お笑い芸人

ホンジャマカが不仲の理由とは?コンビ解散の可能性を考察!

更新日:

石塚英彦さんと恵俊彰さんのコンビからなる、お笑い芸人の『ホンジャマカ』。

「ホンジャマカの石塚英彦さん」

などとテレビで紹介されているのをよく聞きますよね。

ところが、実際に石塚英彦さんと恵俊彰さんの二人がホンジャマカとして活動する機会は、最近はほとんど見られません。

こうしたこともあってか、

「ホンジャマカは仲が悪い」

「ホンジャマカは解散するのではないか?」

といった声もよく聞かれるようにもなってきました。

果たして本当のことかきになるので、今回はホンジャマカの不仲説・解散説を調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

コンビ活動が全くなくなったホンジャマカ

石塚英彦さんと恵俊彰さんをお笑いコンビのホンジャマカであると認識をする機会は、今ではほとんどありませんね。

唯一の活躍の場だった『東京フレンドパーク』も2011年に終了…

たまに特番として復活することがあり、その時にはホンジャマカとして登場するので、かろうじて、まだ石塚英彦さんと恵俊彰さんがホンジャマカだということを知っている人の方が多いと思います。

しかし、実際のところ、石塚英彦さんといえばグルメの人、恵俊彰さんといえばキャスターの人…

大体このような認識なのではないでしょうか?

では、ホンジャマカは本当に活動していたのか?

そのルーツを調べると…

実はホンジャマカは、もとは石塚英彦さんと恵俊彰さんの2人組ではなく、

総勢11人のユニット

だったのです。

  • 是永克也さん
  • 十日市秀悦さん
  • 大森竜太さん
  • 山口浩さん
  • 小林隆彦さん
  • 田中文夫さん
  • 斉藤智子さん
  • 赤松裕介さん
  • 松本美貴さん

といったメンツがもともとは揃っていました。

ちなみに、松本美貴さんというのは、恵俊彰さんの現在の奥さんです。

いわゆるグループ恋愛だったわけですね。

そして、そのそもそものホンジャマカも、もともとホンジャマカというグループがあったわけではありません。

最初は、渡辺プロダクションが結成したお笑いタレント劇団ユニット『BIG THURSDAY』にホンジャマカのメンバーは所属していました。

そして、第○期生とどんどん増えていった結果、『BIG THURSDAY』の年上組だった11人が、ホンジャマカと呼ばれるようになったのです。

ちなみに、この『BIG THURSDAY』には、中山秀征さんや松野大介さんも所属していました。

しかしその後、ホンジャマカはだんだんメンバーが脱退していき、現在のように石塚英彦さんと恵俊彰さんの2名だけとなったのは、1989年のことでした。

わずか2年の間で、一気に9名ものメンバーが抜けるとは…

一体何があったのでしょうか?

石塚英彦さん曰く、

「ホンジャマカはステージの演出にこだわりすぎて、事務所から『おまえたちは金がかかりすぎるから、解散!』と通告されてしまった」

とのこと。

演出にこだわるがゆえに、コストが見合わなくなってしまったわけですね。

そして、

「メンバーそれぞれがやめたり、他事務所に移籍するなかで、最終的に残ったのが僕と恵なの」

ということで、ここから2人組のホンジャマカが誕生しました。

ちなみに、脱退メンバーはお笑いコンビを結成したり、会社の取締役になったりと、それぞれ違った道を進んでいるみたいですよ。

 

ホンジャマカの仲が悪い?その理由や原因って?

ホンジャマカが、石塚英彦さんと恵俊彰さんだけになった現在、事実上、2人ともピンのような形で芸能活動を続けています。

コンビでの活動がないとなると、必ず浮上してくるのが不仲説ですよね。

ホンジャマカもその例外ではなく、

「ホンジャマカの石塚英彦と恵俊彰の仲・関係が悪いんじゃないか?」

と、囁かれてしまうこともあるようです。

この噂の結論から言いますと、ホンジャマカの石塚英彦さんと恵俊彰さんの仲・関係が悪いという事実はありません!

週刊女性の対談企画『中山秀征お語り合いたい人』のゲストで石塚英彦さんが登場した時に、

「世間では『実はホンジャマカは仲が悪いのでは?』という噂が出回っているじゃない。でも、事実は違う」

と不仲説を額。

「なぜ2人一緒にテレビに出ないのかというと、『2人で呼ばれないから』。オファーがあれば、本当は2人で出たいんだよね」

と、オファーがないからホンジャマカとして出演することがないのだと語りました。

また、コンビ仲はむしろいい方みたいで、恵俊彰さんが『ダウンタウンなう』に出演した際には、

「(石塚英彦さんから)『あの番組であんなこと言ってくれてありがとね』っていうメールが来たりします」

と、連絡先も知っていて連絡を交わしていることも発言。

逆にダウンタウンの松本人志さんは、浜田雅功さんの連絡先を知らないのですから、その時点でコンビ仲は悪くないことが伺えますよね。

しかし、ホンジャマカとしての活動がこうもないと、1つ感じてしまうことがあります。

そうです。

どうしてホンジャマカは、現在のピンでの活動がメインになって、ホンジャマカとして呼ばれないのに、解散しないのか?

ということです。

 

ホンジャマカが解散しない理由!

この謎の真相を探ってみると、どうやら石塚英彦さんも恵俊彰さんも、

ホンジャマカとして解散する気はまったくない

ということだそうです。

どうして、ほぼいっしょに活動していないのに、ホンジャマカは、あえて解散しないのでしょう……?

そもそも、ホンジャマカの2人は、2016年に

「いつとは言わないけど、とにかくコントがやりたい」

と意思を確認。

ホンジャマカとしての出演もして、コントをしたいと思っているのはお互い一緒のことだったようです。

そして、ホンジャマカというコンビの仲についても、石塚英彦さんは

「コントをやるなら、僕の相手は恵だと思っているし、恵も同じように思ってくれていた」

と語っています。

解散については恵俊彰さんも、

「(石塚英彦さんから解散を切り出されたら)『なんで?』って聞くと思う」

と解散説を否定。

そのため、ホンジャマカが解散するということは、ほぼあり得ないとみていいでしょうね。

劇団ユニットだったこともあり、なかなか評判の良かったホンジャマカのコント。

そのホンジャマカのコントも、いつかまた見られる日が来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

もともとは11人のグループだったホンジャマカ。

今では石塚英彦さんと恵俊彰さんだけになってしまいましたが、その2人もソロでの活動が目立っています。

しかし、決して不仲であるとか、解散するとか、そういうことは一切ありません。

むしろ、ホンジャマカとしてオファーがあれば、2人は喜んでホンジャマカとして出演をする用意はできているとのこと。

2016年4月には、実際に2人でコントの披露もありましたね。

もしかしたら、今後もオファーさえあれば、ホンジャマカ2人でのコントが見られるでしょうし、その時が楽しみですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-お笑い芸人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.