雑学

Sarahah(サラハ)とは?使い方と個人特定できない高い匿名性を紹介

更新日:

最近、インスタグラムを中心に盛り上がっている1つのアプリがあるのを知っていましたか?

その名も…

『Sarahah(サラハ)』

です。

この『Sarahah(サラハ)』とは、一体どんなアプリなのか?

使い方や匿名性などが気になるところです。

当記事では、今インスタグラム内で流行中というアプリ『Sarahah(サラハ)』についてその詳細を紹介します。

スポンサーリンク

『Sarahah(サラハ)』とは?

現在、インスタグラムを中心に、国内であるアプリ・サイトが注目されています。

それが、

『Sarahah(サラハ)』

です。

『Sarahah(サラハ)』とは、一体どんなサービスなのでしょうか?

 

この『Sarahah(サラハ)』というサービスは、iPhone、Android、そしてWebサイトで利用可能なサービスです。

『Sarahah(サラハ)』は、サウジアラビア産アプリ。

サウジアラビアのザイン・アルアビディン・タウフィークという人物が作ったメッセージアプリで、

「言い争いが苦手な人の多いサウジアラビアで、職場で意見を言いやすくするデジタル版投書箱を作ろうと思った」

ということを、きっかけで誕生したアプリです。

なので、メッセージアプリとはいうものの、『Sarahah(サラハ)』自体はビジネス的な目的で作られたものと言えるでしょう。

実際、『Sarahah(サラハ)』公式サイトにも、説明として

「同僚や友人からの正直なフィードバックを匿名で受け取ることで、あなたの強みや改善すべき領域を発見するのに役立ちます」

と書かれているからです。

そんなサウジアラビアのアプリである『Sarahah(サラハ)』が、なぜ日本で人気となっているのでしょうか?

しかも、

『Sarahah(サラハ)』は日本語に対応していない

のに人気になっていて、これがまた疑問を呼ぶ一因です。

 

どうやら、日本国内では、『Sarahah(サラハ)』を一種のコミュニケーションツールとして見ているようですね。

日本では、Twitterで一時期流行った『ask.fm』のような、ユーザーへの質問と、それに対する回答を投稿する使われ方になっていました。

『Sarahah(サラハ)』に届いたメッセージをスクリーンショット

回答をツイッターやインスタグラムのストーリー機能で公開する

というケースが多く、実際にハッシュタグの『#Sarahah』で検索すると、確かに、質問に対する回答をしている姿を見ることができました。

『Sarahah(サラハ)』自体に返信機能はないので、SNS内で回答している…というわけですね。

 

まあ、単純な話、

リア充用の『ask』や『お題箱』

という認識でいいでしょうか。

インスタグラムを中心に流行っているので、いわゆるウェイ系の人たちが使う『ask』…

そんな感覚を覚えました。

 

ではこの『Sarahah(サラハ)』というサービス、どうやって使えばいいのでしょうか?

 

『Sarahah(サラハ)』の使い方を紹介!

続いては、『Sarahah(サラハ)』の使い方を紹介します。

先述した通り、日本語対応はしていないので、英語に疎いとなかなか理解ができませんからね。

まず、『Sarahah(サラハ)』を利用するにあたって、会員登録をしなければなりません。

『Sarahah(サラハ)』をダウンロードしたら、会員登録をしましょう。

『Sarahah(サラハ)』をダウンロードして開くと、トップページが表示されます。

筆者はPC版しか使えないので、PC版の画面で紹介します。

この赤丸で囲った、『Register』という部分を探しましょう。

iPhone版も『Register』となっていますが、Android版の場合は説明を読み終えた後の

『Start Now』→『New Account』

という部分が『Register』に該当します。

さすがにこの辺りは、英語に疎くてもわかるかとは思います。

そして、この『Register』もしくは『New Account』へ進むと、情報を登録する画面が出てきます。

この登録画面、iPhone版アプリだと、

  1. Username(TwitterやインスタグラムでいうID)
  2. Name(ユーザー名/日本語可)とメールアドレス
  3. パスワードとConfirm Password(確認用パスワード)、利用規約同意のチェック、メール通知の受け取りチェック

の順番で出てきて、Android版だと

  • Username(TwitterやインスタグラムでいうID)
  • Name(ユーザー名/日本語可)
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 確認用パスワード
  • 規約同意のチェック
  • メール通知のチェック設定

