時事

高速道路の制限速度120キロはいつから?80キロ制限の理由を考察

更新日:

世の中にはありえないことが起きるものですね。

まさか高速道路の制限速度が、いまさらアップするなんてことはありえない、と誰もが考えていたでしょう。

ところが、その高速道路の制限速度アップが、実現しそうなのです。

まだ先のことではあるのですが、実現すれば、日本では初めてのこととなります。

そこで今回は、高速道路の制限速度が120キロになるのはいつからなのか?

高速道路の制限速度緩和に関する情報を紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

高速道路の速度制限が緩和の流れへ

日本は車検などで海外よりも車の安全対策を厳重にしています。

速度制限もそのひとつで、海外に比べると、いまだに大きく差が出ています。

ちなみに、世界各国と日本をの制限速度を比較した表がこちらになります。

生活道路 市街地 郊外 高速道路
日本 60キロ 60キロ 60キロ 100キロ
アメリカ 30キロ 50キロ 120キロ 128キロ
フランス 30キロ 50キロ 90キロ 130キロ
ドイツ 30キロ 50キロ 100キロ 無制限 (ただし130キロ制限の所多し)
イギリス 30キロ 50キロ 112キロ 128キロ
スペイン 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
ポーランド 140キロ
オランダ 30キロ 50キロ 100キロ 120キロ
ベルギー 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
スイス 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
中国 120キロ
韓国 30キロ 50キロ 80キロ 120キロ

郊外の速度制限は、日本のような狭い場所では低く設定されていても仕方ないかもしれませんが、注目されるべきは高速道路です。

これだと、諸外国の設定の方が日本より合理的で現実的だと思います。

もともと、ヨーロッパ各国では数十年前には、市街地以外の郊外や高速道路では、速度制限は、ほとんどありませんでした。

それが近年になって交通事故の増加により、高速道路でも速度制限をする国が大半となりました。

しかし、ドイツでは未だに原則として高速道路の速度は無制限、場所によっては最近は130キロ程度の制限をしている所が多くなってきたようですが…。

こうして見ると、日本の高速道路が最高100キロまでというのは、ずいぶんと時代遅れだったのかもしれませんね。

携帯電話だけでなく、道路までガラパゴス状態とは、少し情けない感じがします。

 

しかし、日本でもようやくと言うべきか、高速道路の速度制限の緩和を進める動きが出てきましたね。

2016年3月のことですが、警察庁は高速道路の速度規制を100キロから120キロへ引き上げる方針であることを発表しました。

まず、その試験的な段階として、2017年11月から、

一部区間で速度制限を110キロに緩和

することにしました。

ただし、大型トラックはこれまで通り80キロ制限のままです。

 

110キロの速度制限になっている区間は

新東名高速道路:新静岡IC~森掛川IC間

東北自動車道:花巻南IC~盛岡南IC

の2区間のみです。

一部区間しかないので、大半の人にとっては速度制限緩和の恩恵を感じられない状態になっています。

まぁ、あくまでも試験的な実施なので、わざわざ100キロ越えの速度を出しに、速度制限緩和区間に行こう!という人はいないと思いますが…。

 

大型トラックや首都高などでの速度制限が80キロの理由

普通乗用車以外の車種や、首都高速道路などでは、大半の速度制限が50~60キロ、高いところでも80キロとなっています。

首都高の湾岸線では高速道路(自動車道)の時速100キロ区間より、車線が多くて幅も広く、事故のリスクが低そうな場所なのに、一番高い速度制限の緩い場所で80キロというのも、変な話ですよね。

この点については、公式な見解としては

『首都高などの自動車専用道路は、高速道路(自動車道)ではない』

となっています。

また、大型トラックなどについても、

『大型車両は高速度での安全性が普通乗用車に比べて劣る』

ということです。

 

いずれも現状には、まるで合わない論理だと思います。

むしろ、車種ごとの速度が違いが大きいほど危険は多くなるというのが、大半の人の意見です。

完全に法整備の遅れた古臭い制限なので、運送会社の中にはリミッターを外して100キロくらいの速度を出して走っている大型トラックもいるようです。

首都高でも、60キロ制限のところを80キロで走っている車が多いなどという報告もよく耳にします。

それどころか、逆に

「首都高を制限速度順守で運転してると逆に怖い!」

といった声もあり、もうほとんど制限速度が守られていないという実情…。

速度は守らなければいけないのですが、時代にそぐわない規制をしていると、自主的にその速度を破っていく人が多数現れるので、時代に合った法改革を迅速におこなう必要があるわけですね。

今のところグレーゾーンで見逃されていることも多いですし、この速度制限がほぼ機能していないのですから…。

 

高速道路の速度制限が120キロになるのはいつ?

高速道路の速度制限が120キロになるのは、一体いつなのでしょう?

もうすぐ、一部区間で試験的に速度制限が110キロになってから1年になります。

そろそろ何らかの話が出てもよさそうなのですが、一体いつになったら速度制限が120キロになるのでしょうか?

現状では、いつから高速道路の速度制限が120キロになるのかは発表されていません。

相変わらず、未定です。

試験的な走行は、1年ほど続けるそうなので、少なくとも事態に進展が見られるのは、2018年11月以降の話になります。

引き続き120キロへの引き上げで試験走行となるのか、いきなり対象区域を広げて120キロ制限になるのか、その方針すら不明なのです。

まぁ、仮に決定したとしても、その後、新基準に対応させた速度標識やオービスの設置に時間がかかります。

高速道路の速度制限が、120キロに引き上げられるのは、早くても2019年末くらいになりそうな予感がしますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

高速道路の速度制限が120キロに引き上げられるという話は、現在も地道に進行中です。

今は速度制限110キロの区間を作り、試験的な運用をしている状態…。

その期間が1年なので、本格的な検討はまだ先のことになります。

今の速度制限に関する法整備は、先進国の中でもかなり遅れているので、早いところ制限速度を緩和してほしいですね。

ただでさえ、現状はグレーゾーンで見逃されていて、速度制限を守らずに走っている人が大勢いるのですから…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.