フィギュアスケート選手

羽生結弦は性格が悪いと評判!熱愛彼女はリプニツカヤの噂の真相

更新日:

平昌五輪での金メダル、国民栄誉賞のニュース、そして、メドベージェワ選手との熱愛の噂など…。

最近の男子フィギュアスケート・羽生結弦選手のニュースは、かなりの盛り上がりを見せていますよね。

しかも、熱狂的なファン『ユヅ女子』までも現れ、個人としてはフィーバーぶりに圧倒されてしまっています。

しかし、そんな人気の裏では、当然アンチも続出し、

「羽生結弦は性格が悪い」

とか、リプニツカヤ選手との熱愛の噂を流し、彼の評判を下げようとする人も少なくないようです。

そこで本記事では、羽生結弦の性格や評判、リプニツカヤ選手との熱愛の噂の真相を探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

羽生結弦の性格を考察

羽生 1 8f6ff27e

常にストイックにフィギュアスケートと真摯に向き合い、どんな逆境にも負けず結果を出し続けてきた、男子フィギュアスケーター・羽生結弦選手。

平昌五輪で見せた怪我からの復帰による金メダルは、なんと66年ぶりの五輪連覇というおまけ付き…。

こんな偉業を成し遂げてしまうのですから、感動しないほうがおかしいと言えるのではないでしょうか。

それにしても、羽生結弦選手は、技術だけでなくメンタルも強い選手ですよね。

そこには、性格の部分も多分に影響を及ぼしているのでしょうか。

筆者としての、彼の強さの秘密というか、どんな性格をされているのか気になりましたので、さっそく調査してみることにしました。

すると、スポーツ選手として大事な性格など、いろいろ羽生結弦選手の性格が見えてきましたよ。

羽生結弦の性格

羽生結弦選手の性格は、

  • 大の負けず嫌い
  • 自分大好き(ナルシスト)
  • 自信過剰
  • 時折大口を叩いてしまう。
  • ポジティブシンキングの持ち主
  • 世界観が自分中心で周りが見えないことも…
  • こだわりが強く頑固な一面を持つ
  • 努力家

と以上が、大まかな『羽生結弦の性格』と言われています。

いずれも捉え方次第で、良くも悪くも感じるタイプの性格の持ち主と言えるでしょう。

ただし、スポーツの世界では、これくらいの性格の持ち主でないと、なかなか頂点は獲れません。

 

スポーツの世界で頂点を極めるために必要とされる性格

どんな逆境に陥ったとしても負けない気持ちを持たなければ、怪我などをきっかけに、心が折れてしまうこともあるでしょう。

また、あれほどストイックに練習に励むこともできないと思います。

その性格がなければ、世界を相手に戦う力は養えません。

あくまで筆者の見解ではあるのですが、スポーツ全般で成功する人は3パターンに分かれていると思われます。

  • 常に挑戦心を持つギャンブラー(勝負師)タイプ
  • 良い意味で自信に満ち溢れたナルシストタイプ
  • 何においてもこだわりを持ち頑固なタイプ

以上の3パターンの性格のいずれかの選手が、これまでのスポーツ競技において、世界で頂点に立つ姿をよく見かけます。

フィギュアスケート界のギャンブラー(挑戦者)タイプ

フィギュアスケートの世界で言えば、宇野昌磨選手は、失敗を恐れず、常に勝負(ギャンブル)を仕掛けることのできる選手という印象を受けます。

平昌オリンピック男子フィギュアスケートフリーにおいても、その様子が伺えました。

まず、宇野選手は、一つ目のジャンプで失敗してしまうのですが、それにも関わらず、高難度のジャンプを次々と飛びにいくのです。

それはしっかり成功させ、結果は見事に銀メダルを獲得。

常に確実なジャンプだけを目指していたら、演技そのものも硬くなってしまうでしょうし、まず銀メダルは獲れなかったと思います。

彼のように、常に失敗を恐れず挑戦してやろうという心(勝負心・ギャンブル魂)をもつタイプの選手は、アスリートとして成功しやすいのです。

フィギュアスケート界の頑固者タイプ

次に頑固なタイプとして有名なのは浅田真央さん。

とにかく彼女のエピソードには、頑固・負けず嫌いというワードがたくさん溢れています。

中でもトリプルアクセルにはトコトンこだわり、無理を押してまで練習に没頭した姿は頑固からくるもの。

それで選手生命も縮めたとも言われています。

たしかに、コーチに

「どうしても休まなければいけませんか?」

と直訴してまで練習に明け暮れたこともあったと聞きます。

自分と常に戦っていて、一つこだわり始めたら、トコトン拘る頑固者…。

まさにその代表が、浅田真央さんなのではないかと思いますし、だからこそ、女子フィギュア界を牽引する活躍を見せたのだと思いますよ。

フィギュアスケート界のナルシストタイプ

そして、羽生結弦選手は先ほどお話した超ナルシストタイプ。

もちろん負けず嫌いだったり、努力家だったり、いろんな性格を持っていますが、彼の根底にあるのは

ナルシストな一面

があるのではないでしょうか。

そのことが、時に自信過剰に映り、世間をいらだたせることもあるのですが、そんなことにはお構いなし…。

さらに、記者会見やインタビューの席で、ブラックユーモアを披露し、周囲をピリつかせることもありました。

例えば、羽生結弦選手が、練習後の取材を終えた後、知人の赤ん坊を抱き上げ、

この姿を見て隠し子発覚とか書かないですよね。

ボクはベビーブームに乗ってないですよ。

と、当時デキ婚ブームに乗っていた安藤美姫さん・無良崇人さんを揶揄しているかのようなコメントをしてしまったのです。

もちろん本人には全く悪気はありません。

しかし、ナルシストで自分中心に考える傾向があるために、時折周囲が見えなくなってしまうみたい…。

その結果、本人にとっては、ちょっとしたリップサービス(ジョーク)のつもりが、周囲をピリつかせてしまい、彼を嫌う人もいるんだとか…。

まぁ、それくらいのジョークは軽く流してくれるほど、フィギュアスケーターたちは仲が良いですし、それほど問題ではありませんが…。

いずれにしても、自分の世界観に没頭し、ナルシストな一面を持っていることは伺えます。

ナルシストで自分の世界観に没頭して自信を持つ!

