時事 食べ物

サブウェイの閉店ラッシュが止まらない理由とは?人気がない原因考察

投稿日:

サブウェイ 人気 なぜ低い

街中に行くと、たまに見かけることがある店舗として、

『サブウェイ』

があります。

 

スターバックスコーヒーなどと並んで、

『道行く人が集まる喫茶店』

として利用されていますよね。

ですが、近年、

『サブウェイの店舗数が激減している』

とされており、未だに歯止めが効かない状況だと言われているのです。

 

そこで、今回は、

『サブウェイの現状と閉店ラッシュが止まらない原因』

について紹介します。

サブウェイを利用している人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

サブウェイの人気がない原因と閉店が相次ぐ理由とは?

サブウェイは、そもそもアメリカ発祥の店舗であり、店舗数に関しては、

『マクドナルドを上回る』

くらい、人気があるのです。

 

ですが、日本におけるサブウェイの人気はいまいちであり、それが、

『今回の店舗激減』

の理由となっているようですね。

そもそも高いのが理由?

サブウェイの看板メニューは、

『サンドイッチ』

となっていて、おしゃれに過ごすことをコンセプトとしています。

また、野菜を多く扱うことにより、

『女性が喜ぶヘルシー志向』

も目指している状況となります。

 

サンドイッチの種類も豊富であり、一見すると、

『少し休憩するために使う』

ことが出来るので、気軽に利用されるのではないかと考えますよね。

 

ですが、サブウェイが営業開始した当時と比べて、

『日本における需要の変化』

が起きているため、利用者が減っていると言われています。

 

というのも、サンドイッチ自体、

『それなりに値が張る商品』

であり、お金を出す人が限られているのです。

現在では、コンビニに行けば、

『サブウェイより安く、しかも美味しいサンドイッチを食べることが出来る』

ため、わざわざサブウェイを利用する必要がないのです。

ミックスサンド

ミックスサンド

例えば、ローソンで販売されているミックスサンドの値段は、

『248円(税込)』

ですが、1つ食べるだけでも満足できるボリューム感と、程よい野菜と肉の組み合わせがあります。

これに対して、サブウェイのBLTは、

『410円(税込)』

ですが、ローソンの方が手軽に食べられて、なおかつ、味もそこまで違いがあるわけではありません。

 

あまり違いがなく、ローソンの方がお手軽に食べられ、

『約160円』

近い値段差があるなら、ローソンを選んでも不思議ではないのです。

 

この状況を覆すには、もう少し商品の値段を下げるか、

『少々高くても、食べたいと思わせるような商品を開発する』

ようにしなければならないということですね。

店舗が快適ではない

サブウェイ

サブウェイ

サブウェイのサンドイッチ問題について言及しました。

ですが、サブウェイの低迷理由は、

『もっと別のところにある』

という指摘もあるのです。

 

それは、店舗全体が、

『快適に過ごせる空間ではない』

ということです。

 

全ての店舗が同じというわけではないですが、サブウェイは、

  • 店舗の外観が汚い
  • 席同士が近すぎる

など、快適に過ごすための店舗作りが出来ていないとされています。

 

これは、おしゃれな空間で快適に過ごしたい人にとっては、

『敬遠されるべき大問題』

として、重くのしかかっているのです。

 

この問題を解決しているのが、

『マクドナルド』

と言われています。

いつも利用している人は、気付きにくいかもしれませんが、マクドナルド店舗は、

『外観も内装も綺麗で、席同士もほどよく離れている』

ため、快適に過ごせる環境となっているのです。

 

これは、当たり前のようなことに見えるかもしれませんが、

『多くの店舗が出来ていないこと』

でもあります。

どんな仕事でも同じですが、

『分かりずらい細かなことに気が回る』

ことが、成功に繋がる秘訣となっている事例は多いです。

 

サブウェイが店舗数を回復させるには、まず、

『どうやったら店舗に人が来てくれるかを考える』

必要があるでしょう。

サンドイッチは、日本人には受け入れられにくい

サブウェイが流行らない、ある意味最も関係している原因として、

『サンドイッチが、日本人には受け入れられにくい』

というものがあります。

 

サンドイッチは、基本的に、

『パン・野菜・肉』

の構成で作られています。

そして、どちらかと言えば、

『肉より野菜有利』

となっているでしょう。

 

そして、何より、

『値段が少し高い』

ものとなっています。

その割に、あまりお腹に溜まらないという特徴もあると言えるでしょう。

 

ですが、日本では、

『安い・美味しい・お腹に溜まる』

の三拍子が揃った食べ物が、すでに存在しています。

それが、

『おにぎり』

です。

 

コンビニに行くと、好みにもよりますが、

『サンドイッチよりは、おにぎりを選ぶ』

という人が多いのではないでしょうか。

 

日本が昔から食べ続けている主食であり、

『おにぎりに対する情熱が非常に高い』

という国民性も相まって、どうしてもサンドイッチは下火になりがちです。

ですが、ここで疑問に思うことがあります。

それは、

「なぜ、同じような構成で作られているハンバーガーは人気なのか」

ということです。

 

先程も少し取り上げましたが、サンドイッチと、ある意味構成が似ている、

『マクドナルドのハンバーガー』

は、日本人に受けた食べ物となっています。

両者の違いとしては、

  • 価格の安さ
  • 量の多さ
  • 満足度

があります。

 

日本人としては、サンドイッチとハンバーガーを比べれば、

『ほとんどの人がハンバーガーを選ぶ』

というくらい、ハンバーガーは、サンドイッチの上をいく存在となっているのです。

これに加えて、日本特有のおにぎりがあるため、

『サンドイッチの居場所がかなり限定される』

といっても過言ではないでしょう。

 

アメリカでは、多くの人に受け入れられているサンドイッチですが、

『国の文化や食の価値観』

が違えば、明確な好みの差が出てしまうということですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『店舗改善とサンドイッチの売り方を改めなければ、サブウェイは復活できない』

ということが言えます。

 

サブウェイのサンドイッチが美味しくないわけではなく、

『日本に合った売り方が出来ていない』

ことが、そもそもの業績低迷の原因となっているように思えます。

また、店舗自体も、

『快適に過ごせる空間』

を作るための工夫が、他社より遅れている印象が否めません。

 

成功するための近道は、

『すでに成功している人のやり方とそれを応用すること』

でもあるので、なんとか頑張って欲しいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事, 食べ物

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.