著名人

吉田沙保里の引退会見で意味不明のLGBTの質問をした記者は誰?

投稿日:

吉田沙保里さんの引退会見が開かれましたが、その場に1人、意味の分からない質問をしている記者がいましたよね。

吉田沙保里さんに対し、引退会見の場で質問することではない、LGBTに関する質問をしてネット上では批判炎上状態になっています。

筆者も思わず、

「何だこのばかばかしい質問をする人は…」

と思ったくらいです。

こういう、意味の分からない輩が出しゃばるから、LGBTの差別が助長されてしまうんですよね。

出る杭は打たれるという言葉を知らないのでしょうか?

当記事では、吉田沙保里さんの引退会見で、明らかに場違いな、意味不明なLGBTの質問をした記者について、その正体を探ります。

アドセンス

スポンサーリンク

吉田沙保里さんの引退会見で意味不明の質問記者が炎上

クラウドファンディング 炎上事例

霊長類最強の女性であり、世界のレスリング界の歴史を塗り替え続けてきたレジェンド・吉田沙保里さんが引退を発表しましたね。

その引退会見は、多くのメディアで報道されたため、視聴者の数も凄まじかったことと思います。

しかし、そんな吉田沙保里さんの引退会見を、ある1人の意味不明な記者が、場をぶち壊しにして台無しにしました…

その記者はどんな質問をしたのかというと…

日本人プロレスラーで初めて性同一性障害であることを公にした朱崇花さんですけど、その方についてのご感想と、あとは日本のLGBTについてどのようにお考えなのかと、ご結婚の予定はありますでしょうか。

という、全く関係のない、意味不明な質問をしたのです。

吉田沙保里さんの引退会見でする質問ではありませんよね。

例えですが、

「韓国の選手と対戦したことがあると思いますが、最近の日韓関係についてどう思われますか?」

極右や極左がこういう質問をしているのと同レベルです。

 

しかもこの記者の何がおかしいかというと、場違いな発言もそうですが、

質問は1人1つまでと言われているのに、3つも質問をした

という、ルールすらも理解できていない残念な人だったのです。

これからは、会見も記者なら誰でも入れるのではなく、あらかじめ質問内容を知らせておき違うことを質問したら即終了させる、資質のない者は締め出す、くらいの勢いがないとダメなのかもしれないですね。

 

それにしても、吉田沙保里さんの引退会見で、レスリングとは全く違う競技であるプロレスラーのことやLGBTのことを質問したこの意味不明な記者…

一体何者なのでしょうか?

この記者の正体について詳しく調べていくと、

「あぁ、こういう人間がLGBTの差別を助長させているんだな…」

と感じることができる、ヤバい人物だったことが判明しました。

 

吉田沙保里さんの引退会見でLGBT質問をした記者は誰?

吉田沙保里さんの引退会見で、意味不明なLGBTの質問をした記者は誰だったのでしょうか?

その記者について調べてみると、

酒井佑人

という人物だったことがわかりました。

どうやら、記者だけでなく、タレントもしているみたいですね。

詳しいプロフィールは、以下の通りです。

酒井佑人のプロフィール

生年月日:1991年2月26日(2019年の誕生日で28歳)

出身:東京都

血液型:A型

身長:167cm

体重:49kg

所属:アースライズプロダクション

記者としては、"週刊キム曜日"との悪評で名高い『週刊金曜日』に所属していたそうで、現在は主に左翼として有名な社民党の中央機関紙・社会新報、さらには◯イ向け雑誌『Bʌ́di』で活動しているようです。

(『Bʌ́di』は2019年3月で休刊となります。)

また、日仏共同テレビ局France10でリポーター活動をしています。

 

この酒井佑人という人物、Twitterアカウントもあるのでプロフィールを見てみましたが…

ゲ◯レポーターの酒井佑人です。

ゲ◯です。

同性婚法制化、LGBT差別解消に向けて活動。

アムネスティ会員です。

色んな方と関わっていきたい。

気軽にフォローしてください

と書かれていました。

LGBT差別解消に向けて活動ですか。

とても素晴らしい志だと思います。

 

しかし、LGBTについては差別をなくそうとしているくせに、その自身がセクハラをしていてはどうしようもないですよね。

日本のLGBTについてどのようにお考えなのかと、ご結婚の予定はありますでしょうか。

この質問がいい例です。

セクシャルに関する問題提起をしておきながら、女性のプライベートには平気で土足で入り込んでくるあたり、LGBT差別をなくす活動をしていますと言われても説得力の欠片もないですし、やっていることは、

セクハラ反対を掲げておきながら、自らがセクハラをしている

ということと同じだと、なぜ気が付かないのでしょうか?

