雑学

チンピラやヤンキーなど不良に絡まれた時の正しい対処法を紹介!

投稿日:

チンピラ・ヤンキー 対処法

日頃、普通に生活していても、

『チンピラ・ヤンキーに絡まれる』

という経験をした人も、いるのではないでしょうか。

 

夜のコンビニや、駅のホームなど、

『たまたま行った場所で出くわす』

ことで、絡まれることが多いとされているようです。

もちろん、絡まれないことが1番ですが、

『どうしても絡んでくる場合』

は、何とかして対処しなければなりません。

 

そこで、今回は、

『チンピラやヤンキーに絡まれた場合の対処法』

について紹介します。

役立つ場面があるかもしれないので、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

チンピラやヤンキーなど不良に絡まれたときの対処法とは?

チンピラやヤンキーは、

『問答無用で絡んでくる』

ことが多く、なかなか厄介なものです。

 

ですが、

『正しい対処方法』

をすることで、上手くかわすことも可能となります。

人が多い方向に逃げる

これは、街中で絡まれたときに有効なもので、

『人が多い方向に逃げる』

というものがあります。

 

そもそも、チンピラやヤンキーに絡まれないためには、

『人が少ない場所には行かない』

という前提があり、これを守れば、絡まれることは少ないのです。

その為、もし夜の街を歩くにしても、

『人が多くいる場所だけを歩く』

など、自分1人で行動しないことが重要になります。

 

それでも、絡まれるときは絡まれるのですが、このときは、

『人が多い方向に逃げる』

ようにしましょう。

 

チンピラやヤンキーは、

『人目が多い場所では、絡みづらい』

と考えることが多いです。

また、もし絡み続けていても、

『周囲の人が、目撃者になる』

ため、後々、警察などに事情を説明しやすくなります。

 

数は力になるため、絡まれたときは、

『なるべく人の目を利用する』

ようにしましょう。

すぐに通報する

チンピラやヤンキーに絡まれたと感じたら、

『すぐに通報する』

ようにしましょう。

 

相手となるべく距離を取りながら、

『110番に電話を繋げておく』

ことで、相手と自分の状況を伝えることが出来ます。

余裕があるなら、

『現在地と状況をすぐに知らせる』

ことで、迅速に対処することが出来ます。

 

また、このとき、

『相手が通報させまいと襲い掛かってくる』

ことも考えられます。

そんな時でも、110番に繋いでさえいれば、

『状況を間接的に伝えることが出来る』

ため、絡まれたらすぐに通報するようにしましょう。

 

もし、この方法を使って、

『チンピラやヤンキーが怯んで逃げた』

場合も、相手の顔や絡まれた状況を確認しておくことをおすすめします。

駆けつけた警察官に、状況を説明しておけば、

『今後、別の案件で捕まる可能性がある』

ため、同じように絡まれることが少なくなるかもしれません。

相手とまともに会話しない

チンピラやヤンキーが絡んできたら、

『まともに会話しない』

ことも、対処法の1つになります。

 

何か因縁をつけてきても、

「誰ですか?」

などと言って、会話を繋げないようにしましょう。

会話が成立しない状況が続けば、

『相手の方から、離れていく』

こともあります。

 

また、

『会話が通じないふりをする』

ことも、対処法としては有効です。

少し変な言動を繰り返すことで、

「こいつはやばい奴だ」

と思わせてしまえば、積極的に絡んでくることもなくなります。

 

相手のペースに乗ることが、最も危険なので、

『常に自分のペースに引き込む』

ことが、重要になってきます。

堂々としている

チンピラやヤンキーは、基本的に、

『弱そうな人に絡む』

ことが多いです。

 

その為、絡まれやすい人は、

『印象が弱そうに見える人』

となってくるのです。

 

ですが、それが理由で絡まれたとしても、

『堂々としている』

ことをおすすめします。

相手に対して、少しでも弱気な態度を見せてしまえば、

『どんどんつけ込まれる』

ため、内心怖くても、常に堂々としている姿勢を見せてください。

 

これにより、相手も、

「見た目以上に手強いかもしれない」

と思い、身を引く可能性があります。

弱腰は、相手を調子づかせるだけなので、

『態度だけでも、堂々とする』

ことを、おすすめしますよ。

体は鍛えておく

暴力を振るってしまえば、

『絡んできた相手と同類』

になってしまいます。

 

ですが、威圧感を少しでも出すために、

『体を鍛えておく』

ことは、重要なことなのです。

相手が、有無を言わさず殴りかかってきた場合、

『最低限、身を守れる力は必要になる』

でしょう。

 

また、対処された側は、その力次第では、

「敵わないかもいしれない」

と、悟ってしまう可能性もあり、そのまま退散することも考えられます。

 

相手をするにしても、逃げるにしても、

『体を鍛えていなければ、かなり不利になる』

ため、日頃から鍛えておくことをおすすめしますよ。

大きい音を出す

絡まれたと思ったら、

『何か大きい音を出す』

ことも、良い対処法となります。

 

大きい音が鳴り続けていれば、

『周囲の人が、異変に気付きやすい』

ため、絡んできた相手も怯む可能性があります。

 

音の出し方は、何でもよく、

  • 大声を出す
  • 防犯ブザーを鳴らす

など、様々な方法があります。

とにかく、相手を怯ませるような音を出すようにしましょう。

 

相手側としては、

『自分たちが絡んだ場面を、あまり見られたくない』

ので、退散する可能性が高くなります。

口を塞がれる可能性も考慮して、

『音が出せる準備をしておく』

ことをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『不良に絡まれたときは、直接手出しはしないようにする』

ということが言えます。

 

1度でも、まともに対応してしまうと、

『相手の土俵に引きずり込まれる』

ことになり、不利な状況に追い込まれるでしょう。

その為、出来る限り、

『自分で手を出さずに済む方法』

を考える必要があります。

 

常に、自分のペースで対応していけば、

『穏便に対処しやすくなる』

ため、紹介した方法を試してみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.