゃん用語は筆者の趣味というだけで、実際にそんな発言をすることはなかったと思います。

タブン・・・

これが、佐藤姓の由来・ルーツその2です。

佐藤姓の由来とルーツ諸説その3

藤原家の藤原公清は、『左衛門尉』という、朝廷の重要な職位に任命されていたのです。

左衛門尉は『かみ』『すけ』『じょう』『さかん』と4つあるランクの中でも、上から3番目という重要な職位です。

それがどういうわけか、第2ランクである『佐(すけ)』をつけて『佐藤』という姓になりました。

この左衛門佐は、あの真田幸村の通称でもあります。

これが、佐藤姓の由来・ルーツその3です。

次は、鈴木さんです。

鈴木姓の由来とルーツ

鈴木さんも佐藤さんや田中さんに並んで、日本で最も多い姓のひとつです。

日本にはおよそ約180万人の鈴木さんがいますので、その率は約1.4%となります。

ということで、鈴木姓の由来とルーツの諸説を見てみましょう。

鈴木姓の由来とルーツ諸説その1

日本人の姓は地名に由来することが多いのですが、この説では『鈴木』姓は地名にルーツはない、としています。

『鈴木』姓は鎌倉・室町時代に誕生した姓で、

『わらや稲束を積み上げたもの。すすき、すすし』

が語源です。

往時には、豊作を祈願して、田に積み上げた稻束の上に、木を立てるという風習がありました。

この聖なる木を『鈴木』と呼んでいたのです。

この木は稲に魂をこめるという重要な役があり、農業にはなくてはならないものでした。

それで、明治になって姓が誰でもつけられるようになると、多くの農民がこぞってこの『鈴木』姓をつけたそうです。

鈴木姓の由来とルーツ諸説その2

この説は地名由来の説です。

それによりますと、鈴木さんのルーツは紀伊半島にあるそうです。

和歌山県海南市にある熊野神社の神官が、『鈴木』姓でした。

熊野神社は全国に3000もの分社があるという、巨大宗教組織ですので、その神官も絶大な勢力を持ちます。

そして分社が増えるにつれて、鈴木性も全国に広がりました。

その中でも、愛知県の三河地方の鈴木一族は三河一帯を支配し、後に徳川家の有力な家臣となります。

当時の徳川家康の家臣の中で、もっとも多い姓が『鈴木』だったといいますから、その勢いが伺われますね。

現在でも関東地方に鈴木姓が多いのは、そのためなのでしょう。

鈴木姓の由来とルーツ諸説その3

この説では、鈴木姓の由来は、なんと神武東征まで遡ります。

神武天皇は淀川の上流で長髄彦(ながすねひこ)と戦ったのですが、長髄彦は剛勇でなかなか勝つことができませんでした。

そこで道を変え、熊野から再上陸すると、紀伊3兄弟が神武天皇を迎えました。

長男は榎木で祭壇を作り、次男はお餅を供え、三男は稲穂を献上しました。

この功績により、神武天皇からは長男には『榎本』、次男は『丸子』、三男は『穂積』の姓を賜ったのです。

そして、穂積氏の八咫烏が道案内することになり、熊野から大台ケ原を越え大和の宇陀まで進みました。

道中、八咫烏は樹に鈴をかけて道案内したのですが、その功績で『鈴木』の姓を賜ったということです。

なお、この八咫烏は三本足の鳥ではなく、人名でしょうね。

それにより、鈴木氏の中には八咫鳥(こちらは神話のヤタガラスでしょう)の家紋を持つ家もあるとのことです。

これらの説の中でどれが正しいのかはわかりませんが、お話として面白いのは、やはりヤタガラス説ですね。

日本人の苗字は、

  • 地名に由来するもの(越後・長沼・野田)
  • 地形や土地の状況に由来するもの(田中・山中)
  • 方位に由来するもの(東・西)
  • 職業に由来するもの(鈴木・犬養・物部)

