生活

ガス自由化の影響とデメリット!おすすめのガス会社の選び方をチェック

投稿日:

2017年4月に自由化された、都市ガス。

テレビCMでも

『ガス会社を乗り換えておトクに!』

って、よく聞きますよね。

ガス料金が安くなるなら、家計には大助かりです。

 

でも、どんなことにもデメリットがあったりするものです。

都市ガスが自由化されて、

『どんなメリットやデメリットがあるのか、他にどんな影響があるのか。』

などは知っておきたいですよね。

それに、『自由にガス会社を選べる』と言われても、どう選んだら良いのか戸惑うこともあるでしょう。

 

そこで今回は、

ガス自由化の影響やデメリット、ガス会社の選び方

についてお伝えします。

ぜひ読んでくださいね!

アドセンス

スポンサーリンク

ガス自由化の影響とデメリットは?

ガス自由化の影響は?

ガス自由化の影響は?

『自由化』ってどうなること?

まず先に、『ガスの自由化』についてお話ししましょう。

ガスが自由化されると、

  • いろいろな企業が都市ガスに参入して、都市ガスの供給を行うことができる
  • 都市ガス料金やプランを、それぞれの企業が自由に決めることができる

という風になります。

 

自由化される前の都市ガスは、

いくつかのガス会社が都市ガス事業を持ち、料金も国の認可を受けた料金

だったのです。

企業が自由にガス事業に参入することも、独自に料金を決めることもできなかったのです。

これからは、いろいろな企業が参入し、料金も自由に決められます。

 

なお、今回の『ガス自由化』は、都市ガスのことです。

プロパンガスは最初から、参入も料金も自由です。

また、都市ガスでも、工場や病院など、ガスを大量に使う企業に関しては、1995年に自由化されています。

2017年4月以前で、すでに30社以上が参入しているんですよ。

ガス自由化の影響

都市ガスが自由化され、いろいろな企業が参入すると、消費者にはどんな影響があるのでしょうか?

たとえば

  • ガス会社を自分で選べるようになる
  • ポイントサービスや電気とのセット割など、料金メニューが多くなり、選択肢が増える
  • 今のガス料金よりも安いガス会社や料金プランを選べる
  • ガス以外の業種からの参入もあるので、業者によってはガス以外のオプションサービスの提供が増える
  • 料金やサービス面での競争が促進され、料金が安くなることが期待できる
  • 都市ガスのガス管が整備され、都市ガスの供給エリアが広くなることが期待できる

といった影響があります。

 

ガス会社も料金プランも自由に選べる

都市ガスが自由化されると、

  • いろいろなガス会社が参入する
  • ガス会社が独自にいろいろな料金メニューを作れる

ことから、

消費者が、自分のライフスタイルに合ったガス会社や料金プランを選ぶこと

ができます。

 

たとえば、ガス会社と電力会社、携帯会社、インターネット企業などが提携すると

  • ガスと電気のセット
  • 携帯電話とガス、電気のセット
  • 電気、ガス、携帯、インターネットのセット

と、いろいろなセットプランも作れるのです。

 

ということは、

自分のライフスタイルにとって、総合的におトクになるガス会社や料金プランを選べる

ということでもあります。

生活にかかる料金をまとめて節約できるのは、うれしいですね。

 

業者によっては、ガスや電気以外のオプションも

都市ガスと電気や携帯を合わせたプランもありますが、業者によっては他にもおトクなオプションを用意していることもあります。

たとえば、

  • 水の宅配
  • 除菌剤
  • ホームセキュリティー

など。

『オプションサービスを付けると、さらにガス代を割り引く』

というやりかたをしている業者もあるんです。

「ホームセキュリティーを使いたいと思ってたけど、ガスと一緒で安くなるならやってみようかな」

というような人にとっては、ありがたいサービスですね。

 

料金やサービスの競争が促進される

ガスが自由化されると、

顧客獲得競争をすることになります。

それはガス会社にとっては

『顧客を獲得する努力が必要になる』

ということでもあります。

 

となると、顧客を呼び込むため、

  • 料金を安くする
  • いろいろなプランを用意する
  • オプションのサービスを付ける
  • ガス供給サービスの質を上げる

など、

消費者がそのガス会社を利用したくなる努力

を、競ってするようになります。

その結果、

料金もリーズナブルで、しっかりしたサービスをするガス会社が増えること

が期待できるのです。

 

都市ガスの供給エリア拡大が期待できる

もし自由化前のように、エリアごとに特定のガス会社だけがガスを供給しているのであれば、顧客獲得の必要はありません。

『その地域でガスを売っていれば、その地域の人が確実に顧客になる』

のですから。

 