が一気に表示されます。

このあたりは、PC版と似ていますね。

ちなみに、Webサイトだと、このようになっています。

Web版だと、最初の段階で後で設定するプロフィール情報も入れられるようになっていて、

誕生日や性別、住んでいる国やアイコン

まで登録の時点で設定が可能です。

 

これで、登録は完了しました。

ちなみに、登録後に連絡先へのアクセス許可の要求されることがありますが、個人情報を守りたい場合は、許可しないを選べばOKです。

ただ、『Sarahah(サラハ)』に登録が完了しても、SNSに『Sarahah(サラハ)』の自分のページのリンクを貼らないと、誰も認知してくれません。

そのため、『Sarahah(サラハ)』を開き、

iPhoneの場合は歯車マークの『設定』

左上にある矢印マーク→Copy

でコピーした後、自身のTwitterやインスタグラムのプロフィールに貼りつけましょう。

Androidの場合は、

人のシルエットをしている『ユーザータブ』

『(ユーザーID).Sarahah.com』部分をタップ

クリップボードにコピー

でコピーした後に、Twitterやインスタグラムのプロフィールに貼りつけましょう。

 

では、メッセージの送信はどうやればいいのでしょうか?

これは実に簡単で、『Sarahah(サラハ)』はメッセージの送信には登録が必要ありません。

『(ユーザーID).Sarahah.com』という、送りたいユーザーのURLへ行くと、そこで既にメッセージが送信できるようになっています。

送信欄に送りたいメッセージを入れて、『Send』を押すだけ!

実に簡単ですね。

 

最後に、メッセージの確認方法です。

iPhoneの場合は、アプリを開くとそこにメッセージが表示されるのでかなりわかりやすいです。

Androidの場合は、『Messages』→『RECEIVED』で確認ができますよ。

 

『Sarahah(サラハ)』の特定はされる?匿名性もチェック

『Sarahah(サラハ)』について調べていると、

特定

というワードが引っかかります。

要するに、メッセージを送る側は匿名なので、これが特定されるかどうかという話ですね。

また、

『Sarahah(サラハ)』のメッセージ送信者を特定する方法!

なる動画などで、スパムへの誘導をおこなったりする悪質な詐欺も横行しているみたいです。

基本的に、

『Sarahah(サラハ)』は匿名性が高く、メッセージを送った人を特定することは不可能

です。

そもそもの目的が、匿名で友人や同僚からフィードバックをもらうというアプリですからね。

そのため、

「『Sarahah(サラハ)』の特定方法!」

「『Sarahah(サラハ)』じゃ表示できない送信元を表示できるアプリがあるよ!」

とか、こういった類の誘導には引っかからないよう気をつけてください。

スパムサイトを踏んでしまったり、情報を抜き取るアプリをダウンロードさせられてしまう恐れがあります。

『Sarahah(サラハ)』のメッセージ送信者の特定はできないので、それを頭に入れておいてください!

 

また、逆に、『Sarahah(サラハ)』が高い匿名性を誇っているがために発生するトラブルもあります。

そうです。

高い匿名性を利用して、悪口を送信してくる

というケースです。

実際、被害は既に起きていて、

「下ネタがめちゃくちゃ送られてくる」

「うちの後輩に手を出したら命はないぞって言われた」

「お前うざいから消えてくれとか送られる…」

など、セクハラな内容や誹謗中傷を送られたという事例が少なくありません。

ちなみに、そういった悪質なメッセージに対しては、メッセージの下にある禁止マークをタップすることで、ブロックできます。

このブロックをすると、その送り主からはメッセージが届かなくなるのでおすすめです。

また、設定で

『Sarahah(サラハ)』に登録していないユーザーからメッセージを受け取らない

という設定も可能。

歯車の形をした設定タブから、

『Receive from non-registered』

という部分を探し、ここをオフにすれば完了です。

一応、悪質な相手対策もできるようになっているので、このあたりはいい点ですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、インスタグラムを中心に人気となっているメッセージアプリ『Sarahah(サラハ)』を紹介しました。

ちなみに、『Sarahah(サラハ)』とはアラビア語で『正直』を意味するみたいですね。

その名の通り、匿名にすることでその人に正直なメッセージを送れるようになるアプリでした。

日本では、『ask』や『お題箱』のような使われ方をしているようで、中には誹謗中傷をしてくる悪質なケースも…

これらのトラブルも、ブロックや未登録ユーザーからのメッセージ拒否機能を使い防ぐことが可能なので、安心してくださいね。

-雑学

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.