家電

ドンキホーテのノートパソコンのスペックと価格からコスパを考察!

更新日:

あの『ドン・キホーテ』から、トンデモ価格のノートパソコンが発売予定です。

発売日は、2017年12月1日とのことですが、その価格がなんと、

19,800円!

なのです。

ただし、税別の価格なので、実売価格は2万円を超える程度。

その製品名は、『MUGA ストイックPC』という、ストイックな名称のパソコンです。

このノートパソコン、安いことは安いのですが、はたして本当に使えるノートパソコンなのでしょうか?

価格が価格で、発売が発売、妖しさ爆発ですね。

というわけで、今回はドンキホーテのノートパソコンのスペックと価格、そのコスパと実際に使えるのかを考察してみます!

スポンサーリンク

ドンキホーテのノートパソコンのスペックと価格は?

まずはこの、ドンキホーテのノートパソコンのスペックと価格から見てみましょう。

以下『MUGA ストイックPC』のスペックです。

『MUGA ストイックPC』のスペック

ディスプレイ

14.1インチIPS液晶ディスプレイ フルHD(1920×1080ピクセル)

OS

Windows 10 Home 64Bit

CPU

ATOM x5-z8350プロセッサ(1.44GHz)

メモリ

LPDDR3 2Gバイト(増設・交換不可)

ストレージ

32Gバイトストレージ(eMMC)

LAN

無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11b/g/n

インターフェイスその他

USB3.0×1/USB2.0×1/Mini HDMI×1/Micro SDスロット×1(最大64GBまで)

3.5mmイヤフォンオジャック×1

無線LAN Bluetooth4.0 インカメラ 内蔵スピーカー

アプリケーション

WPS Office (キングソフトのオフィス互換ソフトウェア)

サイズ

329(幅)×219(奥行き)×20(高さ)ミリ

重量

約1200グラム

バッテリ

約7時間の駆動が可能

価格

19,800円(税別)

このスペックを見て、まず気がつくことは、

メモリが2GBと絶対的に少ない

ことです。

しかも、このメモリは増設も交換もできないのです。

このストイック君を使い続ける限り、未来永劫このストイックなメモリで我慢しなければならないのです。

ユーザーは我慢できても、ソフトウェアは我慢してくれません。

画像ソフトウェアや音響ソフトなどのメモリ食いソフトは、まず使えません。

もうひとつ

ストレージが32GBと非常に少ない

のです。

OSだけで10GB以上、それにオフィス互換ソフトが入ります。

なので、残り容量は10GBあるかないかとなるでしょう。

10GBは、少し大きめの画像データや音響データですと、5-10個で一杯になります。

これで一体どんな作業をしろというのでしょうか。

 

ドン・キホーテによる『MUGA ストイックPC』の開発目的としては、

最低限必要な性能や仕様に絞り、本当に必要な機能だけを取り入れたノートパソコン

ということのようです。

この『本当に必要な機能』に対する考え方が、問題でしょう。

たとえば、ちょっとネットをサーフィンする目的なら、このスペックでも問題ないでしょう。

しかし、それに加えてオフィスの機能も使おうとすると、そろそろあぶなくなってきます。

しかも、このオフィスはMicrosoftの純正オフィスではなく、互換オフィスです。

互換オフィスソフトは、使い勝手や扱えるオフィスデータの種類で、純正とはかなりの差があります。

このように、このノートパソコンは、

非常に限定された層のユーザーが、限定された使い方をする場合のみ使用できる

と、考えた方が良さそうです。

 

ドンキホーテのノートパソコンのコスパを考察!

このドン・キホーテのノートパソコン『MUGA ストイックPC』は、本当に使えるノートパソコンなのかを、考察してみました。

最初からズバリ言ってしまえば、このノートパソコンは前項で書いたように、

限定された層のユーザーによる、限定された使い方の場合のみ使用できる

と考えるべきでしょう。

その使い方とは、たとえばネットで軽くサーフィンをするとか、オフィス互換ソフトで簡単な日記を書くとか、そのような使い方です。

ちょっとでもヘビーな使い方には向いていません。

向いていないというより、『できません。』

まず2GBというメモリ容量が、大問題です。

しかも、このメモリは増設も交換もできないのです。

つまりこのノートパソコンを使う限り、一生2GBメモリとつき合わなくてはなりません。

それでよいという人には、この価格ならお勧めできます。

ただし、拡張性は全くありません。

後になって、『これをやりたい』『こんなソフトを使ってみたい』ということは、すっぱり諦めてください。

 