でも、新規参入の企業が増えることで、顧客獲得の必要も出てきます。

顧客獲得と言っても、都市ガスの供給エリアが限られていたら、どうしても顧客も限られてしまいますよね。

となれば、顧客を増やすには、供給エリアを広げる必要もあるわけです。

そのため、都市ガスの自由化には、都市ガスの供給エリア拡大も期待できるのです。

これまでプロパンガスだけだった地域にも、都市ガスが供給される日がくるかもしれません。

ガス自由化のデメリット

ここまでガス自由化の影響の、良い面を見てきました。

でも、何事にもメリットもあれば、デメリットもあります。

 

ガス自由化のデメリットとは

  • 都市ガスは供給エリアが限られているので、自由化の恩恵を受けられる人が少ない
  • 地方ではガス会社の選択肢が少なく、結局ガス会社を選べないこともある
  • ガス料金が上がる可能性もある
  • 安定供給に不安が出る可能性もある
  • 料金プランの選択肢が多すぎて、迷ってしまうこともある
  • 契約期間中に解約すると、解約金や手数料などがかかる場合もある

といったことです。

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

デメリット1 ガス自由化の恩恵を受けられる人が少ない

都市ガスは、ガス管が整備されている所でないと利用できません。

つまり、ガス自由化の恩恵を受けられるのも、

『都市ガスを利用できる地域の人』

に限られてしまうわけです。

都市ガスの普及率は、約50%。

といっても、国土面積にすると、約6%くらいの地域でしか使われていません。

この6%以外の地域に住む人は、ガス自由化といっても、都市ガスが使えるようにならない限り、ほとんど何も変わらないことになります。

 

デメリット2 ガス会社を選べない地域もある

都市部では、新しいガス会社が参入して、料金競争なども活発化するでしょう。

でも、新規参入してやっていきやすいのは、やはり人口の多い都市部。

地方だと、どうしても新規参入する企業も少なくなりがちです。

 

そのため、地域によっては

  • せっかく自由化されたのに新しいガス会社ができず、結局今までのガス会社しかない
  • 今までのガス会社か、新しいガス会社かの2択

ということもありえます。

地方でも新規参入しやすくなるような仕組みが、必要かもしれませんね。

 

デメリット3 ガス料金が上がる可能性もある

ガスの原料は、ほとんどが輸入です。

となれば、原材料の価格や為替の変動なども、料金に影響します。

そのため、今後ガス料金が上がる可能性も、出てきます。

 

でも、原材料価格が変わるのは、自由化前も同じでしょ?

なぜ、自由化されると値上げの可能性が出て来るの?

と思うでしょうね。

自由化前は、法律で企業利益が保護されていました。

また、ガス料金を値上げするには、国の許可が必要だったので、値上げも抑えられていたのです。

 

でも自由化後は、企業利益の保護はありません。

そのため、安い料金を維持するには、企業が努力してコストを減らす必要があるのです。

原材料価格が上がって、コストを減らすのが難しくなれば、値上げもやむなし、ということになります。

 

『ガス自由化』というと、

『ガス会社を自由に選べて、ガス料金が安くなる』

ということが強調されがちです。

でも、

必ずしもガス料金が安くなるばかりではない

ということも、頭に入れておく必要があるでしょう。

 

デメリット4 安定供給は大丈夫?

ガス自由化前は、特定の企業が独占状態でガスを供給していました。

でも、今は新規参入ができます。

となると気がかりなのが、

  • 契約したガス会社が倒産したらどうなるか
  • ガスの質は保たれるのか

ということですよね。

 

もちろん、この2つについての対策はしてあります。

万が一、ガス会社が倒産した場合は、大手ガス会社が埋め合わせる仕組みになっています。

また、ガスの質についても、法律で厳しく決められているので、心配はいりません。

 

ただ、どんな業種でもそうですが、今後、悪徳業者が絶対に出て来ないとは言えません。

「なんだかおかしいな」

と思った時は、消費生活センターに相談してくださいね。

全国の消費生活センター等

 

デメリット5 選択肢が多すぎて迷ってしまうこともある

ガス自由化で、ガス会社も料金プランも増えます。

そして、当然どのガス会社も料金プランも、

「こんなにおトクですよ!」

とアピールしてきます。

 

いろいろなプランがあって、どれもおトクと言われると、迷ってしまいますよね。

ガス会社の人のアピールをうのみにせず、

『自分のライフスタイルにとって、一番いいプランはどれか』

を見極める努力が、消費者にも必要になってきます。

 

デメリット6 解約金や手数料にも注意

ガス会社やプランの中には、

契約期間中に解約すると、解約金や手数料がかかる場合

もあります。

ガスを契約する時には、契約書をよく読むことが大事です。

解約金や解約手数料なども、しっかりチェックしてくださいね。

そもそもなぜガスを自由化したの?

