時事

アマゾンのフィッシング詐欺の手口と対策や見分け方をチェック!

投稿日:

アマゾン フィッシング詐欺 手口・対策

普段、ネットショッピングをしている人は、

『アマゾンを使う人』

が多いのではないでしょうか。

 

品揃えが、果てしなく豊富であり、

『即日配達にも対応している』

ため、かなり便利なものとなっています。

ですが、そんなアマゾンにも、

『詐欺の魔の手が潜んでいる』

ことを、知っているでしょうか。

 

そこで、今回は、

『アマゾンを装った、フィッシング詐欺の手口と対策』

について紹介します。

被害に遭わないためにも、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

アマゾンにおけるフィッシング詐欺の手口とは?

アマゾンは、

『日本中の人が利用する、大手ネットショッピングサイト』

となっています。

 

その為、多くの人から、

『信頼を寄せられている』

と言えるでしょう。

ですが、その信頼を逆手に取り、

『詐欺を行っている集団』

がいるのは、確かな事実なのです。

まずは、そんなフィッシング詐欺の手口について紹介していきます。

商品の代金を支払っていない

まず、最初の手口は、

『商品の代金を支払っていない』

という文面で、メールが来るというものです。

 

この場合、多くの人が、

『そもそも、アマゾンで買い物をしていない』

ということが多いです。

ですが、そんな心理を逆手に取り、

「以前、何か買っていたかも」

と思わせることが、この詐欺の目的と言ってもよいでしょう。

 

この詐欺で送られてくるメールには、

「支払い状況を確認するために、ログインしてください」

という文面が、セットで付いてきます。

そこで何も考えずに、ログインしてしまうと、

『IDとパスワードを抜き取られる』

ということなのです。

不正ログイン

次の手口では、

『誰かが不正ログインをしてきた』

という内容で、メールを送ってくる手口です。

 

自分のIDとパスワードを使って、別の誰かがログインしたと思い込ませ、

『ログイン画面に誘導する』

ことが目的となっています。

法的手続きを取る

次の手口は、

『フィッシング詐欺では、よく見られるもの』

となっています。

 

特に、関係なくても、

「法的手続きを取らせていただきます」

という脅し文句を、メールで送信してくるのです。

 

主に、

『料金の未納』

を理由にしていることが多く、これも、ログイン情報を抜き取る常套手段なのです。

購入した商品の確認

アマゾンを利用している人は、

『購入確認メール』

を、よく確認しておきましょう。

 

アマゾンで商品を購入すると、

『購入確認のメールが、本人に届く』

のですが、これに扮して、詐欺メールを送ってくることもあるのです。

アマゾンを利用していると、引っかかりやすいでしょう。

アマゾンギフト券で支払い請求する

アマゾンには、

『アマゾンギフト券』

というものが存在しています。

 

この券を使えば、

『アマゾンで買い物をするときに、代金を支払わなくて済む』

ようになっているものですね。

 

ですが、詐欺の中には、

『未納料金を、アマゾンギフト券で支払わせようとする』

ものがあるのです。

基本的に、本当のアマゾンは、

『支払い請求を、アマゾンギフト券で請求することはない』

ため、ほぼ詐欺だと考えてよいでしょう。

アマゾンを装って、電話をかけてくる

詐欺手口の中には、

『アマゾンを騙って、電話をかけてくる』

ものもあります。

 

ですが、ほとんどの場合、

『直接、電話をかけてくることはない』

ため、基本的には詐欺だと思ってよいでしょう。

フィッシング詐欺の対策や、本物との見分け方とは?

フィッシング詐欺 対策 見分ける

アマゾンに関係する、主なフィッシング詐欺の手口を紹介しました。

ここからは、

『フィッシング詐欺に遭わないための対策と見分け方』

について紹介していきます。

公式発表されているメールアドレス・電話番号以外は無視する

詐欺メール・電話が多い、アマゾンのフィッシング詐欺ですが、対策として、

『公式が使っているメールアドレス・電話番号以外は無視』

をするようにしてみてください。

 

アマゾンでは、

『連絡用に、特定のメールアドレス・電話番号が決められている』

ため、それを見れば、詐欺かどうかの判断基準を付けることが出来ます。

 

公式で発表されているものは、

メールアドレス

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

電話番号

  • 090-9009-7540
  • 080-2158-5817

となっています。

これを見て、当てはまらないものは、

『全部無視する』

ようにしてくださいね。

 

また、場合によっては、

『LINEやアマゾンアプリ』

を装って、連絡をしてくるかもしれません。

その場合も、無視するようにしましょう。

文面がおかしいものは、全て無視する

フィッシング詐欺などに使われるメール内容は、

『一部、日本語がおかしくなっている』

ものが多いです。

 

片言だったり、文法がめちゃくちゃだったりするため、

『あからさまに変なメールは、無視する』

ようにしましょう。

高圧的な内容のものでも、対応は同じです。

アマゾンに確認を取る

少しでも、怪しいメールや電話が来れば、

『何かする前に、アマゾンへ連絡を入れる』

ようにしましょう。

 

大元に聞いてしまえば、

『詐欺かどうかは、すぐに判別できる』

ようになります。

万が一、本物の場合でも、

『連絡すれば問題は起きない』

でしょう。

周囲の人に聞く

自分で、詐欺かどうか見分けがつかないときは、

『周囲の人に聞いてみる』

ことも重要です。

 

1人で抱え込むと、

『不安に駆られて、対応してしまう』

こともあるのです。

家族でも、友人でも良いので、

『1人考え込まずに聞くこと』

が、詐欺被害を避ける方法となります。

即決しない

詐欺かどうか分からない場合は、

『即決して、対応しない』

ことが重要です。

 

まず、一呼吸おいて、

『内容をよく考える』

ことで、冷静な判断が下せるようになるでしょう。

詐欺とは、

『人の心の隙を狙うもの』

であるため、極力、隙を見せないことが重要なのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『少しでも怪しいと感じたら、まずは詐欺を疑う』

ということが言えます。

 

アマゾンに関する詐欺だけでなく、

『世の中には、多くの詐欺手口が存在している』

ものです。

それらの被害に遭わないためには、

『常に、詐欺の可能性を考えておく』

必要があるでしょう。

 

警戒することで、冷静な判断が下せるようになるため、

『怪しいと感じたら詐欺』

だと、覚えておいてください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.