サッカー選手

酒井宏樹のプレースタイルやポジションを紹介!クロスの精度は?

更新日:

日本代表の右サイドバックとして、酒井宏樹選手は

『ポスト内田篤人』

と呼ばれ、大いに期待されている選手です。

183センチと身体的にも恵まれていますが、これまでは期待に応えるだけの結果は残していませんでした。

酒井宏樹選手のプレーは、出来、不出来のムラが多かったり、大事な所での凡ミスがあったりすることが目立つ印象です。

これまでサイドバックは、他のポジションに比べて良質な選手が少ないと言われてきました。

しかし、最近はFC東京の室屋成選手や小川諒也選手のような、フィジカルと技術の両面に優れた選手が台頭の兆しを見せています。

そのため、日本代表とはいえ、酒井宏樹選手も、うかうかとしてはいられません。

そんなわけで、今回はその酒井宏樹選手のプレースタイルやポジション、それにクロスの精度などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

酒井宏樹のプロフィール

それではまず、酒井宏樹選手とはどんな選手なのか、彼のプロフィールから見てみましょう。

酒井宏樹のプロフィール

名前 酒井宏樹(さかいひろき)

出身 長野県中野市

生年月日 1990年4月12日

身長 183センチ

体重 70キロ

血液型 A型

右利き

所属 オリンピック・マルセイユ フランスリーグ・アン(一部リーグ)

ポジション 右サイドバック

背番号 2

学歴

柏中央高校

ウィザス高校

クラブ歴

柏レイソル 2010~2012.06

ハノーファー 2012~2016

マルセイユ 2016~

酒井宏樹の日本での主なタイトル

Jリーグベストイレブン 2011

Jリーグベストヤングプレーヤー賞 2011

酒井宏樹の代表経歴

U23代表 2012

日本代表 2014-2017

サッカーの背番号は、レギュラーの場合は、おおむねポジションによって割り振られています。

以下は、4-4-2のフォーメーションの場合の標準的なものですが、これ以外の割り振り方も、しばしば見られます。

1番 ゴールキーパー

2番 センターバック

3番 センターバック

4番 サイドバック

5番 サイドバック

6番 ミッドフィルダー

7番 ミッドフィルダー

8番 ミッドフィルダー

9番 ミッドフィルダー

10番 フォワード

11番 フォワード

このうち、

10番は特別な意味をもつ番号

で、ポジションを問わず、チームの中心的な存在の選手に与えられることが多いのです。

いわゆる

エースナンバー

と言われる背番号ですね。

なお、酒井姓の日本代表選手は、酒井宏樹選手の他に『酒井高徳選手』がいます。

二人ともサイドバックということもあり、時々間違えられますね。

ちなみに酒井高徳選手は、日本とドイツのハーフで、一時はドイツに帰化して代表に!などと言われるほど、有望な選手でした。

 

酒井宏樹のプレースタイルは?

酒井宏樹

酒井宏樹

酒井宏樹選手のサッカーのプレースタイルの特徴ですが、身体面と技術面で、それぞれ特徴があります。

まず技術面ですが、

攻め上がりの速さとタイミングの良さ、それに加えて、正確でスピードのあるクロス

が持ち味です。

敵陣に深くえぐってから打つ、低くて速いクロスは、相手にとっては非常に脅威でしょう。

2013年11月に戦ったベルギー戦でも、酒井宏樹選手のこの深いえぐりからの高速クロスで、柿谷曜一朗選手が得点を上げています。

イタリアの有名なスポーツ誌『ガゼッタ・デロ・スポルト』には、酒井宏樹選手を評して、

『右サイド版長友佑都』

と、書かれたこともあります。

酒井宏樹選手のクロスの打ち方は、

つま先を外側に開いて膝を高く上げる独特のスタイル

から放つもので、このスタイルはジュニアユースの頃からなのだそうです。

しかも、

振る時のモーションが小さく速いので、相手のブロックがくる前に打てる

というのも、酒井宏樹選手の良い所ですね。

身体面では

183センチ

と、日本のサイドバックとしては長身であり、またフィジカルも強いので、簡単には当たり負けしません。

酒井宏樹選手は、いわゆる『点取り屋』ではありませんが、ハノーファーでの試合では、本田圭佑選手ばりの無回転シュートも決めています。

ただし、

ディフェンスの面では粗さが目立ち、あまり高い評価は受けていませんでした。

それ故に、酒井宏樹選手が上がった後に相手に隙をつかれ、そこを抜かれることもしばしば見られます。

 

酒井宏樹のミスが多い理由・原因は?