そもそも、なぜ都市ガスを自由化したのでしょうか?

ガス自由化の目的は

  • 天然ガス(都市ガス)の安定供給を確保する
  • ガス導管網を新しく整備したり、相互接続したりすることで、災害時の供給体制を強化する
  • 天然ガスの調達や小売サービスの競争を通じて、ガス料金をできるだけ抑える。
  • 都市ガス会社や料金メニューの選択肢を増やし、利用者が自分で選べるようにする
  • 他の業種からの参入や都市ガス会社のエリア拡大を通じ、イノベーションを起こす
  • 燃料電池など新しいガスの使い方などを提案できる事業者の参入を促すことで、天然ガスの利用方法を拡大する

といったことです。

 

簡単に言うと、

『消費者に、安定的に安くガスを供給する』

ことはもちろん、災害への対応や都市ガスエリアの拡大、新しいガスの使い道の開発などの目的もあって、自由化したのです。

 

もちろん、先にお話ししたように、ガスの自由化は良いことばかりでもありません。

とはいえ、ガスは2017年に自由化されたばかりです。

今後、デメリットを克服しつつ、メリットが活かされ、目的が達成されていくように、期待したいですね。

都市ガス自由化のプロパンガスへの影響は?

都市ガスと並んで家庭で使われているのが、『プロパンガス』

都市ガスの自由化というと、プロパンガスには関係のない話のように思うかもしれませんね。

でも、もしかしたらプロパンガスにも、良い影響があるかもしれません。

 

プロパンガス業界は、長年

  • 料金が不透明
  • 業界の暗黙のルールで顧客の取り合いをあまりせず、競争が起きにくい
  • 業者が自由に料金を決められるため、料金が高くなりがち

などといった問題を抱えてきました。

料金も、地域によっては、とても高くなってしまっています。

 

でも、都市ガスが自由化で安くなることに刺激されて、プロパンガスの適正料金が普及する可能性もあります。

というのも、今後、都市ガスのエリアが拡大すれば、都市ガスに顧客を取られるからです。

プロパンガス業界もさらなる努力をしなければ、都市ガスに乗り換える人が増えるでしょう。

実際、プロパンガス業界では、料金の透明化や『適正料金』での供給といった努力が始まっています。

都市ガスもプロパンガスも、消費者にとって良い料金で供給されるようになると良いですね。

ちなみに…

ちなみに、プロパンガスにも、ガス料金を安くする方法はあります。

それは

ガス会社変更サービスを使って、ガス会社を変更する

という方法です。

ガス会社変更サービスや、プロパンガスの節約方法については、こちらのブログで詳しく書いています。

プロパンガスを使っているあなた、ぜひ読んでみてくださいね。

プロパンガスをオトクに節約するためのブログ

どのくらい安くなるかは状況次第です。

でも、もしガス代が高くて困っているなら、

「うちには都市ガスが来てないから、自由化してもガス代安くできないよね…」

とあきらめず、ガス会社の変更を検討してみてくださいね。

 

ガス会社の選び方

良いガス会社を見つけたい!

良いガス会社を見つけたい!

せっかくガス会社を自由に選べるのですから、いいガス会社を選びたいですよね。

ということで、ガス会社の選び方をお話ししましょう。

ガス会社の上手な選び方

ガス会社を選ぶには、

  1. 今の時点でのガスの使用量や料金プランを確認する
  2. あなたがガスを使う地域で供給しているガス会社を見つける
  3. 料金プランを取り寄せて、比べてみる
  4. 良さそうな会社があったら連絡し、料金などに付いて詳しい話を聞く

というやり方がおすすめです。

 

1.現在の使い方や料金をチェック

ガス会社を選ぶ前に、

  • 今どのくらいの量のガスを使っているのか
  • どんな料金プランを使っているか
  • ガス代は、月々いくら払っているか

を把握しておきましょう。

なぜかというと、他のガス会社の料金プランと比べる時に、実際のガス代や使用量を把握してる方が比較しやすいからです。

もちろん、毎月の検針票を全部集めなくても大丈夫です。

1枚でもあれば、試算もしやすくなりますよ。

 

2.地域を絞ってガス会社を見つける

次に、あなたがガスを使う地域に対応してくれるガス会社を探しましょう。

インターネットなどで探すことができます。

ただし地域によっては、参入企業が少なくて選択肢が少ないこともあります。

 

