言葉の意味・語源・由来

特長と特徴の定義・意味の違いをチェック!使い方の具体例を紹介!

投稿日:

特長・特徴 定義 意味の違い

漢字の中には、

『似たような使い方をするもの』

が存在しています。

 

日常的に使っていても、

『使い方が間違っている』

ときがあるのではないでしょうか。

そんな使い方に迷う漢字の中に、

『特長・特徴』

というものがあります。

 

そこで、今回は、

『特長・特徴の定義や意味、正しい使い方』

について紹介します。

使い方に迷っていた人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

特長・特徴の定義や意味の違いとは?

特長・特徴はどちらも、

『とくちょう』

と読むことが出来ます。

 

また、読み方だけでなく、

『使い方も同じになっている』

ことがあるため、なかなか区別がつけにくい漢字ということが言えるでしょう。

そこで、まずは、

『それぞれの漢字の定義や意味』

を紹介していきます。

特長の定義や意味

まず最初に、

『特長』

という漢字について紹介します。

 

特長とは、

『物や人の中で、最も優れている部分』

を意味しており、いわゆる長所のことを指します。

言葉の中に、

『長』

の漢字が使われていることから、見分けるときは、この漢字を目印にすると良いでしょう。

 

他より優れている点を意味するため、

『履歴書などで、自分の長所を紹介する』

場合に使うと良いでしょう。

特徴の定義や意味

次に、

『特徴』

についても紹介していきます。

 

特徴という漢字は、

『良し悪しは別にして、際立って目立つ部分』

を意味します。

 

体や物、その他全てに対して、

『他とは違う部分』

が、必ずといって良いほど存在しています。

それを見つけて、説明するときには、

『特徴を使う』

方が良いでしょう。

 

また、先程紹介した特長のように、

『長所か短所か分からない』

ときにも、この特徴を使ってみると良いでしょう。

 

特長と特徴は、使い分けのコツがある

特長・特徴 使い分け コツ

特長と特徴の定義や意味の違いについて紹介しました。

意味の違いが分かれば、

『どんな時に使えば良いのか分かる』

ため、ぜひ覚えておきましょう。

 

また、この2つの漢字を使うとき、

『使い分けのコツ』

というものもあるので、併せて紹介しておきます。

迷ったら、『特徴』を使う

何かを紹介する文章を書いていると、

『紹介したい部分が、最も良い部分なのかどうか判断しにくい』

ことがあると思います。

 

そんなときは、迷わず、

『特徴』

の方を使うようにしましょう。

 

特徴は、先程も紹介したように、

『良し悪しに関わらず、際立って目立つ部分』

を意味する漢字となっています。

その為、

『目立つ部分ではあるけど、良いか悪いかは判断がつきにくい』

ことがある文章に、うってつけなのです。

 

特に、ビジネスシーンなどで、自分が良い点と思って紹介したものが、

『相手にとっては、あまり良いものではなかった』

ときなど、特長の方を使っていると、悪い印象を与えかねません。

 

確実に、最も優れた点という確信が持てない以上、

『特徴』

を使うようにしましょう。

アピールする点では、惜しみなく『特長』を使う

万能な印象がある特徴と比べて、特長の方は、

『使いどころを考えるべき漢字』

となります。

 

特に、プレゼン資料などで使う場合は、

人によっては、使い方が違うと指摘される

こともあります。

これでは、相手に悪い印象を与えてしまいますよね。

 

その為、たまに、

『特長を使わず、特徴の方だけで書いている』

人もいます。

これはこれで、無難な選択なのですが、

『特長という漢字を使わないことが、不自然に写る』

こともあるのです。

 

その為、

『本当に優れた点を紹介するときは、特長をしっかりと使うようにする』

ことが、相手から高評価を得るためのコツとなります。

少し限定されますが、

『漢字の使い方が正しく出来ている』

ということは、その人に対する評価に繋がることがあります。

 

社会人として、しっかり漢字を使うことが出来る人は、

『その他の細かいマナーなどに精通している』

と判断されるため、使うべき時には、特長の漢字を使っていきましょう。

 

特長・特徴を使った例文

ここからは、

『特長・特徴を使った例文』

についても紹介していきます。

しっかりと使い分けて、正しく漢字を使えるようになっておきましょう。

特長の例文

まずは、特長の例文について紹介します。

特長を使う場合の文章は、

  • わが社の洗濯機は、消費電力を削減しても、従来の性能を発揮できる点が特長です。
  • この子の特長は、同じ学年の中で、特に筋力が強いことです。
  • あの人は、誰よりも計算が早く出来るのが特長です。
  • この消しゴムの特長は、他の消しゴムよりも消えやすいことです。

などがあります。

 

どれも、

『最も優れた部分』

を表す文章となっています。

このような場合には、

『特長』

を、しっかりと使っていきましょう。

特徴の例文

次に、特徴の例文です。

特徴を使う場合の例文は、

  • この人は、鼻が少し高いのが特徴です。
  • 玉ねぎは食べられるけど、にんじんは食べられないのが特徴です。
  • この場所は、降水量が多いという特徴があります。
  • 学校は、竹を使った校章が特徴です。

などがあります。

 

どれも、

『良し悪しを別にして、目立つ部分』

を表しています。

このように、最も良い部分ではないにしても、

『目立っている部分を紹介したいとき』

には、特徴を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『特長と特徴は、使い方に明確な違いがある』

ということが言えます。

 

特長と特徴以外にも、

『読みが同じで、使い方や意味が違う漢字』

は、多く存在しています。

それぞれの使い方について、しっかりと知っておかなければ、

『思わぬところで恥をかく』

こともあるでしょう。

 

逆に、正確に使うことが出来れば、

『相手からの評価が上がる』

ため、使い分ける癖をつけておくことをおすすめしますよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.