ガジェット

iPhoneの充電ができない増えない遅いなど不安定な原因と対策対処法

投稿日:

iPhone 充電 不安定

スマートフォンが普及している昨今、特に使われているのが、

『iPhone』

となるでしょう。

 

毎年、新しいモデルが出ており、

『幅広い年代に人気があるスマートフォン』

として、多くの人が使っています。

そんなiPhoneなのですが、時折、

『充電が上手く行かない』

こともあるでしょう。

充電できなければ、色々と困りますよね。

 

そこで、今回は、

『iPhoneの充電が不安定になる理由』

について紹介します。

充電で困っている人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

iPhoneの充電が不安定になる原因と対策

iPhoneを充電しようとすると、

『充電がいまいち上手く行かない』

ことは、よくあるものです。

 

それぞれのiPhoneにもよりますが、

『充電方法や保管方法、内部での不具合』

などが、関連していると言えるでしょう。

考えられる可能性を、1つずつ確認していきます。

バッテリーの劣化

まず、考えられるのは、

『iPhoneバッテリーの劣化』

です。

 

iPhoneに限らず、スマートフォンは、

『使い続けていると、どんどんバッテリーが悪くなる』

ため、充電が思うように出来なくなるのです。

特に、気を付けなければならないことが、

『バッテリーの温度変化』

でしょう。

 

通常、iPhoneは、

『充電時に少しだけ熱くなる』

仕様となっています。

その為、人がやけどを負うほどの熱さにはならないように作られています。

ですが、古くなったバッテリーは、

『限度を超えて熱くなる』

こともあります。

 

また、古いバッテリーを使い続ければ、

『バッテリーが思うようにたまらない』

ことも多くなってくるのです。

しかも、熱くなりすぎたバッテリーは、

『80%しか充電されない』

ようにもなっています。

 

確実に充電したいなら、

『バッテリーの定期交換』

を、行うようにしましょう。

電源タップやUSBポートの不具合

充電が不安定になる原因に、

『電源元の不具合』

があります。

 

電源を引いている場所が、

『電源タップやUSBポート』

の場合、たまに接触が悪くなるときもあるのです。

パソコンなどで充電しているときに、よく見られますね。

 

この場合は、

『家庭電源から、直接充電する』

ようにしましょう。

 

家に備え付けられている電源なら、

『ほぼ確実に、充電を行うことが出来る』

ため、試してみてください。

ケーブルの接触不良

iPhoneを充電する際、

『Lightningケーブル』

を使うでしょう。

 

購入した時についてくるケーブルですが、使い続けていると、

『接触不良を起こす可能性』

があるのです。

主な原因は、断線などでしょう。

こうしたケーブルは、

『充電時、本来の性能を発揮できない』

ため、様子がおかしいと感じたら、すぐ交換するようにしましょう。

 

また、この時に注意することで、

『iPhoneが認めているケーブルを使う』

というものがあります。

 

iPhoneが認めるケーブルというのは、

  • 純正品のケーブル
  • MFI認証されているケーブル

となります。

特に、MFI認証という言葉に馴染みが無いかもしれませんが、

『ケーブルを購入するとき、確認できる』

ため、この表示を探してみましょう。

 

これら2つ以外のケーブルを使った場合、

『規格に合わず、充電が遅くなる』

こともあります。

しっかりと、ケーブルを選んでみてくださいね。

電源アダプタの力不足や不備

iPhoneを充電する際、ケーブルを、

『電源アダプタ』

に差し込んでいると思います。

 

ですが、この電源アダプタ次第では、

『充電スピードが不安定になる』

ことがあるのです。

ケーブルさえ差し込めれば、

『どんな電源アダプタでも、充電は可能』

ではあります。

また、

『どれだけのワット数を出せるか』

でも、充電スピードは変わってくるでしょう。

 

他にも、

『長く電源アダプタを使う』

ことによって、不備がある可能性もあります。

 

やはり、1番良いのは、

『比較的、新しい純正品』

なので、なるべく購入しておくようにしましょう。

iPhone自体の不具合

iPhoneを充電が、なかなか進まない理由としては、

『本体の不具合』

も考えられます。

 

何らかのトラブルで、充電機能が働いていないこともあるので、

『再起動』

などで、様子を見るようにしましょう。

それがダメなら、

『Appleストア等で修理してもらう』

ことをおすすめしますよ。

余計な機能を停止する

iPhoneに限らず、ほとんどのスマートフォンは、

『自動で、様々な機能を使っている』

ことが多いです。

 

その為、知らないうちに、

『無駄な電力を浪費している』

ため、充電が上手く出来ないこともあります。

この状態を解消するには、

  • アプリを全て切る
  • 機内モードにする
  • 電源をオフにする

という方法があります。

 

特に、機内モードは、

『通信関係の機能を、全て切る』

ことができ、充電を早くすることが出来るのです。

1番は、電源を切ることなのですが、機内モード同様、

『充電中、外部と連絡が取れなくなる』

ため、出来るだけ、電源はつけたままの方が良いでしょう。

 

その分、余計なアプリを切るなどすれば

『連絡体制を取ったまま、充電を安定して行う』

ことが出来ますよ。

ホコリなどを取り除く

充電が不安定になる原因に、

『充電ポートの汚れ』

があります。

 

充電ポートは、基本的に、

『穴が空いたまま』

の状態であることがほとんどです。

その為、ホコリ等が溜まりやすくなっています。

 

これでは、充電するときの妨げになってしまうので、

『定期的に掃除をしてあげる』

ようにしましょう。

故障しないための対策にもなるので、おすすめですよ。

 

iPhoneの充電が、『できない・増えない・遅い』は解消できる

iPhone 充電 解消できる

iPhoneの充電について紹介してきました。

様々な原因がありましたが、なぜ充電が不安定なのかを、

『1つずつ考えていく』

ことで、問題は解消出来るようになっているのです。

 

充電が不安定だからといって、

『すぐに買い替えを考える』

人もいますが、この場合、無駄にお金を使う可能性が大きくなるかもしれません。

その為、

『結論を急がず、原因を探る』

ようにして、iPhoneを大切にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『充電ができない原因は、よく探せば見つかることが多い』

ということが言えます。

 

iPhoneなどの機器は、近年、

『急速に発展してきたもの』

です。

その為、機器の進化に、

『人がついていけてない』

こともあるでしょう。

 

ですが、今回の充電の件だけでなく、

『自分が使っている機器を、少しずつ知る』

ことで、何が起きても対応することが出来ます。

iPhoneをよく知って、しっかりと使いこなしてみてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ガジェット

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.