3.料金プランをチェック

良さそうなガス会社があったら、

ネットやパンフレットなどで料金プランをチェックしましょう。

料金プランを見つけたら、

これまでの使用量などを参考に、試算してみる

のがおすすめです。

具体的に『月にいくらかかるか』わかると、比較もしやすいですよ。

さらに、電気などとのセット割を考えている場合は、電気代なども試算してみてくださいね。

 

ちなみに、料金を比較診断できるサイトもあります。

簡単に診断できるので、利用するのもおすすめですよ。

エネチェンジ

タイナビスイッチ

 

4.ガス会社に問い合わせをしてみる

良さそうな料金プランがあったら、

ガス会社に問い合わせて、詳しい話を聞いてみましょう。

この時に大切なのは

わからないことがあったら、遠慮せずに質問する

ことです。

 

ガス会社の人と実際に話してみると、どんな風に対応してくれるかもわかります。

特に、

  • 素人にもわかりやすく答えてくれるかどうか
  • 誠実に対応してくれるかどうか
  • わからないことはわからないと正直に話してくれるかどうか

といったところがポイントです。

率直に、誠実に対応してくれるガス会社なら、契約後も安心ですよね。

料金プラン以外のチェックポイント

ガス会社を選ぶときには、料金が安いかどうかだけで判断するのではなく、

ガス漏れなど、万が一の時に24時間365日対応してくれるかどうか

が大切です。

もちろん、緊急対応は、法律でガス会社に義務付けられています。

だから、体制が整っているのは当然と言えば当然です。

でも念のため、いつでも緊急対応できる体制があるかどうかは、確認しておきましょう。

 

次に大切なのは、

契約年数の縛りや、解約料などの規定があるかどうか

です。

契約年数の縛りがあると、ガス会社を変えにくくなることもあるので、これもしっかり確認してくださいね。

 

その他には、

  • キャッシュバックなどのキャンペーン
  • クレジットカードなどのポイントが付くかどうか
  • ガス会社の実績

などもチェックして選ぶと良いでしょう。

 

ガス会社変更で損をしないために

ガス会社やプランを選ぶときには

デメリットがあるかどうかをしっかり考えることが大事です。

 

どこのガス会社でも、『安さ』や『オプションサービス』などを強調してきます。

でも、どんなに

「安いですよ、おトクですよ!」

と言っていても、

最終的にはガス会社にきちんと利益が行く仕組みになっています。

もちろん、ガス会社に儲けがあること自体は、悪いことではありません。

でも、たとえば

  • 言われるままに契約したら、いらないサービスまでついてた
  • おトクだと言われてオプションを付けたけど、結局使わなかった

というようなことがあったら、損しちゃいますよね。

 

なので、

  • 我が家にとって、本当に安くなるのか
  • 本当に必要なオプションかどうか

などもしっかり考えてください。

 

そして、

  • 即決しない
  • 契約を急がせてくる場合は、一旦保留にする
  • 契約書をきちんと読み、わからないことはガス会社に確認する

ということが大事です。

 

冷静に、しっかり考えて、ガス会社やプランを選んでくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2017年4月にスタートした、都市ガスの自由化。

いろいろな企業が参入して、それぞれに創意工夫を凝らして、サービスが展開されています。

 

ガス自由化に期待できる一番のメリットは、

『料金が安くなること』

でしょう。

消費者にとっては、一番大事なことではないでしょうか。

また、都市ガスのエリアが拡大されることも、期待されています。

 

一方で、

  • 企業利益が保護されなくなったため、料金が値上がりする可能性もある
  • ガス自由化の恩恵を受けられる人が少ない可能性が大きい
  • 地域によっては、ガス会社の選択肢が少ないまま

というデメリットもあります。

 

もっとも、ガス自由化は、まだまだ始まったばかりです。

これから消費者にとって良い方向に行くように、期待したいですね。

 

そして、ガス会社を選ぶときには

料金だけでなく、いろいろなことを総合して、冷静に考えて選ぶ

ことが大切です。

じっくり考えて、あなたのライフスタイルに合ったプランを選んでくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Metasequoia

猫と楽器演奏が大好きな、好奇心旺盛なおばちゃんです。音楽や文章を含め、手を動かすこと、何かを作ることが好きで、最近はソーイングや木工なども。生活や人の心、健康のこと、自然や世の中のことなど、いろいろなことに興味があります。モットーは『ひとまずやってみる』、好きな言葉は『なるようになる』。記事も、楽しんで書いていこうと思います。

-生活

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.