著名人

ラファエルのYouTube動画チャンネルがBAN(凍結)された理由や原因

投稿日:

人気Youtuber・ラファエルさんのメインチャンネルのアカウントが1月22日、BAN(凍結)されたことが判明しました。

200万人を超えるチャンネル登録者数のYoutuberがアカウントBANとは、これだからYoutubeは恐ろしいんですよね。

一体なぜ、ラファエルさんのYoutoubeチャンネルがアカウントBAN(凍結)されてしまったのでしょうか?

当記事では、ラファエルさんのYoutubeアカウントがBAN(凍結)された理由・原因について探っていこうと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

ラファエルのYoutubeチャンネルがBAN(凍結)に!

2019年1月22日に、チャンネル登録者数200万人を超える大手Youtuber・ラファエルさんのメインチャンネルが、

アカウントBAN(凍結)された

ということが判明しました。

アカウントBANなので、動画は全て消えてしまったことになり、ラファエルさんの収益も大幅に減っていくものと思われます。

ラファエルさんはサブチャンネルで謝罪動画を投稿しました。

今後は、料理動画などをアップロードしているサブチャンネルでの動画投稿をしていくとのことです。

「活動方針も見直していくことにした」

と動画内で述べています。

 

これだから、Youtuberというのは安定せず、おすすめの職業と言うことはできないんですよね。

Youtubeの動画は、Googleの裁量1つで削除されたり、広告が剥奪されたり、ラファエルさんのようにアカウントがBANされます。

それがどれだけ有名な動画投稿者であったとしても、Youtubeブランドに影響すると思ったチャンネルなら、Googleは容赦なくその首を切ってきます。

しかも、いつ規約を変更するかわかりませんし、そもそもGoogleは詳しいBAN理由を教えてはくれません。

動画が違反していただけなら、抗議をすることで復活する例はありますが…

アカウントごとBANされてしまったとなると、復活は動画の時よりも難しくなるでしょう。

Youtuberとしてやっていくというのは、Googleという名の気まぐれな王様の独裁政権下で暮らしているようなものです。

まぁ、とはいえ、健全なYoutuberであればラファエルさんのようにアカウントBANされることは少ないので、安心してもいいと思いますよ。

ラファエルさんのアカウントBANの理由・原因を探ってみると、

「これは凍結されても仕方ないな…」

というような事態になっていましたからね。

 

ラファエルのYoutubeチャンネルがBAN(凍結)の原因・理由は?

ラファエルさんのYoutube動画メインチャンネルがBAN(凍結)された理由は、ラファエルさんのメインチャンネルへ移動してみると…

YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました

と表示されています。

ガイドライン違反は、基本的に2回までは警告で済み、3回目の警告でアカウントBANになるとされています。

ラファエルさんの動画は、割と過激なものやグレーゾーンなものが多く、中には炎上したことのある動画もありましたね。

そう考えると、ラファエルさんのチャンネルがアカウントBANされるのも、ある意味で時間の問題だったわけです。

 

では、具体的に、どんなガイドラインに抵触したのが原因で、ラファエルさんはアカウントBAN(凍結)になったのでしょうか?

原因となったと思われるものをいくつか考察します。

 

たとえば、ラファエルさんは

  • 利回り80%越えという水耕栽培の案件紹介
  • 怪しいアプリの紹介

など、危なそうなサービス紹介や金融系の動画をも多く上げていましたよね。

こういった怪しい案件紹介はYoutubeのガイドラインに反するものであり、それを通報されたりすれば、当然ながらチャンネルは警告されるでしょう。

 

次に、ラファエルさんは、大人向けな内容の動画もいくつか投稿していました。

直接的な表現のある動画自体はありません。

しかし、サムネイルでも過激なものを使っていたこともあって、これはYoutubeのガイドラインにある、

『動画に年齢制限を設けたりサムネイルを不承認としたりする場合の考慮事項』

内になる

  • 動画の登場人物のポーズが、視聴者の性的興奮を引き起こすことを意図したものであるかどうか
  • 動画の場合: 胸、臀部または性器(着衣、非着衣にかかわらず)が焦点であるかどうか

に違反しているものと考えられます。

これにYoutube運営が気づく、または通報によって認知した場合も、警告が及ぶでしょう。

ラファエルさんは性的な大人向けの動画を数本ではなく、2ケタに上る数を投稿していたため、それを小出しに通報されるだけで、アカウントBANの対象となります。

 

さらに、最近、Youtubeのガイドラインには新しい規約が追加されました。

危険なチャレンジ動画の投稿を禁止

としたのです。

それが、『有害で危険なコンテンツに関するポリシー』で、ラファエルさんの場合だと、その中の、

  • 深刻な身体的危害のリスクを伴う行動を助長するチャレンジ
  • 深刻な身体的危険があると被害者に信じ込ませるいたずら
  • 重傷につながる可能性のある行為

が見事にクリティカルヒットするわけです。

危険なチャレンジ、いたずら、やってみた系の動画で人気を得たラファエルさんにとって、Youtubeの新しく追加された規約は大打撃だったと思います。

 

これらのことから、ラファエルさんのアカウントBAN理由を考察すると、

ガイドラインに抵触する動画がたくさんあったこと

が原因だと考えられます。

また、過去に炎上を起こしていることから、ラファエルさんの評判はよろしくなく、アンチも当然ながら存在します。

5ちゃんねるには、ラファエルさんの夜のお店系の動画(当然ながらガイドラインに抵触します)をまとめて通報し、その動画が削除されたという証拠画像を載せて報告したユーザーもいました。

炎上系のYoutuberであるため、ガイドラインに抵触するような動画を投稿していれば、目の敵のように通報されまくり、結果的にそれがGoogleの目に留まってアカウントBAN…

ということも十分にありえるでしょう。

要するに、

規約違反、もしくはスレスレの行為はしないに越したことはない

ということですね。

また、アンチが憎む対象を潰すという悪意を持った通報をしたとしても、通報した動画が実際にガイドライン違反をしていた場合、Googleから見ればただのイタズラではなく、正当な通報になるわけです。

グレーゾーンな動画も、

「もしかしたら、これを通報すればワンチャン潰せるんじゃないか?」

と思い通報するアンチもいることでしょう。

怪しい動画を投稿しないに越したことはないですが、それと同時に、敵を多く作ってしまうようなスタイルも、Youtuberとして生きていく場合、やらないほうがいいのでしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

有名Youtuber・ラファエルさんのメインチャンネルがアカウントBAN(凍結)され、動画も全て消滅しました。

ラファエルさんがアカウントBAN(凍結)された理由は、ガイドライン違反をしたためでした。

確かに、ガイドライン違反にスレスレだったり、完全アウトな動画を多く投稿していたラファエルさん。

今後の動画投稿について、

「今後ラファエルチャンネルは人々に迷惑を掛けることはなく、エ◯系や怪しい企業案件は一切やりません」

「過激な動画は一切やめ、クリーンで夕飯どきに家族の方が揃って見れるようなチャンネルを目指します」

と発言していることもあり、原因となった怪しい動画の投稿は、これからやめていくみたいですよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-著名人

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.