食べ物

刺し身とお造りの違いとは?作り方や魚・材料をチェック!

投稿日:

刺し身 お造り 違い

飲み屋や料亭などに行ったとき、

『刺し身』

を注文することがあるでしょう。

 

新鮮な刺し身を食べながら、お酒を飲めば、

『それだけで幸せになれる』

という人も多いのではないでしょうか。

ですが、この刺し身、

『お造り』

と呼ばれることもあります。

この2つに違いがあるのかは、気になるところでしょう。

 

そこで、今回は、

『刺し身とお造りの違い』

について紹介します。

今まで気になってた人も、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

刺し身とお造りの違いとは、意味や語源も合わせて紹介

刺し身とお造りの違いについて、結論から言うと、

『どちらも同じ意味を指す』

ものとなります。

 

実際、刺し身とお造りを想像すれば良いのですが、

『どちらも、魚を切って出している』

と思います。

一見すると、

「なぜ、呼び方を分けているのか」

と考えるでしょうが、これには理由があります。

刺し身は、関東から始まった呼び方

もともと、刺し身という呼び方は、

『関東地方で使われ始めた言葉』

と言われています。

 

当時、魚を切ったものは、

『切り身』

と呼ばれていました。

ですが、武家で調理される際、

『切るという言葉は、あまり良い印象を持たれない』

とされたため、呼び名を変更したとされています。

 

別の呼び方を考えていたところ、

『刺し身』

なら良いのではないかと結論が出たため、この名前になったそうです。

お造りは、京都を中心に広まった言葉

刺し身という言葉が使われ始め、しばらくすると、

『関西にも広まっていった』

とされています。

 

最初は、刺し身が使われていたのですが、

『途中から物言いが出るようになった』

ため、再び名前を変えなければならなくなりました。

 

当時の言い分としては、

「切るも刺すも、あまり良い言葉ではない」

というものがあり、もっとふさわしい名前があると考えられていたそうです。

その結果、生まれた言葉が、

『お造り』

ということですね。

 

正確には、造るという言葉に、御をつけて、

『御造り』

と書き、より丁寧な言葉として浸透していきました。

 

刺し身と呼ばれるものは、『魚だけを意味していない』?

刺し身 魚だけではない

刺し身とお造りの意味や語源について紹介しました。

基本的には、同じものを指しているのですが、

『刺し身を丁寧にした言葉がお造り』

と覚えておいても、特に問題はないでしょう。

 

ですが、刺し身をお造りに変えたはずなのに、

『刺し身という言葉は、そのまま使われる』

ことになっています。

これは、人によって、

『好みが分かれた結果』

なのかもしれません。

 

また、刺し身という言葉は、

『魚以外にも使われるようになった』

ため、今日まで使われ続けたという可能性もあります。

刺し身という言葉は、他の食材にもよく使われる

刺し身と聞けば、

『最初に魚を連想する』

と思いますが、実際は、他の食材にも使われています。

 

例えば、

  • 馬刺し
  • 牛刺し
  • 鳥刺し
  • たけのこ刺し
  • こんにゃく刺し
  • アボカド刺し
  • かまぼこ刺し

などがあります。

基本的に、

『切って並べることが出来るものは、全て刺し身』

となるようです。

 

お造りと違って、

『様々な場面で使える、万能な言葉』

であり、かしこまった言葉にならないのも良いですね。

 

お造りは、材料が『魚介類限定』?

お造り 魚介類限定

何にでも使える刺し身という言葉ですが、それとは違い、

『お造りは、材料が魚介類限定で使われることがほとんど』

という印象を受けます。

 

特に、決まりはないのですが、

『魚を切るだけでなく、他の部位を使って飾り付ける』

ものに、お造りが使われているようですね。

 

確かに、

  • 魚の兜を盛りつけたもの
  • 生きた魚を、そのまま調理して盛りつけたもの
  • 盛り付け皿に工夫して、豪華に見えるようにする

といったものは、ほとんどお造りとなっています。

 

手の込んだものは、

『相手の目をどれだけ楽しませるかが勝負』

なため、お造りという言葉はピッタリかもしれませんね。

 

刺し身は定番!お造りは特別!覚えておけば良い

刺し身は定番 お造りは特別

刺し身とお造りの違いについて、紹介してきました。

この2つは、

『食材を切って盛りつける』

という点で、全く同じものと考えて大丈夫です。

 

ですが、さらに厳密に言えば、

『刺し身は定番、お造りは特別』

というふうに分けることが出来るでしょう。

 

刺し身は、飲み屋でもちょっと高い料亭でも、

『気軽に頼める』

印象が、多くの人についています。

実際、出てくる品も、

シンプルに魚の切り身を盛りつけたもの

がほとんどです。

 

使う食材によっては、

『それなりに値が張るときもある』

のですが、作り方がシンプルなことに変わりありません。

 

それに対して、お造りは、

切り身にプラスして、一工夫加えている

ことが多くなります。

魚の兜をつけたり、捌いた魚の身を受け皿にしたり、

『切り身単体ではなく、見た目も重視している』

ため、造るという言葉が似合うようになるのです。

 

あまり気にする必要もないことではあるのですが、

『注文したとき、違いを確かめる』

ようにすれば、食べる時の楽しみが増えるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『刺し身とお造りは、同じ意味だが違いもある』

ということが言えます。

 

普段、刺し身とお造りは、

『どんなふうに提供されても気にしない』

という人が多いものです。

ですが、少し意味や見た目を考えてみると、

『食べるときの楽しみが増えたり、新たな発見が出来る』

ようになっているのです。

 

次に、刺し身やお造りを注文するときは、

『どんな形で提供されるのか』

を見てみると、面白いかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.