仕事

リモートワークとは?その意味やノマドワークとの違いをチェック!

投稿日:

リモートワーク ノマドワーク 違い

現在の働き方は、

『昔とは、かなり違ったものになっている』

と感じる人も多いと思います。

 

昔は、

『会社に出勤して、そのまま働く』

ということが普通でした。

ですが、今の働き方は、

『リモートワーク』

と言われ、必ずしも会社で勤務する必要はなくなっています。

 

似たような仕事に、

『ノマドワーク』

というものもあり、これからさらに浸透していくことが予想されます。

 

そこで、今回は、

『リモートワークやノマドワークの意味』

について紹介していきます。

改めて確認しておきたい人も、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

リモートワークの意味とは?

まず最初に、リモートワークの意味について紹介します。

リモートワークとは、

『会社以外の場所で、仕事をすること』

を指しており、その働き方は、様々なものがあるのです。

 

この説明を聞いた人は、

「会社にいなくて仕事が出来るのか」

と考えることもあるようです。

 

ですが、文明が発達したこの時代、

『会社にいなくても、仕事をすることは十分出来る』

のです。

パソコンとネット環境があれば、大抵のことは出来る

ここ十数年で、

『パソコンやネット環境は、急激な進歩を遂げた』

ため、様々なことが便利になりましたよね。

 

日常生活の、様々なことが円滑に動くようになり、

『遠い相手との連絡も、簡単に取れるようになった』

ので、出来ることがかなり多くなりました。

 

そして、パソコンとネットの進歩は、

『仕事のあり方も、大きく変えることに繋がっている』

のです。

 

ネットだけで完結する仕事は、

  • 書類作成
  • 業務連絡
  • 会議
  • 決済
  • 取引

など、様々なものがあります。

 

もちろん、相手と直接会って話すことも重要ですが、

『日常的に行われている仕事は、ほとんどネットで完結する』

ようになっています。

その為、パソコンとネット環境があれば、

『たとえ会社に行かなくても、自宅や他の場所で仕事が出来る』

ということになるのです。

 

これが、今回のテーマでもある、

『リモートワーク』

の大まかな仕事方法となります。

 

リモートワークとノマドワークの違いは何か?

リモートワーク ノマドワーク 違い

リモートワークのことについて、紹介しました。

ここで疑問になることとして、

「ノマドワークと何が違うのか」

ということです。

 

これは、多くの人が疑問に思っていることなのですが、結論から言うと、

『そこまで明確な違いはない』

ということになります。

ノマドワークとは

そもそも、ノマドワークと呼ばれる働き方の意味としては、

『特定の場所で仕事をせず、様々な場所で仕事をする』

ことを指しています。

 

この意味を見ていると、

『リモートワークとの違いはほとんどない』

ということが分かると思います。

もちろん、これは大まかな意味であり、中には、

『自分の職場がある』

という人も存在しています。

 

ですが、常に同じ場所で働いているわけではなく、

『自宅で働いたり、出先で働いたりする』

ことがあるため、ノマドワークと呼ばれているのです。

リモートワークとノマドワークの意味は、同じと考えて大丈夫

ノマドワークの意味について紹介しました。

こうして見ていくと、

『リモートワークとノマドワークの違いは、ほとんどない』

という結論に至ると思います。

 

どちらも、

『仕事場にいない状態で、仕事をしている』

ため、結局は同じものと言えるのです。

 

ですが、あえて違いがあると言えば、リモートワークは、

『出勤型ではない働き方』

ということが言えます。

 

完全に、会社へ出勤しないというわけではないのですが、

『ほとんど会社にいないまま、仕事を完了している』

ものが、リモートワークと呼べるでしょう。

それに比べて、ノマドワークは、

『会社に所属せず仕事をしている人』

も当てはまると言えるのです。

 

例を挙げると、

  • 自営業
  • フリーランス

などが当てはまりますね。

 

これらの職業は、

『個人で仕事をしていることが多い』

ため、仕事の場所は、あまり関係ないことが多いのです。

つまり、

『ノマドワーク』

と呼ぶことができ、仕事場に縛られることがない働き方となります。

 

このように、リモートワークもノマドワークも、

『少し意味に違いがあっても、根っこは同じ』

というわけですね。

 

リモートワークとノマドワークは、メリットだけではない

リモートワーク ノマドワーク メリットだけではない

リモートワークとノマドワークは、あまり違いのないものだと紹介しました。

そして、これらの働き方は、

『様々なメリットを生み出す』

と言われています。

 

例を挙げると、

  • 交通費の削減
  • オフィスの削減
  • 生産性の向上
  • 時間の自由
  • 社員の仕事環境改善

などが挙げられます。

 

ですが、メリットがあると同時に、

『リモートワークやノマドワークならではのデメリット』

も存在するのです。

主なデメリットは、

  • 連絡が取れなくなる
  • コミュニケーションが少なくなる
  • データ管理の危険性

などが考えられるでしょう。

 

特に、職場にいない場合、

社員との連絡方法は、メールか電話のみ

となります。

姿が見えなければ、どこにいるかも分からないため、

『すぐに連絡を取りたいときに、連絡が取れない』

という事態にもなりかねません。

 

ですが、このデメリットは、

『社外で働く営業マンなどにも当てはまる』

ため、リモートワークやノマドワークだけの問題でもないのです。

 

そもそも、リモートワークやノマドワークは、

『まだまだ新しい働き方』

なので、改善の余地は大いにあるでしょう。

これから先、例に挙げたデメリットに対して、

『解決策が考えられる』

ことも予想されます。

 

画期的な働き方であることに、間違いはないので、

『メリットをしっかりと活かせる』

ような仕事制度を、作ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『リモートワークとノマドワークに、広い意味では違いはない』

ということが言えます。

 

どちらの働き方も、

『場所を選ばず、働くことが出来る』

ものであり、これまでとは違う働き方となります。

そして、これから先、

『会社にいなくても働ける時代』

が、本格的に来ると考えられるでしょう。

 

今までの常識に囚われず、

『新しい働き方に順応する』

ようにしていくことを、おすすめしますよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-仕事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.