サッカー

中東の笛(サッカー/ハンドボール)とは?海外の反応をチェック!

更新日:

中東の笛 4

先日のロシアワールドカップアジア最終予選のUAE戦では、日本代表チームは不公平で不可解な審判の判定に泣かされました。

一方的なペナルティキックの判定、間違いなく入っているゴールが認められないなど、この審判のUAE寄りの判定は、目に余るものがありました。

これがいわゆる

『中東の笛』

といわれるものですね。

サッカーに限らず、ハンドボールなどスポーツの世界で、中東のチームとその他の国のチームが対戦しますと、

審判の判定は中東のチームよりになってしまう

ことがたびたび見受けられます。

そこで今回は、サッカーでの中東の笛とはどんなものなのか。

その意味と理由原因、それに主な国はどこなのか、さらには、この中東の笛に対する海外の反応も調べてみました。

スポンサーリンク

サッカーでの中東の笛とは?その意味をチェック!

中東の笛 5

それではまず、サッカーでの『中東の笛』とはどんなものなのでしょうか。

またその言葉の意味はどんなものなのでしょうか?

 

『中東の笛』とは、サッカーやハンドボールなどのスポーツにおいて、

試合の日程の組み方や審判の裁定が、一方的に中東の国側に有利になる

そのような事象を指して言われる言葉です。

具体的な言葉の意味は、

『なにごとも中東側に有利な笛が吹かれる』

というような意味でしょう。

この言葉の語源ですが、意外にもサッカーでなく、北京五輪のハンドボールの試合から始まったのです。

もっとずっと前からあった言葉かと思っていたのですが、案外最近なのですね。

 

北京五輪のハンドボールアジア予選での、クウェート-韓国戦では、当初はドイツの審判団によって行われる予定でした。

ところが、アジアハンドボール連盟(AHF)の指示によって、

ヨルダンの審判団に変更されてしまった

のです。

この試合では、開始早々に韓国の選手が退場になったり、完全にクウェートよりの判定に終始しました。

その後のクウェート-日本戦でも、ドイツからイランへの審判団の変更が行われ、試合の判定も不可解な判定が続出しました。

 

このアジアハンドボール連盟は、クウェートの王族であるシェイク・アフマド会長によって組織が牛耳られていたのです。

その他にも中東の国の王族がスポンサーになっているという、平等に裁定されるはずのスポーツの国際組織とも思えぬひどい状態。

これでは中東に有利になるように、贔屓の審判団への変更など、やりたい放題ですよね。

このハンドボールのアジア予選は、さすがにその後、

インチキのあった予選は無効となり、予選のやり直しが行われる

という、前代未聞の事態になりました。

このような事件の後、『中東の笛』という言葉が、日本で一般に知られるようになったわけです。

もとより、中東の国やスポーツに対する褒め言葉では決してありません。

 

なお、この『中東の笛』以外にも、サッカーでは

『韓国の笛』

とかいう言葉もあります。

前回のワールドカップアジア最終予選のレバノン-韓国戦でも、0ー1で負けていた韓国は、後半のロスタイムに追いついたのですが、

そのロスタイムがなんと7分もあった

のです。

この試合で引き分けとなり、土壇場でワールドカップ出場を逃したレバノンのベッカー監督は、

この試合は審判に負けた。

彼(審判)は韓国の12番目の選手だ!

と、怒りをあらわにしました。

また、ACLのFCソウル-広島戦では、カタールの審判で行われたのですが、2ー1でリードしていた終了間際に、

立て続けに2つのペナルティキックを取られる

という、呆れた判定がありました。

これは『中東+韓国の笛』というものですね。

これを『アウェーの洗礼』というには、あまりにもひどすぎます。

また、『中東の笛など存在しない』という人もいますが、これは全くのウソです。

存在しない理由として、

「審判技術が低いゆえに、審判が選手や観客の影響を受けてしまい、偏った判定になる」

と言われていますが、その理由では、『中東の笛』そのものではないでしょうか。

 

中東の笛の理由や原因は?

