サッカー

香川真司のプレースタイルや特徴・能力を考察!海外の反応も紹介!

更新日:

間もなくロシアワールドカップ本番を迎えるサッカー日本代表。

その中心選手となるべき香川真司選手に対して、賛否両論の声が飛び交っていますよね。

一部では『不要論』も飛び出すほど、状態が良いとは言えず、

彼のプレースタイルや特徴・能力を活かしきれていないのでは?

という声も…。

それだけに国内外の評価など気になる部分もたくさんあります。

本当に香川真司選手が日本代表で活躍するのか不安な気も…。

そこで本記事にて、サッカー日本代表・香川真司選手のプレースタイルや特徴・能力、海外の反応を探り、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

香川真司のプレースタイルとは?

香川 2 Manchester-United-v-Tottenham-Shinji-Kagawa-c_2836483-8368a

日本代表の現監督である西野朗監督が、ロシアワールドカップ2018代表選出会見の際に、

香川真司選手は替えのきかない選手

というコメントを出していましたよね。

確かに、彼の足元の技術力や、周りを活かしながらゲームを作り、攻撃の局面で打開していく能力は替えがきかないと思います。

ただ、プレースタイルが合わないことや、怪我を受けての実践不足などを理由に、代表不要論を唱えるファンも少なくありません。

では、香川真司選手のプレースタイルとは、どんなスタイルなのでしょうか?

香川真司のサッカーはアタッカータイプ

まず、基本的には、香川真司選手が

アタッカータイプのMFであること

は明言しておきます。

少なくとも、長谷部選手や柴崎岳選手のように中央で守備的役割や、ゲームの舵取り(ボランチ)としての役割を果たす選手ではありません。

そもそも、彼はあまり守備に特化した選手ではなく、運動量も比較的少ない選手だと見ています。

その分、狭いスペースでパスを受けて、攻撃を仕掛ける足元の技術や、相手のプレッシャーを交わすテクニックは折り紙付き…。

そして、自らシュートに踏み切る姿は、初めてドルトムントに移籍した頃、とくに評価を受けていましたよね。

その点を見ても、香川真司選手はアタッカータイプであることに違いはないでしょう。

アタッカーでも特徴・能力は司令塔(トップ下)の機能が中心

ただし、あくまでアタッカーです。

岡崎選手のようにゴールへの嗅覚を持っているわけでもなければ、原口選手のようにサイドを駆け上がることも不得意。

それは、彼がマンチェスター・ユナイテッドに移籍して左サイドで使われながらも、全く機能しなかったことを見れば一目瞭然です。

あくまで彼はトップ下の選手であり、アタッカーでありながら、ゲームを組み立てるタイプの選手なのです。

ちなみに、針の穴を通すようなパスは出せても、遠藤保仁選手や、中村憲剛選手のように、パスを主体とするパサーではありません。

なので、少なくとも香川真司選手を活かせる選手がいなければ、どんなに技術が優れても、全く機能できないでしょう。

それは、筆者だけにとどまらず、多くのサッカーファンが感じていることでもあります。

それだけに、香川真司選手の不要論が出ているのも、ある意味頷けると言えるでしょうね。

 

