スポーツ

日本ハムのB・B引退と新マスコットメンバー・フレップをチェック

更新日:

北海道日本ハムファイターズのマスコットであるB・B。

B・Bは、マスコット間の交流を盛んにし、オールスターのマスコット集合にも一役買った、プロ野球マスコット界のヒーローとも言うべき存在でした。

そんなB・Bが、なんと、ファンフェスティバルの場で、2017年を持って現役引退という電撃発表…

突然の引退発表に、日本ハムファンのみならず、プロ野球ファンからも驚きと悲しみの声が挙がっています。

それにしても、なぜこのタイミングでB・Bは引退してしまうのか…

また、B・Bの今後や日本ハムの新マスコットも気になります。

当記事で、突然の引退を発表した日本ハムのマスコットであるB・Bについて、引退理由や今後の活動、さらには日本ハムの新マスコットについても調べていきます。

スポンサーリンク

B・Bとは?

プロ野球のマスコットといえば、可愛らしいタイプから、ネタ満載の暴走マスコットなど、多岐にわたります。

とくに有名なのは、ネタ寄りで暴走しがちな中日ドラゴンズのドアラや、東京ヤクルトスワローズのつば九郎でしょうか。

しかし、マスコットの中には、正統派イケメンも存在しているのを知っていますか?

それこそが、北海道日本ハムファイターズのB・Bです!

まずは、簡単にB・Bについて紹介しますね。

B・Bは、北海道日本ハムファイターズのマスコットの1人(?)で、本名をブリスキー・ザ・ベアーといいます。

このB・B、ベアーというだけあり、熊がモチーフ。

北海道移転後の2004年に、ファイティーに代わる形で球団マスコットに就任しました。

B・Bの背番号は212で、これは2004年当時の北海道の市町村数だったみたいですよ。

B・Bといえば、12球団随一というほどのファンサービスの厚さでも知られているマスコットですよね。

試合中や試合前後には必ずファンに対して長時間ふれあいをしてくれますし、他球団マスコットとも積極的にマスコット交流していますよね。

実は、球場でのマスコット同士の交流を増やすきっかけとなったのは、他でもないこのB・Bの登場でした。

B・Bが積極的な交流をしてくれたおかげで、今では交流戦でもお互いのチームのマスコットが、試合をする球場に赴いて交流する…

そんな機会が増えたのです。

今ではマスコット同士の交流を楽しみにしている人も多いですし、ある意味、プロ野球のマスコット人気を高めた立役者とも言える存在が、彼…B・Bなのです。

ちなみに、このB・B、2004年の時点では、

12球団のマスコットの中で一番足が速い

というマスコットでした。

もう10年以上前なので覚えている人も少ないかもしれませんが、『トリビアの泉』のコーナーの1つ『トリビアの種』で、

「一番足の速いプロ野球のマスコットは○○」

というトリビアが投稿され、実際にレオとバフィ・リードを除いた球団のマスコットで、100m走をしたことがありました。

その時、2位のハリーホークを突き放し、ダントツの1位でゴールしたのがB・Bだったのです。

終盤の加速が凄まじく、一気に突き放していったというレースでしたね、懐かしいです。

ちなみに、この時の上位は、

  • 1位:B・B
  • 2位:ハリーホーク
  • 3位:トラッキー
  • 4位:ジャビット
  • 5位:ドアラ

という結果でしたよ。

さらに、オフシーズンや移動日には、こまめに各地のイベントや幼稚園・保育園などに参加するなどもしていました。

また、『212物語』として北海道の212市町村を10年かけて全て訪問したり、『B・Bコラム』というマスコット論を語るなどの活動もありましたね。

こういったB・Bの活動も、マスコット人気が増加していった理由の1つであり、B・Bがマスコット界のヒーロー的存在なのも頷けます。

このように、数々の成果を上げてきたB・Bですが、なんと、2017年のファンフェスティバルで電撃引退を発表…

なぜ、B・Bは引退してしまうのでしょうか?

また、今後のB・Bはどんな活動をするのでしょう?

 

B・Bが引退発表!今後は北海道みらい大志に!

B・Bは、『ファンフェスティバル2017』内で、突如現役引退を発表しました。

ファンにとっても寝耳に水だった今回の引退発表。

中には驚き、涙するファンもいたほど…。

体力の衰えから、これ以上の活動は難しいと判断しての引退みたいですね。

B・Bの引退はかなり寂しくなりますが、安心してください。

どうやら、B・Bの姿を今後一切見られなくなるというわけではないみたいです。

B・Bの現役引退は、あくまでも

グラウンドでの活動を2017年のシーズンいっぱいで引退する

というだけのこと。

実は、もう既にB・Bには、第2の人生が用意されていました。

そのB・B第2のステージとなるのが…

北海道みらい事業の『みらい大志』就任

です。

北海道は、2018年に命名150年の節目を迎えます。

今後は球場外で、北海道内の地域貢献に関わっていくと発表されたのです。

ちなみに、『みらい大志』は、一般的な大使の役割を、

「大きな志を持って取り組む気持ちの表れ」

という理由から『大志』としたみたいですよ。

しかし、B・Bが去った後の日本ハムのマスコットはどうなってしまうのでしょう?

B・Bの幼馴染であるポリーポラリスや、弟のカビー・ザ・ベアーがいますが、ポリーはB・Bほど知名度はありませんし、カビーは2軍専用マスコットです。

最後に、B・Bの後継者となる、日本ハムの新マスコットについても触れていきます。

 

日本ハムの新マスコットメンバーにフレップ登場!

B・B引退後の日本ハムのマスコットは、これまでマスコット見習いとして活動していたフレップが就任するみたいですね。

フレップは、2016年からマスコットとして加わりました。

本名は、フレップ・ザ・フォックスといい、北海道とキツネという組み合わせでわかるかと思いますが、キタキツネがモチーフになっています。

生まれは北海道の丘。

好奇心旺盛な性格をしていて、フレップは故郷の丘を離れて、北海道をめぐる一人旅に出ていたそうです。

そして、札幌にやってきた時、地元チームである日本ハムファイターズを知り、日本ハムに対して憧れるようになりました。

フレップは野球においては全くの素人でしたが、

「ファイターズに入りたい」

という熱意から、見習いとしてマスコットになることができたのです。

このフレップが、2018年のシーズンからはメインマスコットになり、今後、球場内ではフレップが、ポリーらとともに盛り上げていってくれますよ。

フレップの背番号は179

これは、B・Bと同じく、現在の北海道の市町村数からとられています。

B・Bの頃よりも数字が減っているのは、平成の大合併で北海道の市町村も多くが合併したからで、何だか時の流れを感じさせますね。

見習いで活動していたこと自体は、日本ハムファンなら知っているかもしれませんが、いざメインマスコットとなると、最初は違和感を覚えそうですよね。

1年もすれば、日本ハムファンの間ではフレップが定着するかもしれませんが、他球団のファンだと、フレップが定着するのにもう数年は擁しそうだな…

そう感じさせられますね。

スポンサーリンク

 

まとめ

日本ハムのマスコットであるB・Bが、なんと2017年のシーズンいっぱいで引退するという、電撃発表をし、日本ハムファンやプロ野球ファンから驚きと悲しみの声が挙がっています。

B・B自体は今後、北海道の『みらい大志』として、北海道内の地域貢献活動をしていくとのこと。

B・Bに一切あえなくなるわけではないのが、唯一の救いですね。

そして、B・Bの去った日本ハムのメインマスコットには、見習いとして活動していたフレップが就任。

フレップには、これまで以上に頑張ってもらい、早いうちに日本ハムの新たな顔として定着してほしいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.