時事

【照射問題】レーダー探知音の公開する日本の目的と韓国の反応をチェック

投稿日:

日本 レーダー探知音公開 目的

最近のニュースで、何かと問題になっている、

『韓国のレーダー照射問題』

ですが、未だに両者の主張が平行線を辿っている状況です。

 

現在は、実務者協議に移っていましたが、

『日本側の最終見解が出された』

ことにより、実質打ち切りになる状況となっています。

また、以前、レーダー照射動画を公開していますが、

『さらにレーダー照射を裏付ける証拠として、レーダー探知音を公開する』

までに至っています。

 

そこで、今回は、

『レーダー探知音を日本が公開する目的と韓国の反応』

について紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

レーダー探知音を公開する日本の目的とその影響は?

そもそも、今回の問題は、

『韓国側が日本の哨戒機に対して、火器管制レーダーを照射した』

ことが発端となっています。

 

また、この行為自体が、

  • 公海上で行われている
  • ミサイルを打つ直前の行為
  • 日本の呼びかけにも応答しない

など、明らかに攻撃意図を持っていることも問題となっています。

 

日本側からすれば、

自分の庭で、いきなり銃口を向けられた状態

となり、抗議するのは当然なのです。

また、この行為に対する証拠を、

『動画という形で、韓国側に提示までしている』

ため、本来なら、これで敵対行為があったことは明確になるはずでした。

レーダー探知音まで公開するのは、韓国側が事実を認めようとしないから

これまでの状況証拠が揃っている状態であるにも関わらず、レーダー探知音まで公開するのは、

『韓国が事実を認めようとしない』

からに他なりません。

 

ですが、少し前までの日本なら、

『たとえ相手が事実を認めようとしなくても、ここまで食い下がることはなかった』

とも考えられます。

 

というのも、日本は韓国側に対して、

『満州国建設・慰安婦問題・徴用問題等、様々なことで謝罪と譲歩を繰り返してきた』

からです。

これは、ひとえに、

『日本側にも非があったと認めた上での誠意』

を見せるために行われたものでしょう。

 

そして、その後ろめたさと、

『東アジア圏の平和維持のため、韓国と協力関係を結ぶ必要性がある』

などの理由から、あまり争いになるようなことは避けてきたのです。

ですが、近年の出来事にもあるように、

  • 慰安婦問題
  • 徴用工裁判

などを通じて、これまでの姿勢ではいけないと、日本が気付き始めた印象があります。

 

敵対する必要はないが、これまで誠意を持って接してきたのだから、

『これ以上、遠慮する必要もない』

と判断したため、今回のレーダー照射問題では、ここまで食い下がっているのだと予想できます。

 

とは言っても、今回の問題に関しては、

『韓国側の非が、世界的に見ても明らか』

なので、謝罪があれば丸く収まる問題でもあります。

おそらく、韓国側から事実認定と謝罪があれば、

『あっという間に忘れられる問題』

でもあるのです。

事実認定だけでも、日本は十分手を引くでしょう。

 

ですが、これまでの日韓関係の性質上、

『韓国が素直に非を認める可能性は、極めて低い』

と言わざるを得ません。

それでも、日本は引き下がるわけにはいかないので、

『さらなる決定的証拠を突き付ける』

ことで、足元を固める意味でも、レーダー探知音の公開を決定したのでしょう。

 

裁判で例えると分かりやすいですが、事実を認めさせるには、

『揺るぎようがないほどの証拠を突きつける』

ことが、最も効果的です。

ですが、国家間の問題は、

『証拠を突き付けても、相手が認めない』

なんてことはよくあるので、効果があるかは微妙なところだとも言えます。

 

それでも、今回の問題は、

『世界的反響も少なくない』

ため、韓国が事実を認めないということが、信用問題にも関わってくるでしょう。

自分の立場を悪くするのは、韓国側になると考えられるため、

『日本が取った今回の行動』

というのは、至極真っ当なものだと言えるのではないでしょうか。

 

レーダー探知音公開に対する韓国の反応

レーダー探知音公開 韓国 反応

今回、レーダー照射問題に対する動画に加えて、

『レーダー探知音の公開』

にまで踏み切った結果となりました。

 

それでは、この一連の行動に対する、

『韓国の反応』

はどんなものになっているのでしょうか。

まともに対応する気はない

レーダー探知音の公開にまで踏み切った日本に対して、韓国の反応は、

『まともに対応する気はない』

という表現が、最も当てはまるかと思われます。

 

韓国は、これまでの証拠動画に対しても、

『否定的な意見を突き付けるだけ』

で、レーダー照射の事実を認めることはありませんでした。

それどころか、

『照射事実はない』

とまで言っている状況です。

 

これだけの事実が揃っている状況で、まだ事実認定をしないということは、

『最初から、事実を認める気はない』

と取られても、しょうがないでしょう。

 

日本と韓国の関係は、

『表面上は友好国』

となっていますが、実情はかなり冷え切っています。

それは、日本と韓国の小競り合いが、

『政治だけでなく、様々な面で見られる』

ことからも、明らかと言えます。

 

ここまで関係性が悪化する要因としては、

『様々な政治的戦略』

が関係しており、短期的な解決は難しいと考えられます。

 

これは、予想というより、誰もが薄々感じていることかもしれませんが、

『レーダー照射問題も、韓国側が事実認定をすることはないまま終わる』

ことになるでしょう。

そして、さらなる関係悪化に繋がっていくことが予想されます。

 

今後、日韓関係を改善できる余地があるとすれば、

『よっぽど衝撃的な出来事』

が起こるしかないと考えられます。

巻き込まれたくないと考えている人にとっては、迷惑極まりない話ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『レーダー探知音の公開目的は、さらなる証拠固めと韓国へのけん制』

ということが言えます。

 

本来、今回の問題は、証拠動画の公開があれば、

『十分解決しているはず』

なのですが、そうならないのが現状です。

そして、これからも、

『韓国が事実認定をすることはない』

と考えられます。

 

この現状において、日本側が取れる対応は、

『客観的証拠を突き付けて、世間を味方につける』

くらいしかないのかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.