お笑い芸人

石塚英彦の病気説と食べ方がヤバイ?グルメリポーターの評判を考察

更新日:

石塚英彦さんといえば、食べることが大好きな巨漢のグルメリポートであまりにも有名ですよね。

元々は恵俊彰さんとともに、お笑いコンビ『ホンジャマカ』としてコントをしていました。

現在では、ホンジャマカのそういった姿がほとんど見られなくなってしまったがゆえに、石塚英彦さんのグルメリポート姿が強烈です。

しかし、石塚英彦さんによるグルメリポートは、そんなに評判は良くない模様…

さらには病気説まで流れているのだといいます。

一体どういうことか気になるので、当記事で、石塚英彦さんのリポーターとしての評判、さらには病気説の真相に迫っていきます!

アドセンス

スポンサーリンク

ホンジャマカ石塚英彦のグルメリポート

石塚英彦

石塚英彦

もはやお茶の間では一年中、見かけないことがなくなったと言ってもいい、石塚英彦さんのグルメリポート。

ところが、石塚英彦さんは、もともと、現在のようなグルメリポーターだったわけではありませんでした。

そもそも石塚英彦さんのデビュー当時はかなりスマートで、今のように太っていませんでしたからね。

太るようになったのは、今の奥さんと交際し始めて、量が多いと感じながらも完食していたからというだけです。

劇団ユニットのホンジャマカを経て、相方の恵俊彰さんと2人でお笑いコンビとしてのホンジャマカで活動しだしたのは、1989年。

その後、ホンジャマカが苦しくなってくると、1996年ごろから、2人とも個人活動へと移っていきました。

石塚英彦さんが個人活動をしようと思った理由は、恵俊彰さんにピンでの仕事が増え始めたということだったそうですよ。

相方がピンで売れ出せば、石塚英彦さんとしても

「なにかやらなければ!」

と焦燥感があったのかもしれませんね。

その転機となったのは、たまたま豪邸リポートをする仕事をしていた時でした。

石塚英彦さんが食事をする姿がとてもいい笑顔だったと注目され、その以後、グルメリポートの仕事が増えだしたというのです。

人生何がきっかけで、どうなるかわからないものだと、改めて考えさせられますね!

さて、リポーターとしての石塚英彦さんですが、実は、皆さんが誤解している意外な事実があります。

今の体型だけを見れば、

「大食いだから、デブなのも当然だな…」

と思うかもしれませんよね。

しかし、実はそこに大きな落とし穴があり、本当の石塚英彦さんは…

大食いはキャラであり、実際はそんなに食べることができない

のです!

なので、基本的に石塚英彦さんのリポートは、一口二口食べるだけ、ですよね。

そしてその後ギャグを言う…というスタイルです。

そのため、全て食べきるのではなく、残った分はスタッフが処理しているらしいですよ。

あくまでも大食いはキャラクター、石塚英彦さんの素そのものではないと知って、筆者はただただ驚くことしかできませんでした。

 

石塚英彦のリポーターとしての評判が悪い理由は食べ方!

もはや、石塚英彦さんと言えば、

「まいうー」

で知られるグルメリポートは、切っても切り離せないような関係になりましたよね。

石塚英彦さんのグルメリポートを毎回楽しみにしているという視聴者も、さぞかし多いことでしょう。

しかしその一方で、石塚英彦さんのグルメリポートの評判が悪いとも言われていたのでした。

どういうことなのかと思って、調べてみると……。

石塚英彦さんの食べ方が汚い!