それとも、マイノリティと呼ばれる人たちのことだけしか考えていないので、マジョリティの人たちなど知ったことか!ということでしょうか?

だとしたら、随分と自分勝手ですね。

 

しかも、吉田沙保里さんの引退会見で、レスリングとは全く別のスポーツであるプロレスの話題を出し、さらに会見の場と全く関係のないLGBTの質問をする…

あまりに場違いな質問は、LGBTの評判を落とすだけということが理解できないのでしょうか?

何でもかんでも韓国に結び付けている極右や、何でもかんでも安倍政権に結び付けている反安倍派が嫌われていることを見ればわかるはずです。

それを、リポーターや記者をしている人間なのに理解できないなんて…

 

さらに、酒井佑人氏は過去にも松居一代さんの会見や、浅田真央さんの引退会見でも、結婚についてやたらと聞いていたみたいですね。

女性の幸せは結婚だけが全てではないのに、やたらと結婚の質問ばかり繰り返すデリカシーのなさ…

酒井佑人氏は、

「女性には興味がないのですか?」

と毎回のように聞かれたら、自分がどう感じるか、考えたことはないんでしょうかね?

ネット上でも、酒井佑人氏に対して、

「関係ない質問をしたこの記者、すごく失礼」

「場違いで熱心な活動家によってLGBTとの溝がさらに深まった」

「LGBTには配慮しているくせに、女性の生き方には配慮がない」

「場違いな質問は、一般の人からLGBTが嫌われる要素を作っただけ」

「TPOをわきまえないから、逆にLGBT批判を助長させてしまっている」

と批判が殺到…

さらに、

「同じLGBTとして恥ずかしく思います」

「LGBTの友人も、『不快だ』と言っていました。あなたのしていることは逆効果です」

「味方のフリをしている敵にしか見えないです」

と、LGBTの人たちからもひんしゅくを買っています。

それでいて、当の酒井佑人氏本人は、関係のない場でLGBTの質問をし、場を白けさせることがLGBTの助けになっていると思い込んでいるのですから、迷惑極まりない存在です。

マジョリティな人たち、そしてLGBTの人たち双方から邪魔な存在に思われている酒井佑人氏…

まず、LGBT差別をなくすには、酒井佑人さんのような非常識の出しゃばりに、一刻も早く消え去ってもらうことが大切なのではないでしょうか。

少なくとも、酒井佑人氏のせいで、LGBTとそうでない人たちの溝は、より一層深まった気がしますね。

LGBTのイメージを余計に悪くした戦犯として、酒井佑人氏はこれからも批判され続けていくでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

吉田沙保里さんの引退会見で、意味不明なLGBTの質問をした記者は、酒井佑人という◯イリポーターでした。

どれだけ崇高な目的を掲げていようと、それを適切な場で掲げていかなければ、より多くの敵を作り、目的に対するイメージが下がるだけです。

酒井佑人氏は、それをやらかしてしまいました。

そして、余計にLGBTに対するイメージを悪くしてしまっただけではありません。

彼はLGBTのことしか考えておらず、同じセクシャルな問題である、女性へのセクハラ質問は平気でおこなう(しかも過去に何度もしている)…

あまりにも身勝手な人物だということもわかりました。

結局、酒井佑人氏は批判炎上。

さらにLGBTに対するイメージを悪くする結果を引き起こしたのです。

筆者としては、酒井佑人氏はもう二度と表舞台に出ず、メディア関係から引退して欲しいと感じた次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-著名人

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.