ゲーム

どうぶつタワーバトルの遊び方(やり方)と面白さの評価をチェック!

投稿日:

最近人気になっている、どうぶつが登場するアプリゲームを知っていますか?

そうです…

『どうぶつタワーバトル』

です!

え?ちょっと意外なものが出てきた、ですか?

いえいえ、実は今、『どうぶつタワーバトル』というのがとても人気なアプリゲームなんです。

『どうぶつタワーバトル』とはどんなゲームなのでしょうか?

当記事で、今大人気の無料アプリゲーム『どうぶつタワーバトル』についてまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

『どうぶつタワーバトル』とは?

最近人気となっている、"どうぶつ"が登場するアプリといえば、やっぱり『どうぶつタワーバトル』ですよね。

「そこは『どうぶつの森』だろ!」

と思う人もいるかもしれません。

確かに、11月21日に配信された『どうぶつの森』のアプリゲーム『どうぶつの森 ポケットキャンプ』も今人気のゲームの1つです。

しかし、それを上回る勢いで爆発的な人気となったどうぶつのアプリが、『どうぶつタワーバトル』なのです。

この『どうぶつタワーバトル』は、無料アプリゲームで、なんと個人が制作したといういわゆるフリーゲームです。

『どうぶつタワーバトル』は、スマホ向けのバランスゲーム。

動物を相手と交互に積んでいき、台の下から動物が落ちたほうが負けという非常にシンプルなルールになっています。

椅子をバランスよく積み上げていくアレに近いゲームですね。

登場する動物はヤギやシマウマ、カメやゾウなど実にたくさんの種類がいます。

オンラインでのランダム対戦はもちろん、最近フレンド対戦にも対応しました。

もともとは、『どうぶつタワー』という2013年リリースのアプリで、ただ単に動物を積み上げるだけのものでした。

それがiPad無料ゲームのファミリーキッズカテゴリで1位を取るなど、元になったゲームも子供たちからは人気を得ていたようです。

それが、バランス対戦ゲームとして新たに登場!

Appstoreでは、なんと無料ゲーム部門で1位に輝くなど、前身、そして今回の『どうぶつタワーバトル』ともに1位を獲得しました!

1、2、3とどうぶつ関連がランクインとは、すごい状態です…。(笑

それにしてもこの『どうぶつタワーバトル』、ルール自体はいたって簡単で、ただ動物を積み上げていくだけの単純なゲームが、なぜこれほどまでに人気なのでしょうか?

筆者はそう思っていたのですが、どうやら『どうぶつタワーバトル』は、そんな単純なゲームではなかったことを思い知らされました。

 

『どうぶつタワーバトル』が人気の理由は?

では、『どうぶつタワーバトル』が人気となった理由は一体どこにあるのでしょうか?

その理由はいくつかあると思われます。

そこで、『どうぶつタワーバトル』が人気になったいくつかの理由を紹介します。

どうぶつタワーバトルが人気の理由1 ルール自体は簡単

『どうぶつタワーバトル』人気の理由には、ルールはすごく簡単だからという部分が挙げられます。

何と言っても、交互に動物を積んでいくだけですからね。

その単純さに、複雑なアプリゲームとは違って、覚えることがそれほど多くないのも人気となる理由です。

日頃、他のアプリゲームなどで色々考えながらやるのに疲れた人が、『どうぶつタワーバトル』を楽しむのだと思います。

どうぶつタワーバトルが人気の理由2 戦略性がある

『どうぶつタワーバトル』が人気の理由の2つ目として、

戦略性

という部分があります。

1つ目の理由と相反しているじゃないか!といわれそうですが、簡単なルールかつ戦略性がある…これが『どうぶつタワーバトル』なのです。

『どうぶつタワーバトル』には、物理演算が適用されているので、上に行けば行くほどバランスが悪くなっていきます。

さらに、登場する動物はランダム。

が、しかし、その動物にはそれぞれ特徴があります。

例えば、

  • サイはそのままだとオーソドックスで安定性があるが、縦置きにすると不安定な土台になる
  • ラクダは足が引っかかるようになっていて、さらにこぶがあるため平面にならない
  • 鹿は角が重いので重心が前よりになっていて、落ちた時に前に倒れる