という意見が結構多く見られたのです。

「石塚の食べ方は食欲がなくなるわ…」

「もともと石ちゃんの食べ方は汚いと思ってた」

「石ちゃんの食べ方汚いから嫌いだ」

「スープ飲んだあとのチュパチュパやめてほしい。汚い」

「肉もすするように食べるの、行儀悪いしなんか気持ち悪い」

と、どうやら石塚英彦さんの食べ方について、

  • 汚い
  • 気持ち悪い
  • 嫌い

の3Kになってしまっているようです。

確かに、石塚英彦さんの場合、食レポというよりは

『グルメショー』

としての見せ方をしているので、通常の食レポとは異なりますね。

というのも、石塚英彦さんは、以前、ネットでのインタビューで、

グルメショーとして、味というよりは料理の見映え、作った人の気持ちの方に着目してリポートをしている

という旨の発言をしたことがあったのです。

そのため、普通に食べているという食レポとはまた異なったジャンルに思えます。

まぁ、グルメショーとして料理の見栄えを重視するのに、食べ方が綺麗じゃないとなかなか料理も映えない気がして、かえって逆効果ではと感じてしまいますが…

 

ホンジャマカ石塚英彦には病気説!

石塚英彦さんは、なんともう20年以上もグルメリポートを続けているという、この道の権威と言ってもいいような存在ですよね。

実際、食レポ専門の芸能人というのは、彦麻呂さんや石塚英彦を最後に現れていないようです。

食レポ自体は、食レポ素人の芸能人でも上手い人がいるからだそうですよ。

そんな事情もあって、実質的な『ラスト・食レポサムライ』といった石塚英彦さん。

実は最近、石塚英彦さんに異変が見られ始めるというのです。

ずばり、

石塚英彦さんはなにかの病気なのではないのか?

ということでした。

確かに、あの体型で食レポをたくさんしているとなると、健康に悪そうですし、病気を疑われても仕方ないですよね。

では、なぜ石塚英彦さんが病気だと言われるようになってしまったのでしょうか?

その理由が、

最近の石塚英彦さんの見た目が痩せてきたから

ということでした。

石塚英彦さんといえば、あれだけ食べているわけですし、それなのに体重が落ちて痩せているとなれば、真っ先に健康上の問題が疑われますよね。

しかし、この件については、石塚英彦さんは病気ではないと言い切ることができます。

なぜなら、石塚英彦さんは2009年頃から、筋トレを始めたからです。

2014年の段階で、

「5年前から週3回くらい、毎回2時間ジムに通っている」

と語っています。

なるほど、筋トレをしていたから少し体が引き締まり、痩せて見えたのですね。

このジム通いにより、石塚英彦さんは137キロから、110キロ台にまで体重を減らしたみたいですよ。

ただ、痩せたかったからという理由ではなく、

「おいしく食べるために健康でいたいから、ジムに通っている」

とのこと。

確かに、健康あってこそ、色々な食べ物を食べられるわけですし、病気などになってしまうと、それこそ糖質制限などがかかり、あらゆる食べ物を食べるということができなくなってしまいます。

ちなみに、石塚英彦さんの健康状態自体については、今のところ全く問題がないらしく、血圧・コレステロール値も正常。

健康診断を担当した医師によれば、

「奇跡」

と呼べる健康状態みたいです。

それに加えて、筋トレまでしていたわけですから、石塚英彦さんはまだしばらくは、食レポの達人として、あらゆる食べ物のレポートを続けていくのだと思いますよ。

まぁそもそも、先ほども触れたように、石塚英彦さんは、料理全てを食べているわけではないので、食べる量自体も異常ではないのでしょうし、人々が想像するよりは健康状態を維持できているはずでしょう!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、石塚英彦さんのリポートの評判や、病気疑惑について調べてみました。

石塚英彦さんのリポートは、ただ食べるというよりは、グルメショーに近い感覚なので、

「食べ方が汚い」

「石塚見てると食欲がそがれる…」

と、石塚英彦さんのリポートに対して不快感を示す人も多いことがわかりました。

確かに、石塚英彦さんのリポートを見ていて、少し食べ方が汚いと筆者も感じたことはありますね。

見ている側が食欲をそがれてしまうのも、頷けるような気がしました。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-お笑い芸人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.