野球

プロ野球2019年シーズンの日程を紹介!ペナント開幕や交流戦はいつ?

投稿日:

もうすぐ球春到来、プロ野球の2019年シーズンが始まります。

2019年のペナントレースを制するのは、一体どこのチームなのでしょうか?

また、2018年と2019年とでは、ルールの変わった部分(主に交流戦)もあります。

当記事では、プロ野球2019年シーズンの日程を紹介していきます!

アドセンス

スポンサーリンク

プロ野球2019年シーズンの日程紹介!

プロ野球2019年シーズンの日程を詳しく見ていきます。

まず、開幕前の日程にも触れておきますね。

2月23日(土) ~ 3月24日(日)

までの間で、オープン戦がおこなわれますが…

それだけでなく、オープン戦の途中である3月9日(土)、10日(日)に、

京セラドーム大阪で、日本代表VSメキシコ代表の侍ジャパンシリーズ

が開催されます。

なので、日本代表に合流する予定の選手は、オープン戦に出てくるのは日程終了後の後半になりそうですね。

侍ジャパンの試合、そしてオープン戦が終わると、いよいよプロ野球2019年シーズンのペナント開幕となります!

プロ野球2019年シーズン開幕戦

3月29日(金)

ペナント開幕は3月29日です。

セ・パ同時開幕です!

昔はセ・リーグとパ・リーグで開幕日がズレていたことがありましたが、今は完全に同時開幕で定着しましたね。

日本生命セ・パ交流戦

6月4日(火) ~ 6月23日(日)

※予備期間が6月27日(木)まで設けられています。

 

2019年の交流戦から、一部ルールが変更となります。

ルールと言っても、賞金という部分ですが。

2015年から2018年までは、交流戦の賞金は、

  • 勝ち越したリーグの1位球団:1000万円
  • 2位:500万円
  • 3位:400万円
  • 4位:300万円
  • 5位:200万円
  • 6位:100万円
  • 12球団最高勝率球団:500万円

という方式になっていたのですが…

2019年のセ・パ交流戦からは、

2014年以前のルールである、

賞金3000万円を最高勝率球団(要するに1位)が総取り

という形になります。

正直なところ、開始当初は採用されていたこのルールのままでよかったと思いますが…

2018年は、最高勝率のヤクルトが500万円を手にしましたが、オリックスは勝ち越したパ・リーグ内で1位だったので1000万円をもらっています。

これでは、ヤクルトが不憫でなりません…。

フレッシュオールスター・ゲーム

7月11日(木) (未定)

予備日:7月12日(金)

オールスター・ゲーム

第1戦:7月12日(金) 東京ドーム

第2戦:7月13日(土) 阪神甲子園球場

予備日:7月14日(日)

 

2019年のオールスターは、東京ドームと甲子園という、ライバル同士の球場で開催されます。

どちらもセ・リーグの球場でやるのは久しぶりなのではないでしょうか。

ファーム日本選手権

10月5日(土) (宮崎県内・予定)

10月6日(日) 予備日

クライマックスシリーズ ファーストステージ

第1戦:10月5日(土)

第2戦:10月6日(日)

第3戦:10月7日(月)

10月8日(火) 予備日

クライマックスシリーズ ファイナルステージ

第1戦:10月9日(水) 

第2戦:10月10日(木)

第3戦:10月11日(金)

第4戦:10月12日(土)

第5戦:10月13日(日)

第6戦:10月14日(月)

10月15日(火)、16日(水) 予備日

※リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージがあります。

日本シリーズ

第1戦:10月19日(土) パ・リーグ出場チーム本拠地球場

第2戦:10月20日(日) パ・リーグ出場チーム本拠地球場

第3戦:10月22日(火) セ・リーグ出場チーム本拠地球場

第4戦:10月23日(水) セ・リーグ出場チーム本拠地球場

第5戦:10月24日(木) セ・リーグ出場チーム本拠地球場

第6戦:10月26日(土) パ・リーグ出場チーム本拠地球場

第7戦:10月27日(日) パ・リーグ出場チーム本拠地球場

 

これで、2019年シーズンはは終了です。

その後は、以下のイベントが開催されます。

第16回みやざきフェニックス・リーグ

10月7日(月) ~ 10月28日(月)

WBSC プレミア12

11月2日(土)~11月17日(日)

 

2019年は、シーズン後にプレミア12が開催されます。

とは言っても、この大会で真剣になっているのは日本と韓国だけなので、ドミニカやアメリカは本気を出すことはなく、メジャーリーガーもまず来ませんし、面白みに欠ける大会なのですが…。

(MLBだけでやっていた方が儲かるので、MLBに全力を尽くす考えの選手と球団が大多数なため)

これも、野球というスポーツは、国際的な連盟より1国のリーグであるMLBが実質的な最高権力を持っているがゆえのことなので、仕方ありませんが…。

そもそも、プレミア12自体が、WBSCの財源を賄うために生まれた大会ですからね。

そういった経緯から、筆者は正直、プレミア12については何の魅力も感じていないのでいつも視聴していません。

そろそろ、全ての国が全力でぶつかり合う野球の国際大会を見てみたいものですが…

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

プロ野球の2019年シーズンの日程を紹介しました。

2019年のペナントレースはどのチームが制し、日本一になるのはどこなのか!?

今から開幕が待ち遠しいですね!

日程が大きく変わった部分はありませんが、2019年は4年に1度開催されるプレミア12があります。

MLBのスカウトも来日して、それぞれの国の有望株をチェックしに来るので、メジャーリーグ挑戦を目指す選手にとってはよいアピール機会になりそうですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.