など…

それぞれの動物に特徴があるので、どのように置くかで次の相手にも影響を与えるのです。

そのため、かなりランダム性も絡み、簡単ではあるものの戦略に幅が生まれ、これが面白さを生んでいるのです。

動物に個性があって奥深いという点は、かなりの人が素晴らしい!と評価をしています。

また、レーティング要素もあるので、レートの高い人が考察記事を投稿したり、攻略情報を流したりなど、やり込む人にはとことんやり込め、ライトユーザーでも気軽に楽しめる…

単純かつ戦略性の両立により『どうぶつタワーバトル』は、ライト、ヘビー両ユーザーを取り込めたのです。

どうぶつタワーバトルが人気の理由3 短い時間で1試合が終わる

『どうぶつタワーバトル』は、動物1体を落とすまでの制限時間がわずか10秒です。

かなりテンポよく進むので、大体1試合1分~2分程度で終わります。

そのため、長引くということはあまりなく、短い時間でサクッと1試合できたり、やりたいときは何試合もやることが可能。

デイリーノルマのようなものもないので、ソシャゲにありがちな義務感もありません。

やりたいときに、好きな時間やる…

それができるところを評価され、気軽に楽しめる部分がSNSを中心に広まっていったのでしょう。

 

これらの要素が、『どうぶつタワーバトル』が人気の理由です。

ライトユーザーもヘビーユーザーも楽しめるのはかなり人気になる要素としては大きいですよね。

人によっては、

「これ、もうe-sportsの一種だよ!」

と評価することもあります。

しかも、ガチャによる課金などの要素もありません。

どんな人であっても出てくる動物は同じですし、差が出るのは自身の力だけ。

個人制作のゲームは、課金要素がほとんどないため、いい部分ですよね。

かなり高い評価を得ているのも頷けます。

 

『どうぶつタワーバトル』のやり方を紹介!

『どうぶつタワーバトル』は、どうやってやればいいのでしょうか?

そのやり方を説明します。

…とはいうものの、『どうぶつタワーバトル』は実に簡単。

まず、アプリストアから『どうぶつタワーバトル』をダウンロードして起動すればいいのですが…

チュートリアルも何もなく、いきなり対人戦に駆り出される

という部分だけ注意してください。

説明もなしにいきなり対人戦が始まるので、よくわからないまま終わってしまうことがあると思います。

しかし、『どうぶつタワーバトル』は

やって慣れろ

というタイプのゲーム。

最初は負けまくってもいいので、

「この動物は重心がこうなってるのか…」

「あ、ここだと○○の端っこに当たってしまうんだ!」

と、体で覚えていきましょう!

操作自体は実に簡単で、

  • 回転ボタンを押すと動物が回転する
  • 左右にスライドさせると移動
  • ボタン以外の部分を押すと、その場所に動物が落下していく
  • 制限時間は10秒

というだけの単純なものです。

ちなみに、3つ目は

『太陽をタップしてみて』

というような名前にして、初心者に太陽をタップさせ、そのまま動物を場外に落下させて勝利を得ようとする卑怯者もいるので、決して太陽をタップしないようにしてください!

また、回転は1回で45度回転します。

『どうぶつタワーバトル』の用語で、

『2○○』

『5○○』

というような単語が出た場合、その数字は回転ボタンを押す数になります。

例えば、今流行っている戦術であれば『2トラ』は、2回回転ボタンを押すという意味ですね。

かなり安定感があって最強クラスの戦術なのですが、過去には『5象』と呼ばれた戦術が修正を食らっているので、

こまめな調整で戦術が変わる

ということも頭に入れておくといいですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、『どうぶつタワーバトル』という、今大人気のどうぶつアプリゲームを紹介しました。

かなり簡単かつ戦略性があり、非常に大人気になるのも頷けますね。

ただ、最初は説明もなしにいきなり戦場に駆り出されるので、ちょっと驚くかも…。

今は『どうぶつタワーバトル』にも攻略サイトなどができていますし、プレイしてみたいという人は、『どうぶつタワーバトル』の攻略サイトに目を通すのもいいかもしれませんね!

それぞれの動物の重心などの特徴も、知ることができますよ!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ゲーム

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.