時事

マイナンバーカードの普及率が低い理由を考察!メリットとデメリットを解説

投稿日:

マイナンバーカード 普及率 低い

最近になって、見かけるようになったものに、

『マイナンバーカード』

があります。

 

行政が、全ての国民に対して割り振った番号を記載しているものであり、

『公的な手続きや身分証明書として使えるカード』

となっています。

ですが、このマイナンバーカード、

『普及率がかなり低い』

ものとなっているのです。

一見、便利なカードのように見えますが、普及しない原因があるようですね。

 

そこで、今回は、

『マイナンバーカードが普及しない理由』

について紹介します。

マイナンバーカードを持っている人も、改めて確認してみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

マイナンバーカードを取得することによるメリット・デメリット

マイナンバーカードを普及しない理由を考察するにあたっては、

『取得によるメリット・デメリットを知る必要がある』

でしょう。

 

そもそも、マイナンバーカードを取得すれば、

『何があるのか』

について、まずは紹介していきます。

マイナンバーカード取得のメリット

まずは、マイナンバーカードを所得した際のメリットですが、

  • 住民票等各種証明書の取得がコンビニで可能になる
  • 身分証明書の代わりになる
  • 確定申告がネットで出来る
  • マイポータルの利用
  • ポイントが貯まる

などが考えられます。

 

特に、住民票等各種証明書の発行は、

『平日、役所に行けない人』

には、かなり助かる機能となるでしょう。

また、個人事業主の人は、

『確定申告の際、わざわざ税務署に赴く必要がなくなる』

ため、かなり嬉しいメリットとなります。

 

他にも、身分証明書になれば、

『運転免許証等を持っていない人が使いやすくなる』

ので、身分証の提示がしやすくなっていくことが予想されます。

 

マイポータルというのは、

『行政機関に登録されている個人情報』

などを管理しているものであり、マイナンバーカードがあれば閲覧がすぐに出来ます。

また、公金の決算などが、

『クレジットカード』

で出来るのも、何気に便利です。

 

ポイントが貯まるのは、

『各種自治体の活動に参加した場合』

などが考えられています。

溜まったポイントは、様々な物に使えるので、

『少し買い物をしたいときなどは便利』

になっていくでしょう。

自治体運動に参加する人などは、お得になるということですね。

 

このように、マイナンバーカード取得によるメリットは、

『あまり知られていないだけで、かなり多い』

と言えるものとなっています。

また、

『各種公共機関や商業施設に利用する』

ことも予想できますね。

 

まだまだ、始まったばかりのマイナンバーカードなので、

『あらゆる可能性が考えられる』

ものとなります。

マイナンバーカード取得のデメリット

マイナンバーカードのメリットが分かった後は、

『マイナンバーカードのデメリット』

についても紹介します。

 

マイナンバーカードのデメリットとしては、

  • 紛失時のマイナンバー悪用
  • 有効期限がある
  • 住所変更時に記載内容を変更しなければならない

などがあります。

 

おそらく、最もデメリットとして感じていることが、

『紛失時のマイナンバー悪用』

だと思います。

マイナンバーは、国民全てに割り当てられているものであり、

『個人情報を判別するもの』

となっており、これが、外部に漏れてしまえば、

『マイナンバーを偽った詐欺事件』

などが起こると予想されています。

 

ですが、現在、

『マイナンバーが紛失することによる悪用は、ほとんど考えられない』

という見解が出されています。

これは、マイナンバーだけでは、

『悪用できるようなシステムが出来ていない』

と言われているからです。

 

マイナンバーにプラスして、

『パスワードやその人だけに分かる質問内容』

など、なりすましする隙を与えない施策が出来ると考えられます。

確かに、国民全員にマイナンバーを振っている以上、

『番号がバレただけで悪用される』

なんて仕組みを作るはずがないですよね。

 

他のデメリットとしては、

『有効期限がある』

というものですが、これも運転免許証などと同じようなものです。

しかも、運転免許証のように、

『何か講習があるわけではない』

ため、負担になることはありません。

住所変更にあっても、

『引っ越し手続きの際、一緒に行えば良い』

ので、デメリットというには難しいかもしれませんね。

 

マイナンバーカードの普及率が上がらないのはなぜか?

マイナンバーカード 普及率 低い なぜ

マイナンバーカードのメリット・デメリットを紹介しました。

ここまでの内容を見ると、

『取得した際のメリットはあっても、デメリットは許容範囲内』

と言えなくもありません。

 

それでも、マイナンバーカードの普及率が低くなっている原因として考えられるのは、

「わざわざカードを取得する必要もない」

と考えられているからです。

 

確かに、マイナンバーカードを取得していれば、

『少しは便利になる』

ことは確かです。

ですが、だからと言って、

『時間を使ってまで取得するかと言われれば、そこまではない』

と考えられているのが、国民の本音でしょう。

 

実際のところ、マイナンバーカードを取得しなくても、

『今の生活に支障がない』

ため、多くの人が必要性を感じていないのです。

 

今後、制度が変更になって、

『マイナンバーカードが絶対必要になる』

など、取得が必須になれば、状況も変わってくるかもしれません。

 

人は、往々にして、

『今の生活を変えたくない』

と思っていることが多いものです。

これから先、本当にマイナンバーカードが必要な事態にならない限り、

『積極的にカード取得に動く人』

は出てこないと予想されます。

これに関しては、

『今後の政府の動き』

が注目されるところとなりますね。

スポンサーリンク

アドセンス

まとめ

今回のまとめとしては、

『マイナンバーカードの普及率が高まらないのは、必要性を感じている人が少ないから』

ということが言えます。

 

確かに、マイナンバーカードのメリットを見れば、

『生活が便利になる』

ことは間違いないでしょう。

ですが、そのメリットが絶対に必要かと言えば、

『そうでもないのが現状』

だとも言えるのです。

 

これから先、マイナンバーカード制度が進んでいけば、

『国民にとって、必須アイテムになる』

そんな時が来るかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.