 

ドン・キホーテのノートパソコン『MUGA ストイックPC』の場合、起動直後では1GB前後のメモリ使用量と推測しています。

それで残りメモリは、わずか1GB程度です。

IEでもクロームでも、ブラウザは非常にメモリを食います。

現在クロームが使用しているメモリは、700MB程度ですが、これでタブは4つしか開いていません。

1GBのメモリで700MB使うと、残りのメモリはほとんどなくなってしまい、ディスクを使う(仮想メモリを使う)より手はなくなります。

とうぜん、パソコンの動きは重いことになります。

必要なメモリは、最低でも4GB、できれば8~16GBは欲しいですね。

しかし、このドン・キホーテのノートパソコンでは、メモリは増やそうにも増やせません。

 

もうひとつ、ストレージが32GBですと、OSと互換オフィスが入ると、残りは10GB程度となるでしょう。

ネットサーフィンだけでなく、ある程度汎用的な使い方となると、10GBのディスク容量では何もできません。

Photoshopなどのファイルは、1つで数100MBクラスのものがたくさんあります。

これは音響系のデータでも同じです。

そのようなデータを扱うと、あっという間にディスクは満杯になってしまいます。

このドン・キホーテのノートパソコンでは、メモリと違ってストレージは増設できるようですが、それも外部ストレージで、内蔵のものは不可です。

下手をするとWindowsのアップデートもできないかもしれません。

 

最後に価格面です。

たしかに、ドン・キホーテのノートパソコンは、19,800円という価格だけ見ると非常に安く見えます。

しかし、他のメーカーからも同種の廉価版ノートパソコンが発売されています。

それらはメモリ4GB、ストレージ100~250GBクラスのものが多いようです。

そのスペックなら、ある程度自由度の高い使い方も可能です。

それで価格は3~4万円程度なのです。

さて、これをどう考えるかです。

前記のように、限定された層のユーザーが、限定された使い方をするという条件なら、ドンキホーテのノートパソコンの購入を考えるのもよいかも知れません。

しかし、おそらく大半の人は使っている間に、色々な不満、不便を感じることと思います。

その場合、致命的なのは、

拡張性は皆無

という点なのです。

たとえ、使用後に不便不満を感じても、打つ手はまったくありません。

我慢して使い続けるか、売り飛ばして他のパソコンを購入するかの二択あるのみです。

そう考えると、このノートパソコンのコスパは決して良いとは思えません。

というわけで、ズバリ書くなら、一生これで我慢するという覚悟がない人には、、

買うな!

の一言あるのみですね。

でないと、『安もの買いの銭失い』ということわざを、地で行くことになりますよ。

 

ドンキホーテのノートパソコンのネットの評判

この『MUGA ストイックPC』のネットでの評判です。

『MUGA ストイックPC』のネットでの評判

これはいかに情弱でも起動して30分で粗大ゴミと気がつくだろ。

メモリ2GBで何しろというの?

2GBでWindows10動くの?

9800円でWindows7なら、考えてやらんこともない。

ドンキでパソコン買う奴はおまえらみたいな使い方しないから。

メモリ2GBでwin7搭載のミニノート買ったけど、ユーチューブすら見るのきつかったぞ、10てそんなに軽いのか?

どんなバックドアが仕込まれてるんですか?

とまあ、大変な褒め言葉が満載ですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

19800円のドンキホーテのノートパソコン。

ネットでは様々な噂が流れ飛んでいます。

スペックを見て、すぐ気がつくことは、

2GBメモリと32GBストレージ

の窮屈さです。

しかもメモリは拡張も増設もできないので、一度買ったら亡くなるまで、そのままで使い続けるしかありません。

19800円という価格は魅力的ではありますが、一生2GBメモリと付き合う勇気と覚悟のある人はどれくらいいるものでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

halx

記事書きのhalxです。 好きなもの: 犬(特にゴールデンレトリバー)/S.T.A.L.K.E.R.などゲーム/サッカー/ボクシング/SF/不思議感覚/超常現象/ワグナー/シベリウス/ブルーグラス などなど。 欲しいもの: 不老不死若返りの薬(切実に欲しい)/ハイエンドゲームマシン/高性能自動翻訳ツール などなど。 良い記事を書くためには、例えそれが国際情勢や遺伝子の記事でも、ハイエンドゲームマシンが絶対に必要なのです。 GTX1080Tiがなければ、国際情勢や遺伝子の記事が書けるわけがないじゃないですか!

-家電

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.