香川真司の能力・特徴を活かすには…

香川 2 maxresdefault

さて、先程もお話したように、香川真司選手を日本代表で最大限に活かすには、

  • 香川真司選手に正確なパスが送れるパサーがいること
  • ボールキープできる選手がいること
  • サイドを駆け上がり、ボールを配給できる選手がいること

以上、3つの要素が必要と考えられます。

まぁ、これらの要素をざっくり一言で言うなら、

香川真司選手にトップ下の仕事を専念させてあげられる選手がいること

というべきでしょうか。

もちろん、ただいるだけでは話になりません。

しっかりサポートしてあげなければ、結局ボールキープする役割も、パスを送る役割も、全て香川真司選手がしなければならなくなります。

そうなってくると、最後の決定的な仕事に関わることができなくなり、香川真司選手が試合に出る意味がなくなってしまうのです。

香川真司を活かすならサポートする選手が必須

彼の足元の能力を最大限に活かすなら、そのサポートをする選手が共に試合に出ることが大前提となってくるでしょう。

しかし、日本代表には、トップ下の選手が多いこともあり、なかなかパサーでボールキープできる選手が少ないです。

期待値も込めて、柴崎岳選手、大島僚太選手が、それらに相当すると思われますが、彼らがどこで使われるかによっても、大きく変わってくるでしょう。

間違っても、香川真司選手をスタメンで起用するために、柴崎岳選手を外すなんて事があったら、その瞬間、日本代表は機能しなくなってしまいます。

長谷部誠選手を含め、中盤では、最低でも柴崎岳選手・大島僚太選手の三人の舵取り(ボランチ)が必要だと思います。

そして、そこから、いかにいい形で香川真司選手に決定的なパスが送れるか…。

その仕事次第で、香川真司選手の特徴・能力をどこまで活かせるか決まってくるでしょう。

特徴・能力を活かすには香川真司自身の貪欲なプレイも必須

とはいえ、近年の香川真司選手は、ドルトムントに初めて移籍した頃と異なり、どこか消極的な部分が伺えます。

もっと貪欲に敵陣に切り込んでほしいのですが、シュートではなく、消極的なバックパスを選択する姿も見られます。

サッカーは、あくまでシュートを打ってゴールを決めなければ勝てないスポーツです。

シュートができなければ、いかに足元の上手い香川真司選手でも、特徴・能力は半減し、怖さもなくなってしまうでしょう。

彼自身が、味方を信じながら、貪欲にどこまで自身の能力を発揮できるのか…。

そこが、ある種、ロシアワールドカップでの運命を大きく分けるような気がしますね。

 

香川真司に対する海外の反応は?

香川 2 Dortmund-17

さて、香川真司選手に関する海外の反応ですが、やはり持っている能力は一級品です。

そのため、海外からは称賛の声もよく聞かれます。

現在イングランド・プレミアリーグ『エバートン』に所属するウェイン・ルーニー選手は、マンチェスター・ユナイテッド時代の香川真司選手に対して、

シンジはファンタスティックで、実にクレバーな選手だね。

チームメートからパスを受けると、細かいパスでつないでボールを動かすのが好きだよね。

あと、ゴール感覚にも優れてる。

と、称賛のコメントを残しています。

また、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前の香川真司選手を、当時、レアルマドリードを率いていたモウリーニョ監督も絶賛していました。

ドルトムントのサポーターやチーム関係者も香川真司を高く評価

さらに、現在、パフォーマンスの問題もあり、ドルトムントで試合に出られていない状況下でも、ファンは、

「香川真司は必要!」

と声をあげているみたい…。

そして、香川真司選手の契約延長のニュースが報じられた際には、

チームのSDであるミヒャエル・ツォルク氏を称賛し、

「夏の中でも最高の知らせだ!」

と歓喜に満ち溢れているそうです。

そして、ドルトムント(チームSD・ミヒャエル・ツォルクなど…)も香川真司選手との契約を2020年まで延長し、

「香川真司を手放すなんてありえない!」

と豪語していたというのです。

香川真司のメンタルの弱さは懸念材料

日本代表の西野朗監督の

『替えがきかない選手』

という評価も含め、国内外から評価の良い選手であることに違いはありません。

ただ、一方でメンタルの弱さや好不調の並が激しい点は懸念材料とみなしているところも事実。

果たして、メンタル面課題を克服し、日本代表選手として、香川真司選手は光り輝くことができるのか…。

そのあたりに注目したいところですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

香川真司選手のプレースタイルや評価、それに海外の反応などを見てきました。

やはり香川真司選手は、その時の好不調の差が、非常に大きい印象を受けましたね。

その理由は、精神的なところが大きいと思います。

色々なことを考えすぎているのかも…。

それはともかくとして、香川真司選手は現在の日本代表にとって、いやこの先の日本代表にとっても、重要な選手です。

そのためにも、ワールドカップの最終予選や本大会までに、香川真司選手の早期の完全復調を期待したいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-サッカー

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.