でも、その結果、自分を最後まで信じることができたのではないでしょうか。

そして、そのことが、平昌での男子フィギュアフリーにて、『SEIMEI』を演じ金メダルを穫ることにつながっているのだと思います。

羽生結弦の性格は良くも悪くも特殊

正直に言えば、羽生結弦選手のような性格は、かなり特殊ではあります。

子供のように泣きじゃくる程ではないとしても、負けず嫌いな一面を見せれば、普通は、

「大人になれ」

と思うものです。

しかし、それではアスリートとしては通用しません。

頑固だったり失敗を恐れなかったり、自分が極端に好きだったり、何かしらの人と違う特殊な性格を持っているからこそ頂点に立てる。

そんなことをふと感じた次第です。

 

羽生結弦の性格が悪いという評判

羽生 1 20151129_yns3c-1cc-2

先程もお話した通り、羽生結弦選手の性格は少し特殊です。

負けず嫌いで努力家な一面は評価できるとしても、ナルシストな一面など評価できない部分も…。

もちろん、評価できないといっても、それは一部の人の受け取り方の問題です。

誰かに意図的に牙を向いてしまう性格というわけではありません。

ナルシストだったり自信過剰で大口を叩いてしまうところがあるため、そのことが、時に人に反感を買わせてしまうみたい…。

そして、悪い性格の持ち主と言われてしまい、羽生結弦選手の評価そのものが下がってしまっているのです。

羽生結弦の性格の評判が悪いのはアンチの間だけ…

何度も言いますが、羽生結弦選手の性格に関する評価が下がっているのは、一部のアンチの間だけの話です

多くは彼の功績も含めて、しっかり評価してくれていますし、その愛され方も尋常ではありません。

そもそも、世のすべての人から愛される人なんて、この世に存在しないと思います。

多少は性格などの評判が悪くとも、全く気にする必要はないでしょう。

今なお、羽生結弦らしさを持っているからこそ、彼はフィギュアスケーターとして頂点を極めることができていると思います。

だからこそ、周りに振り回されずに、今後も自分らしさを貫いてほしいと思う次第です。

 

羽生結弦の彼女はリプニツカヤ?熱愛報道の真相

羽生結弦とリプニツカヤ

羽生結弦とリプニツカヤ

ソチ五輪で団体金メダル・個人5位に成績を残し、『ロシアの妖精』という愛称で、多くのファンから愛された元女子フィギュアスケーター・リプニツカヤさん

既に彼女は現役引退されています。

かつては、『キャンドルスピン』が代名詞となったように、彼女のしなやかなスピンは、多くのファンから賞賛されましたよね。

そんなリプニツカヤさんが、羽生結弦選手と熱愛していると、一部ネットニュースなどで報道されていますよね。

リプニツカヤが羽生結弦にぞっこん?

確かに羽生結弦選手に熱視線を送るリプニツカヤさんの姿も目撃され、噂では

『羽生結弦選手にぞっこん』

という話も聞かれます。

だからこそ、二人は熱愛していると噂されているのでしょう。

実際にリプニツカヤさんは羽生結弦選手にぞっこんですし、彼女として熱愛の噂が流れるのは分かりますが、そのぞっこんぶりは、恋愛とは別物…。

あくまで、羽生結弦選手をフィギュアスケーターとして尊敬する意味で、ぞっこんということでした。

リプニツカヤがぞっこんなのは選手としての羽生結弦

これは、メドベージェワ選手との関係性と同じではないかと思います。

とくにフィギュアスケーターは、国籍や性別を問わずにすごく仲が良いですし、家族のような関係を持っているので、ときに誤解されやすい…。

おそらく、リプニツカヤさんと羽生結弦選手の熱愛の噂の真相はそんなところなのでしょうね。

羽生結弦選手はナルシストで王子様キャラです。

ちょっと誰かと仲良くしているだけでも、そのような印象を世間に与えてしまうのでしょう。

そこも含めて羽生結弦選手の魅力なのだと思いますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

羽生結弦選手はナルシストで王子様キャラであるゆえに、時折周囲が見えなくなってしまうことがあります。

それによって世間から性格・評判が悪いと言われることも…。

しかし、負けず嫌いで努力家な彼の性格・姿勢は、多くのファンから愛されています。

リプニツカヤさんは、周囲から熱愛彼女と噂されるほどに尊敬しているとか…。

誤解を与えることもありますが、そんな魅力あふれる選手だからこそ、五輪2連覇を成し遂げ、多くの女性ファンから愛されているのです。

今後も、一人のフィギュアスケーターとして、自分らしさ全開で活躍し続ける羽生結弦選手の姿が見られることを楽しみにしたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-フィギュアスケート選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.