UAE 8B

なぜ『中東の笛』という現象が起こるのか、その理由は、いくつか考えられています。

根本的な原因は、中東(ばかりとは限りませんが)では、

スポーツにおけるフェアプレーという観念がないのではないか

と、思われます。

『スポーツのプレーはフェアに行われなければならない』

というのは、あらゆるスポーツにおいての根本的な理念と言われています。

それが全くないか、あるいは希薄なのか。

それが中東の現況のように見受けられるのです。

 

中東の多くの国では、『オイル』という打ち出の小槌が、地下から湧いてきています。

それによって王族や貴族は莫大な利益を得ています。

その資金をスポーツの国際団体に投入し、スポンサーとなったり、あるいは見返りにその団体の主要なポストに就任する

ということがしばしばあります。

前項で書いた、アジアハンドボール連盟(AHF)が、典型的な例です。

これらのスポンサーや、スポーツ団体の要職にある中東の人々が、その地位や金力を利用して、

自国あるいは近隣の国に、有利な判定を下せる人物を、審判とするように指示あるいは示唆する

のが、『中東の笛』の実体でしょう。

それが審判だけではなく、試合の日程や試合環境にまで、影響力がおよぶ場合も多いようです。

つまり、試合の日程、宿泊環境、試合場の選定などが、全て自国に有利なように設定されるということですね。

 

よく見られるエピソードでは、王侯貴族は、昔から『わがまま』と、相場が決まっていたりもします。

ましてや、それが潤沢な資金を持っていれば、なんでもやりたい放題です。

そして、『政治や経済とスポーツは、別のものであり、結びつけるべきではない』のが、中東以外の国での一般的な世論です。

しかし、中東では『政治、経済とスポーツは一体である』という声さえあるようです。

このように、スポーツにおける世界の常識が通用しない国と地域、それが中東なのです。

 

この『中東の笛』への対策ですが、サッカーの場合のゴールの判定には、

『ゴールラインテクノロジー』

というシステムがあります。

これは、複数のハイスピードカメラで、ゴール付近を毎秒500コマの高速で撮影します。

それにより、ゴールラインをボールが完全に超えたかどうかを判定するシステムです。

ボールがゴールラインを超えていれば、瞬時に主審の腕時計に振動を与え、同時に『GOAL』と表示させる優れものです。

このシステムの難点は、

1システムあたり2000~3000万円

の高額の費用がかかる点。

このシステムの導入は、アフリカやアジアのあまり豊ではない国にとっては、かなりの負担となります。

 

それと、もう一つの『中東の笛』対策は、

現在4名で構成されている審判の人数を増やす

という策です。

これはゴール裏に副審を配置するというシステムで、こちらの方が明らかにコストは安くあがります。

やろうと思えば今すぐにでもできる対策ですが、どういうわけか、これを実行している大会やリーグは、まだ少ないようです。

というのも、たしかにゴールが決まったかどうかの判定には有用ですが、微妙なファール(とくにペナルティエリア内の)などの判定には、ほとんど役に立ちません。

そんなわけでゴール判定は、いまだに主審の判断ひとつにゆだねられているのが実態です。

アイスホッケーのように、

『複数の主審』

という方法もありますが、それがサッカーで受け入れられるかは、ちょっと難しそうですね。

オイルマネーは主審の判定さえ覆す

サッカーでは主審の判定は絶対で、これが覆されることは決してありません。

しかし、史上ただ一度だけの例外があります。

それが

一度決定したゴールが取り消された

と言う事例です。

その事例があったのは、1982年に行われたFIFAワールドカップの一次リーグでの、フランス対クウェート戦です。

フランスが3対1でリードしている時点で、その『中東の笛』が発生しました。

フランスの選手が放ったシュートは、完全にゴールに吸い込まれ、ネットを揺らしたのです。

もちろんこのシュートは得点と認められたのですが、クウェートの選手から、

「スタンドの笛の音を主審の笛と思い、試合を止めてしまった。」

という抗議がありました。

当然、この種の抗議が通ることは皆無です。

ところが、観戦していたクウェートのファハド王子は、突如スタンドからピッチに乱入します。

そして、ウクライナ人の審判に何事かを耳打ちすると、審判が突然ゴールの取り消しを宣告したのです。

これがサッカーのワールドカップの歴史上、一度認められたゴールが取り消された史上唯一の事例です。

なお、試合はフランスがその後さらに得点を加え、4対1で勝利しました。

この事件の真相ですが、当事者のファハド王子は、この件について完全に公言を拒否していました。

そして、ファハド王子は1990年のイラクのクウェート侵攻の際に落命したので、結局現在に至るまで真相は不明のままです。

スポンサーリンク

サッカーの中東の笛への海外の反応は?

中東の笛 3

このサッカーでの中東の笛に対する海外の反応はどうでしょうか?

