雑学

節分で鬼を豆まきで追い払う由来や意味を紹介【鬼はそと福はうち】

投稿日:

節分と言えば、豆まきですよね。

しかし、よく考えてみれば、どうして節分に豆をまくんでしょうか?

豆をまくときに、

「鬼はそと、福はうち」

と言う理由も気になります。

当記事では、節分の豆まきについて、その由来や意味を掘り下げていこうと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

節分に豆まきをするのは何故?

節分になると、豆まきをしますよね。

まぁ、実際にはイベントでやるくらいで、一般家庭では食べ物を粗末にするようなもったいない豆まきをするより、福豆を食べることのほうが多いと思いますが…

節分というのは、

立春、立夏、立秋、立冬の前日

なので、年に4回あります。

春夏秋冬全てにあるのに、なぜ春だけに豆まきをするのでしょうか?

そもそも、なぜ豆まきなのでしょうか?

まず、春の節分だけに豆まきをする理由についてですが、旧暦の立春は、年末、旧正月の前日に当たる日です。

なので、その前日である節分は、大みそかと同じような扱いを受けている、1年でとても大事な日だったのです。

季節の分かれ目には、邪気が多く入り込んでくるのですが、中でもとくに多いのが年の分かれ目でした。

鬼は、疫病や災害などといった邪気のことを指し、あらゆる悪いことをもたらした犯人となっていたため、

「鬼はそと!福はうち!」

と言いながら、炒った豆をまくようになり、鬼が入ってこないように、扉を閉めて豆まきをするなどのルールも生まれました。

ちなみに、豆まきの豆は炒った豆でなければなりません。

なぜかというと、生の豆で豆まきした場合、拾われないまま土間に豆が残ってしまうと、それが育って芽が生えてしまい、災いが起きると言われていたからです。

 

邪気=鬼を豆まきで追い払うのはわかりましたが、なぜ豆まきをするのでしょうか?

その由来を調べてみると、どうやら…

古代中国の風習が、日本に伝来したものだった

ということがわかりました。

日本の文献に豆まきが登場するのは、室町時代のことです。

それ以前は、日本においては平安時代に、追儺という、方相氏が戈をもって盾をたたき、群臣が弓矢を使って鬼を追い払う行事がおこなわれていました。

(これも古代中国の風習が伝来したものです。)

それが廃れ、室町時代ごろになると、中国の俗習だった豆まきで鬼を追い払うようになり、江戸時代になると民衆の間にも普及していき、現在に至る…

というわけです。

つまり、豆まきは

『中国の風習がそのまま日本に伝来して普及した』

というのが、豆まき始まりの由来だったんですね。

 

なぜ節分では豆を使うのか?

豆まきをする由来はわかりましたが、なぜ、よりによって豆を使うのでしょうか?

それにも、しっかりと由来があります。

農業が盛んだった時代、五穀には精霊が宿ると言われていました。

そのうちの1つである大豆には、穀物の霊が宿っているとされ、大豆に宿る精霊の霊力によって、悪霊を退散させることができると言い伝えられていました。

いわゆる穀霊信仰です。

お米が神事で使われていたのと同じ理由ですね。

 

そんな神聖な豆が、鬼を追い払うものとして使われるようになった理由については、

  1. "魔"の目=鬼の目に投げつけ、鬼を"滅"するから、『魔滅(まめ)』と当て字で読めること
  2. 鞍馬山に鬼が出た際に、毘沙門天のお告げによって豆を鬼の目に投げたこと

など諸説あります。

また、炒った豆も、同音異義語に"射った"があるので、炒った豆でも実質的に弓矢で鬼を射るのと同じような意味合いになるという説もあると言われています。

豆が選ばれるのにも、色々な理由があったんですね。

 

鬼はそと、福はうちと言わない地方もある?

「鬼はそと、福はうち」

というのは、豆まきをする際の有名な掛け声です。

でも実は、地方によっては、「鬼はそと、福はうち」と言わないところもあるのを知っていましたか?

 

例えば、鬼を神の使いとして信仰している神社では、

「福はうち、鬼もうち」

と言って、鬼も迎え入れます。

鬼が改心して仏となり信仰されている場所、鬼の姓が入る人の住む地域でも、「鬼もうち」と言いますね。

「鬼はそと」で、全国から追い出された鬼を迎え入れ、彼らを改心させて福にするという地域でも、この言葉が使われます。

 

浅草寺の場合も、「鬼はそと、福はうち」とは言いません。

観音様の前に鬼はいないという考えから、浅草寺では、

「千秋万歳、福はうち」

と言って豆まきをするのです。

お寺だと、成田山新勝寺も「鬼はそと、福はうち」とは言いませんね。

不動明王の前では鬼さえ改心すると伝えられており、

「福はうち」

のみなのです。

 

「鬼はそと」の言い方が違うところもあります。

丹羽氏が藩主だった旧二本松藩領内は、「鬼はそと」と言ってしまうと、

「お丹羽外」

となってしまうため、

「鬼、外」

と言っていたのです。

 

極めつけには、

「鬼はうち、福はそと」

と言ってしまう地域もあるんですよ。

地域によって理由はさまざまで、京都府福知山市の大原神社では、

神社に鬼を招き入れることで、地域の人々には福が広がる

という意味からこの言葉が使われています。

神奈川県の千蔵寺の場合は、この寺に祀られているのは厄神鬼王という名前の鬼神で、厄神鬼王が鬼を改心させてくれることから、鬼は内へ呼び込み、その結果福を外へ広げていく…

こういう経緯があって、

「鬼はうち、福はそと」

というのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、節分の豆まきに関する情報をいくつか紹介しました。

節分で豆まきをするようになった由来は、中国の風習が伝来したことだったんですね。

豆が使われるようになったのにも諸説あり、豆がそれだけ神聖なものであるということも、調べてみて初めて知ることができました。

伝統行事の由来がどこから来ているのか?

それを調べるのも面白いですし、皆さんもぜひ、気になった行事のことを調べてみてはいかがでしょうか。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.