時事 食べ物

IWC(国際捕鯨委員会)とは?日本が脱退した理由と今後の影響をチェック

投稿日:

IWC(国際捕鯨委員会) 日本脱退

現在、日本では商業目的の捕鯨が禁止されています。

これは、日本が、

『IWC(国際捕鯨委員会)』

に加入しているため、商業捕鯨が禁止されていることから来ています。

 

ですが、今年、

『日本政府がIWCを脱退する』

ことを表明しました。

これにより、来年には、

『商用の捕鯨』

が解禁されるため、鯨が広く食べられることが予想されます。

 

そこで、今回は、

『IWC(国際捕鯨委員会)と日本の関係について』

紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

IWC(国際捕鯨委員会)とは?

日本が商業捕鯨を禁止している理由として、

『IWC(国際捕鯨委員会)への加入』

があると、冒頭で紹介しました。

 

ですが、中には、

『IWC(国際捕鯨委員会)とは、そもそもどんなものか』

という疑問を持っている人もいるでしょう。

 

そこで、まずは、

『IWC(国際捕鯨委員会)とは、どんな組織なのか』

を紹介していきます。

世界に現存する鯨の保護を目的とした組織

IWC(国際捕鯨委員会)は、現在、

『89ヵ国』

が加盟している組織となっています。

 

設立は、

『1948年』

となっており、イギリスのケンブリッジに事務局があります。

 

この組織は、国際捕鯨取締条約に基づいて、

『現存している鯨の保護』

を目的としており、日本が加盟したのは、

『1951年』

です。

 

その後、1982年に商業捕鯨の禁止が決定され、日本でも、

『1987年に商業捕鯨が禁止される』

ようになりました。

捕鯨賛成派と反対派が入り混じっている

鯨の保護を目的としているIWC(国際捕鯨委員会)ですが、

『捕鯨に賛成している国』

もいます。

 

加入自体は、

『申請するだけ』

で済み、鯨を守りたいと考えながらも、捕鯨はしたい国もいるということです。

 

少し聞いただけでは、矛盾しているように聞こえますが、

『乱獲しないのであれば、捕鯨をしても良い』

と考えている国もいるのは確かです。

日本も、そんな国の1つであり、

『鯨の保護と捕鯨は別問題』

と考えているということですね。

 

ですが、IWC(国際捕鯨委員会)での捕鯨反対派は、

『50ヵ国』

となり、賛成派の約1.4倍になっています。

鯨の保護を目的としている組織のため、捕鯨自体に反対となっているのが現状となります。

 

日本が、IWCを脱退する理由は?

IWC(国際捕鯨委員会) 日本脱退

日本が、IWC(国際捕鯨委員会)を脱退するという報道がありますが、

『なぜ脱退するのか』

については、あまり知られていないと思います。

 

日本と捕鯨には、

『昔からの関係性』

があるので、それも踏まえて紹介します。

日本では、捕鯨は文化だった

日本で捕鯨が始まったのは、

『縄文時代』

からだとされています。

 

様々な捕鯨方法が取られており、例を挙げると、

  • 網取式捕鯨
  • 突き取り式捕鯨
  • 追い込み式捕鯨
  • 受動的捕鯨(座礁した鯨を取ること)

などがあります。

 

今でも、

『小型鯨の捕鯨に関しては、禁止されていない』

ため、捕鯨が行われています。

また、

『調査捕鯨』

と言われる、鯨の生態を研究するための捕鯨も、同時に行われているのです。

鯨資源が回復しているのに、商業捕鯨が許可されない

日本は、これまでの調査捕鯨の結果から、

『鯨の数は、回復している』

との見解を示し続けています。

その為、

『数が多い種類の鯨に関しては、捕鯨を再開しても良い』

と言っているのです。

 

ですが、IWC(国際捕鯨委員会)ではこれを認めず、

『捕鯨は、いかなる状況においても行うべきではない』

という見解を示しています。

 

そこで、このままでは、

「いつまで経っても、商業捕鯨が再会出来ない」

と考えた日本が、IWCからの脱退を決めたというわけなのです。

 

実際、以前は、

『鯨の乱獲時代』

というものがあり、鯨の数がかなり減っていた時期もあります。

当時の乱獲理由は、

  • 食料の確保
  • 脂の確保

などとされていました。

 

それでも、現在では、

『鯨に代わる食料の確保が出来ている』

ため、鯨を乱獲する必要はなくなっているのです。

とは言っても、鯨は他の魚と同じで、

『商業利用が出来る資源』

となっているのは確かです。

 

鯨の数自体も、

『かなり増えている』

ので、規定を守れば生態系に影響は少ないと言えます。

 

何より、捕鯨は、

『日本の伝統文化』

であるため、再開を望む声も少なくありません。

こうした理由から、日本はIWC(国際捕鯨委員会)を脱退するというわけなのです。

 

日本のIWC脱退で今後の影響は?

IWC(国際捕鯨委員会) 日本 今後

IWC(国際捕鯨委員会)を脱退するといっても、

『これから、どういった動きが予想されるのか』

については、あまり想像できないと思います。

 

これから話を進めていくとしても、まずは、

『脱退希望』

を出すことから始めなければなりません。

脱退希望が叶うには、

『脱退希望の前年に、アメリカに対して通告を行う』

ことから始めなければなりません。

 

ちなみに、なぜアメリカに通告するのかというと、

『条約寄託国』

だからです。

アメリカが脱退の意思を確認すれば、脱退できるということですね。

 

脱退できる時期は、脱退希望年の、

『6月30日』

となっており、ここで初めて脱退という形となります。

ですが、脱退すれば商業捕鯨がすぐに出来るわけではないのです。

 

捕鯨は、

『国連海洋法条約』

に基づき、国際機関を通じて行うことが定められています。

 

その為、日本は、

  • 新たな国際機関を設立する
  • IWCの科学委員会にオブザーバーで参加する

などの措置が必要になっていくるでしょう。

 

何より、

『世界に対して理解を求めること』

をやらなければ、今後、外交関係にも影響が出る可能性があります。

理解を得るための行動も、必要というわけですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『商業捕鯨を再開するのは、まだまだ先の話になる』

ということが言えるでしょう。

 

捕鯨は、世界的に見れば、

『反対派が多い』

のが現状です。

それを説得することが、

『日本が商業捕鯨を憂いなく行う条件』

となってくるのです。

 

まだまだ時間が掛かる商業捕鯨の問題ですが、

『鯨が広く普及する』

時がくるかもしれないので、これからも動向を見守っていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事, 食べ物

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.