などのパターンがあります。

田中姓の由来とルーツ

田中さんは、佐藤、鈴木、高橋に次いで4番目に多い姓で、約135万人もいます。

率とはしては、およそ1%弱ですね。

田中姓の由来とルーツは、典型的な地形や土地の状況によるものです。

田中姓の由来とルーツ諸説その1

『田中』姓は、ごく単純に自分の住んでいる位置であるという説です。

また、当初は『中田』と呼んでいたが、発音しにくいので『田中』に変えられたという説もあります。

田中姓の由来とルーツ諸説その2

村長の事を『田中』と呼ぶことから、そのまま姓になったという説です。

村長の家は、通常は村の真ん中(田の真ん中)にあるので、田中となったというわけです。

水田の中に自分の家を構えることができるのは、豊かさの証しであり、村長に相応しい姓なのです。

田中姓の由来とルーツ諸説その3

少数派ではありますすが、地名説もあります。

古代の豪族に大和国高市郡田中(現・奈良県橿原市田中町)を支配する『田中氏』がいて、その子孫の『田中』姓もいるようです。

 

鈴木/佐藤/田中がこんなに多い理由とは?

日本人の苗字には、東と西で顕著な違いがあります。

つまり、東に多い苗字と西に多い苗字が、はっきりわかれているのです。

東は佐藤・鈴木が多く、西は山本・田中が多くなっています。

これらの苗字が多い理由としては、東日本の場合は、

『佐藤』が多いのは、東北地方は平泉の奥州藤原氏が勢力をもっていたため

『鈴木』は徳川家康の家臣が多かったため

西日本では、

古来から人口が多いので、地名や出自だけでは判別しにくく、地形に由来する姓が多い

と考えられます。

明治を別にしますと、苗字が多く作られたのは、鎌倉時代から室町時代にかけてです。

この時代の日本の人口は、東はいまだ人口は非常に少なく未開地でした。

そのため出自や地名からの苗字でも、判別は容易だったでしょう。

しかし、西日本は言わば『国内の先進国』なので人口も多く、地名や出自だけでは判別しにくいということもあったと思われます。

この姓分布の境界線は、日本海側は新潟富山ではっきりと別れています。

その理由は地形で、新潟県と富山県の境には『親不知・子不知』という天下の険があったからです。

「親は子供をかばう余裕もなく、子は親を思うこともできない」

という断崖絶壁の連続です。

ろくな道もなかった当時では、東西の行き来はほとんど不可能だったでしょう。

人の行き来がなければ、苗字の交流も起こりません。

そのため、ここで東と西の姓がはっきり別れたのです。

これに対して、太平洋側では『親不知・子不知』に匹敵するような難所はほとんどありません。

箱根にしても回り道ができます。

そのため姓の変化も急激ではなく、東と西とが入り交じった形になっています。

強いて言えば、三重県あたりが境界線といえないこともありません。

鈴木・佐藤・田中姓が多いもう一つの理由は、前項でも書きましたが、

明治になって全ての国民が姓を名乗るようになった時、役人に示された例がポピュラーな鈴木・佐藤・田中・高橋だった

ということも、大きな理由でしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

日本に多い鈴木・佐藤・田中の姓。

由来やルーツを調べて見ますと、なぜ多いのかということも自然にわかってきました。

地名や地形、それに出自や職業などに由来した姓が多いのですね。

これは英語圏などでも同じで、Smith(スミス)という姓は非常に多いのですが、このSmithは『大工』の意があります。

洋の東西を問わず、人は皆似ているものだなと思いましたね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

halx

記事書きのhalxです。 好きなもの: 犬(特にゴールデンレトリバー)/S.T.A.L.K.E.R.などゲーム/サッカー/ボクシング/SF/不思議感覚/超常現象/ワグナー/シベリウス/ブルーグラス などなど。 欲しいもの: 不老不死若返りの薬(切実に欲しい)/ハイエンドゲームマシン/高性能自動翻訳ツール などなど。 良い記事を書くためには、例えそれが国際情勢や遺伝子の記事でも、ハイエンドゲームマシンが絶対に必要なのです。 GTX1080Tiがなければ、国際情勢や遺伝子の記事が書けるわけがないじゃないですか!

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.