問題となった日本対UAE戦を中心に、見てみることにしましょう。

この試合について、海外の掲示板で一番注目されたのは、やはり審判の不公平で不可解な判定です。

浅野選手のシュートやペナルティの判定に対して、

中東の審判への不満と怒りが、海外のサッカーファンからも多く寄せられていました。

・イラク「日本に勝って欲しい、番狂わせはもういらない。」

・インドネシア「俺はインドネシア人だけど、ずっと日本を応援してきたよ。」

・イタリア「カタールのレフェリーが、またまたよい仕事をしたな。」

・来日中の本田ファン「ナマでみるとアジアのレフリーはほんとうに酷いな、恥だ。」

・来日中の本田ファン「レフェリー、○ねよ、いつも中東のレフェリーはこういうことをしている。」

・イタリア「カタールのレフェリーによる物凄く不公平な判定、日本は彼の基準ではPKを貰えない」

・ユベントスサポ「AFCにこの画像を大量に送りつけるべきだな。」

・アーセナルサポ「ショッキングなレフェリーだな。」

・「このスポーツは汚職まみれだ。」

・「どうしてあれで日本がPKを貰えないんだ?」

・「とにかく信じられないな、ボールはラインをこえていたのは明らかだった。」

・インドネシア「これはあきらかにゴールだよ。」

・Anonymousさん「入ってるね、あれは。これがまあ、

オイルマネーということなんだな。」

・Anonymousさん「この主審はUAEの明らかなファールでも、日本に何も与えなかったが、UAEの選手は倒れるたびに笛をふくんだ。」

・「2回のPKを取られず、明らかなゴールも与えられず、信じられないレフェリーだ。

これで試合に勝つのは不可能だよ。」

・イラン「日本はとても美しいサッカーをしていたよ。UAEは勝利に値しなかった。レフェリー、はよ○ね!」

・「あのできなら、

あのカタールのレフェリーは彼の残りの人生で、いつまでも手厚いもてなしをUAEから受けるだろうな。

・「ほとんどファウルを取らず、カードも出ない。

PKとゴールを与えられずに、怪我で試合が中断したのに、追加タイムは4分しかない。AFCはレフリーを調査しろよ。」

・イラン「今まで見た中でも5本の指に入る、最悪のレフリーだった。今後はUAEのレフリーは、お返しにカタールを助けるだろうな。

この予選はもっとも恥ずべき試合になってしまった。」

・「レフリーの銀行口座を、しっかりチェックしておけよ!」

・イラン「誰がUAEの試合にカタール人を担当させたんだ?なぜ日本はこれに抗議をしないんだ?

このようなアラブのチームが絡む試合でアラブ人のレフェリーを選ぶのはもうやめるべきだ。

他のアラブではないチーム相手が不利になるように、ずっと結託してきてるじゃないか。」

・「アジアに正義はない!」

・「大金=勝利!」

これらを見ているだけで、海外のサッカーファンが、日本とUAEの試合と、審判をどう見ているか、一目瞭然ですね。

 

まとめ

先日のワールドカップアジア最終予選のUAE戦では、日本代表はカタールの審判による不公正な判定で、勝利を奪われました。

一方的なペナルティキックの判定や、完全に入っているのにゴールが認められないなど、唖然とするほど主審の判定は不公平。

そこで今回は、この『中東の笛』とはどんなものか、その意味や理由原因、この『中東の笛』に対する海外の反応などを見てきました。

このような『中東の笛』は、これまでにも数多くありましたし、これを阻止する手段を取らない限り、これからもずっと続くでしょう。

ただし、『中東の笛』を阻止する手段は、現実的に実行可能で特別に有効な方法は、今のところ見つけられないのです…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

halx

記事書きのhalxです。

好きなもの:
・犬(特にゴールデンレトリバー)
・S.T.A.L.K.E.R.などゲーム
・サッカー
・ボクシング
・SF/不思議感覚/超常現象
・ワグナー/シベリウス/ブルーグラス
などなど。

欲しいもの:
・不老不死若返りの薬(切実に欲しい)
・ハイエンドゲームマシン
・高性能自動翻訳ツール
などなど。

良い記事を書くためには、例えそれが国際情勢や遺伝子の記事でも、ハイエンドゲームマシンが絶対に必要なのです。

GTX1080Tiがなければ、国際情勢や遺伝子の記事が書けるわけがないじゃないですか!

-サッカー

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.