言葉の意味・語源・由来

「お客様は神様です」の元ネタ由来と本来の意味や使われ方を紹介

投稿日:

「お客様は神様です」

接客業の社員教育

横暴なクレームの常套句

などで、現在でもよく聞かれる言葉です。

 

でも、この言葉は、

本来の意味から離れて、勝手に一人歩きしているようですね。

 

あたかも、

  • お客様の立場は最上級である
  • お客様は常に感謝して敬うこと
  • 多少のわがままには目をつぶること
  • 常に低姿勢で接すること
  • お客様の満足を常に最優先すること

といった、

サービス業の掟

であるかのように。

 

そもそも

「お客様は神様です」の

  • 本来の意味ってなんでしょう?
  • 誰の言葉で、いつ語られたのでしょう?
  • どういう使われ方をするのでしょう?
ひよ
あれれ、よく聞くのに、知らないことがいっぱい!

 

そこで今日は、

「お客様は神様です」の元ネタの由来と本来の意味や使われ方

を紹介していきましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

「お客様は神様です」の元ネタと由来は?

三波春夫

三波春夫

「お客様は神様です」

の由来は、昭和を代表する元浪曲師で演歌歌手の

『三波春夫さん』

の言葉です。

 

1961年の、地方都市の学校体育館でのことです。

体育館のステージ上で、

三波春夫さんと司会の宮地たかしさんとの掛け合い

に、こんな場面がありました。

宮地:「三波さんはお客様をどう思いますか?」

三波:「うーむ、お客様は神様だと思いますね」

宮地:「カミサマですか!」

三波:「そうです」

宮地「なるほど。そういえばお米を作る神様もいらっしゃる。

なすやキュウリを作る神様も、織物を作る織姫様も。

あそこには子供を抱いている慈母観音様、なかにゃうるさい山の神・・・」

 

この2人の掛け合いが面白いと評判になって

主催者側から、

あの場面、必ずやってくださいね。

お客様も待っていらっしゃいますから。

と要請があり、毎回ステージ上でこの掛け合いをやることになったのです。

 

その後、

お笑いタレントの『レッツゴー三匹』

がこの元ネタを流行らせて、全国に広まっていきました。

「お客様は神様です」の本来の意味は?

大切なお客様

大切なお客様

「お客様は神様です」のフレーズの由来は、

『三波春夫さん』

ですから、三波さん自身の言葉から本来の意味を探っていきましょう。

 

三波さんは、インタビュー取材で、

「お客様は神様です」の本来の意味を尋ねられたとき、こう答えています。

歌うときに私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。

ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。

また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。

だからお客様は絶対者、神様なのです。

「お客様は神様です」は、三波春夫さんの、

歌を唄うことに対しての姿勢

を表した言葉のようですね。

『芸に対するプロ意識』

とも言えます。

 

三波さんの言う『お客様』は、

自分の芸を見てくれる

『観客』

を指しています。

いわゆるサービス業の顧客ではありません。

 

芸は、大衆の心を掴み、楽しませ、感動を与えてこそ評価されるものです。

その評価を勝ち取るためには、

たゆまぬ努力と、一途に芸を思い続ける信念

が要ります。

 

「果たして、今日このステージで、自分の芸はお客様に認められるのか」

三波さんは、それこそ、神の前に出るような気持だったのではないでしょうか。

 

「お客様は神様です」の使われ方は?

ストレス

ストレス

現在では、

「お客様は神様です」は、

本来の意味とは違った使われ方

をされるケースが多いですね。

 

宅急便の再配達を何度も指定され「お客様は神様なんだから何度でも持ってこい」と言われた。

会社の朝礼で、部長が、「お客様は神様です、クレームはラブレターです」と言っていた。

行き過ぎた、「お客様は神様です」の精神が、モンスタークレーマーを作る。

これらの

「お客様は神様です」は、

サービス業の顧客を神様のように扱うとき

に、使われる例です。

 

サービス業は、

  • 情報を提供する
  • 快適さを提供する
  • 物を提供する

といった、

顧客のニーズに応える業種です。

そして、サービスに見合った対価を得ることで成り立っています。

 

悪質なクレーマーは、サービスに対価を払う気がありません。

その時点で、すでに

にす
神様どころか、お客様ですらない

ですね。

 

本来の意味と混同されがちな、

『お客様は神様です』

という言葉ですが、

三波春夫さんの言うお客様は、『観客』

三波春夫さんが提供するものは、『芸』

サービス業のお客様は、『顧客』

サービス業が提供するものは、『顧客のニーズ』

と区別すると分かりやすいかもしれません。

 

三波さんにとって、

お客様(観客)は神様

でも、

サービス業の人にとって

お客様(顧客)は神様というわけではない

のですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

「お客様は神様です」の元ネタの由来と本来の意味や使われ方

を紹介しましたが、いかがでしたか?

「お客様は神様です」の元ネタの由来

  • 昭和の元浪曲師で演歌歌手である三波春夫さんの言葉に由来する。

「お客様は神様です」の本来の意味

  • お客様を神様として、神前で祈る時のように澄み切った心で芸を見せる精神を表す。
  • 三波春夫さんの芸に対する姿勢を表現した言葉。

「お客様は神様です」の使われ方

  • 現在では、本来の意味とは違った使われ方をしている。
  • サービス業の顧客を神様のように扱った使い方をされる。

『お客様は神様だから、何をやっても許される』

という風潮は、そろそろ改めたいですね。

まい
クレーマーは客にあらず!!

ですからね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.