生活

【花粉最新情報】2019年の飛散量とピーク時期がいつからかチェック

更新日:

春が近づくと、気になるのが花粉ですよね。

とくに、花粉の王者とも言えるほど、多くの人に影響をもたらすスギ花粉は警戒必至です。

例年より多いという話も聞いているので、今から憂鬱ですが…

また、同じ時期に飛散し始めるヒノキ花粉も多くの人が苦しむ花粉ですし、こちらも警戒したい所。

当記事で、2019年の花粉について、飛散量やピーク時期といった最新情報をまとめてみました。

アドセンス

スポンサーリンク

春の花粉・スギとヒノキの時期が近づく

2019年の春の花粉について、日本気象協会が『2019年 春の花粉飛散予測(第3報)』を発表しました。

これは日本で飛散する春の花粉(スギ、ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散予測を何回かに分けて発表しているもので、

  • どの地域でいつ飛散し始めるか、ピークはいつか?
  • 地域ごとの飛散量が例年に比べるとどうか?

という情報を載せてくれています。

 

この『2019年 春の花粉飛散予測(第3報)』によると、大まかなまとめとして、

  • 飛散開始:2月中旬
  • ピーク:3月
  • 飛散量:例年より多い

という傾向にあるとのことです。

さらに、ウェザーニューズの見解では、

2019年の花粉の飛散量は2018年の5倍になり、かなり飛散した2013年以来の大量飛散になるおそれ

とのことでした…。

飛散量が多いのは、本当に勘弁してほしいです。

筆者の場合、わずかに花粉が飛んでいる1月現在でも、薬を飲まないと目や鼻に症状が出るほどスギに弱いので、今から3月頃が怖くなってきました。

あまりにひどいと、薬を飲んでいても症状がキツく、鼻が詰まって夜寝られなくなってしまうので…

 

さらに、花粉はなにも春だけに飛んでいるわけではありません。

夏のイネ、秋の雑草…

冬にも飛んでいることがあり、1月現在、既に筆者は花粉症の症状が出ています。

年中花粉症の身としては、正直な気持ちを述べると、春のスギ・ヒノキだけしか影響を受けない人が羨ましくてたまりません。

 

【花粉2019最新情報】各地の飛散時期

カレンダー

各地の春の花粉の飛散開始時期はいつ頃からなのでしょう?

飛散開始時期は、

  • 関東以西の太平洋側、中国地方は2月15日~20日頃から
  • 日本海側は2月25日頃から
  • 東北地方は3月1日以降から

といった具合になっています。

例年に比べると5日ほど遅くなるらしく、背景には、12月の気温が高かったことで、休眠が遅れたということです。

確かに、12月は中旬ごろまでとても暖かい日が続いていましたよね。

まぁ、遅いと言っても5日くらいなので、1月の時点から花粉対策はしておくに越したことはありません。

花粉対策は、飛散し始めてからおこなっても時すでに遅しで、飛散する1か月以上前からしなければ効果がありませんから…

【花粉2019最新情報】各地の飛散ピーク時期はいつ?

2019年春の花粉のピークは3月だといいましたが、厳密には、地域ごとで異なります。

2月下旬からピークを迎える地域もありますし、ピークが4月まで続く地域もあり、注意しておきたいですね。

日本各地の2019年春の花粉のピーク時期は、以下のようになっています。

スギ花粉2019のピーク

仙台:3月中旬~下旬

東京:3月中旬~4月上旬

名古屋:3月上旬~3月中旬

金沢:3月中旬~3月下旬

大坂:3月上旬

広島:3月上旬

高松:3月上旬~中旬

福岡:2月下旬~3月上旬

ヒノキ花粉2019のピーク

仙台、金沢:ピークなし

東京:4月上旬~中旬

名古屋:4月上旬~中旬

大坂:4月上旬

広島:4月上旬

高松:4月上旬~中旬

福岡:3月下旬~4月上旬

3月、4月と連続して花粉のピークがくるのは、花粉症の人にとっては堪える時期です。

とくに筆者のように、スギ、ヒノキ両方に強いアレルギー反応が出る花粉症の人だと、薬を飲んでいても鼻づまり、目がしょぼしょぼするなどの症状が出ます。

鼻が詰まって寝れないなどの理由から、睡眠不足に陥りやすいのも身体に堪えます。

いまのうちから、花粉症対策を講じておきましょう!

 

【花粉2019最新情報】各地の飛散量は?

2019年春の花粉の飛散量は、例年より多くなるとのことですが、具体的にはどの地域がどのくらい多くなるのでしょうか?

まずは、各地の飛散量を、例年と比較した画像を見てみます。

全体的にやや多い以上の飛散量になっていますね。

例年に比べて少ないのは、青森、北海道、愛知、奈良、高知のみとなっています。

日本海側はほぼ全てが例年より飛散量が多くなっていて、とくに中国地方は注意が必要になりそうです。

 

次に、2018年春との飛散量比較の画像を見てみます。

2018年に比べると、あまり変化がない、もしくは少なめの地域の方が多いように見えます。

日本海側は相変わらず多いですが…

太平洋側は東西で状況が異なります。

東北~東海地方までは全体的に2018年より花粉飛散量が少なめで、近畿以西は若干飛散量が多めになるのです。

最初、例年より多めの飛散量になると聞いて、筆者は嫌だなぁと思っていたのですが、上記の画像を見る限りだと、筆者の住んでいるところは前年比、例年比ともに少なめなので安心しました。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

2019年春の花粉について、飛散量やピーク時期といった最新情報を紹介しました。

「例年より多めだ」

と言われていたので警戒していましたが、花粉の飛散量が多くなるのは、おもに日本海側の地域みたいですね。

しかし、あくまでも飛散開始時期というのは、一定の数を超えた場合のことを指します。

実は、1月である今も、すでに花粉が飛散していて、現に筆者はその影響を受けています。

花粉症対策をするなら今のうちから始めてくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.