酒井宏樹選手には、

『ミスが多い』という声が非常に多い

のです。

確かに、日本代表の試合でも、平凡なミスが目につきます。

これは酒井宏樹選手は、試合の組み立て方はあまり得意ではないことも1つの原因でしょう。

遠藤保仁選手や長谷部誠選手などとは、タイプが違うのです。

酒井宏樹選手の場合は、技術そのものは決して悪くないのですが、試合勘というか、次のプレーへの読みは、あまり良くありません。

そのため、相手に裏をつかれた場合などでは、慌てて止めようとして手を使ってしまい、反則を取られたりすることが、時々あります。

それともう1つ、

時折見せる、ふっと気を抜いたような集中感を欠いたプレー

があります。

非常に危険な状態ですから、勘の良い相手なら、直ちにその隙を突くでしょう。

実際の試合でも、ウルグアイ戦などで、そのような酒井宏樹選手のプレーがありました。

これはミスというより、精神面の未熟さの現れかと思われます。

まだまだ、酒井宏樹選手には、鍛えるべきところが多いのかもしれません。

また、ファーストタッチなどのボールコントロールにも難があり、ボールを止めすぎて相手に寄せられることもあります。

そのような場合でも、落ちついて対処すれば大事に至らずに済むのに、酒井宏樹選手が

慌ててしまうことが多い

のも、ミスの原因のひとつでしょう。

『どんな時でも慌てない』

という、精神面のコントロールも、酒井宏樹選手のこれからの課題になりそうですね。

クロスの精度はマルセイユで上がった?

酒井宏樹選手は前項で書いたように、優れた資質の持ち主ではありますが、これまではつまらない凡ミスも目立つ選手でした。

ところが、2016年にフランス一部リーグのマルセイユに移籍してからは、その平凡なミスや戦術感の未熟さが、急速に改善されてきたのです。

そうでなければ、評価の辛いフランスリーグで、レギュラーの座を維持できるはずがありません。

とくに、状況判断や試合勘などのメンタル面の向上が目立ちますね。

守備面では、もともと1対1のハリルホジッチ監督大好きなデュエルでは、空中戦地上戦共に抜群の強さがありました。

マルセイユに入ってからは、それだけでなく味方のカバーや危険を未然に防ぐ動きなどもできるようになりました。

また、クロスの精度も一段と上がったように見うけられます。

クロスに限らず 状況判断などのメンタル面も上がったこと、凡ミスが少なくなったことなどをみますと、

フランスリーグは若手の育成がうまいのかもしれない

などとも感じてしまいますね。

そのため、日本代表の試合でも、酒井宏樹選手の2017年の後半の働きは見事なものがありました。

ワールドカップ最終予選で本大会出場を決めたオーストラリア戦でも、攻撃力の高いオーストラリアを0点に抑えることに貢献しています。

また、クロスの精度が増したことからなのか、UAE戦では浅野拓磨選手の、

『審判に奪われた幻のゴール』

の起点となる、よいクロスを放っていました。

その他にも、タイ戦などでアシストを決めるなど、最近の日本代表戦でも大活躍をしているのです。

正直なところ、筆者は2016年以前の酒井宏樹選手のことは、あまり買っていませんでした。

不安定さが目立ち、見ていて心配になるからです。

それが2017年に入ってからは、安定度がぐっと高くなり、安心して見ていられるようになったのです。

マルセイユのリュディ・ガルシア監督も、酒井宏樹選手を称賛していました。

仏誌『Le10Sport』でのマルセイユのリュディ・ガルシア監督の言葉から

この1年で大きく成長したね。

守備もよく、カウンターでも能力を発揮する。

凡ミスをするような状況、凡ミスが失点に直結するような状況を減らすような、戦略的な動きが改善している。

彼のような選手を抱えていることは喜びだ。

我々は彼がアシストをマークし、最後の20mの部分でより創造的になれるように、指導してやらないとね。

こうしてみますと、たとえ内田篤人選手の復帰がなくても、日本代表の右サイドバックは心配無用なのかもしれません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

酒井宏樹選手は、攻め上がりの時のスピードの速さとタイミング、正確で高速な低いクロスなど、良いものをたくさん持っています。

それなのに、これまではなかなか日本代表選手として定着できませんでした。

その理由は、ディフェンス面の粗さと、ふと気を抜いたような、つまらないミスが酒井宏樹選手に多いところにあるようですね。

ところが、2016年のマルセイユ加入後の酒井宏樹選手は、非常に安定したプレーをするようになり、これなら!と思えるようになりました。

現在の日本代表のサイドバックには、長友佑都選手や酒井高徳選手、それに太田宏介選手と、よい選手が揃っています。

酒井宏樹選手が、

『右の長友』

と言われるように、心身ともにさらなる進歩を期待しています!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-サッカー選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.