時事

アパマン社員の札幌爆発事故の原因とは?スプレー缶に穴を開けた理由を調査

更新日:

2018年12月16日の夜、札幌市豊平区で爆発が起きて、大ニュースとなっていますね。

爆発を感じた人は、

地震かと思って、まさか爆発とは思わなかった

と爆発が起きたことに、とても驚いている様子でした。

なんでもこの爆発を起こした人物は

アパマンショップの社員

なのだそうです。

爆発が起きた原因は、

スプレー缶に穴を開けたこと

で、その数はなんと

100個以上

だったということなんです。

なぜそれほどのスプレー缶に穴を開けなくてはならなかったのかがとても気になるところですね。

今回は、アパマン社員の札幌爆発事故の原因やスプレー缶に穴を開けた理由を調査していきます。

アパマン社員の札幌爆発事故の原因は?

アパマンショップ

アパマンショップ

2018年12月16日に、札幌市豊平区の

木造2階建ての酒井ビル(飲食店などが入る建物)

で爆発が発生し、

42人が重軽傷

を負いました。

周辺のマンションや店舗など車などの窓ガラスが割れるなどの被害があり、爆発した建物は跡形もなく崩れ、周辺にはがれきが散乱しています。

なぜ、今回のような爆発が起きたのでしょうか。

 

酒井ビルの1階は南側から不動産仲介業『アパマンショップ平岸駅前店』、飲食店『海さくら平岸店』、整骨院の3店が棟割りで入居していました。

そしてこのアパマンショップの従業員が

大量の除菌消臭スプレー缶のガス抜きをした後に爆発した

と話しており、不動産店の損傷が特に激しいことから、北海道警察は、

スプレー缶のガスに何らかの原因で引火した可能性が高い

とみて調査を進めています。

 

アパマン社員は、爆発が起こった原因について

100個以上の除菌消臭スプレー缶のガスを抜いた後、手を洗おうとしたら爆発した。

と説明しているようです。

このアパマン社員は、室内で100個以上の

スプレー缶のガス抜き、噴射

を行ったということなんです...。

スプレー缶にはガスが入っていて、室内などガスがこもってしまう場所で大量のスプレー缶のガス抜きを行えば、引火の危険性があることはわかるはず。

ガスのこもった部屋で、アパマン社員が湯沸かし器の火を入れた瞬間に爆発が起きたということですが、アパマン社員は危険だという認識がなかったのでしょうか...。

 

アパマン社員のスプレー缶に穴を開けた理由

爆発

爆発

そもそも、なぜアパマン社員は100個以上のスプレー缶に穴を開けることになったのでしょうか。

このスプレー缶というのが、

業務用の『ヘヤシュ』

という、除菌消臭スプレーだったのではないかと言われているんです。

アパマンショップでは、入居の際に

抗菌施工料・消臭抗菌代

などの名目で、15,000~20,000円ほどの代金を支払います。

そしてこの消臭抗菌代というのが、『ヘアシュ』という消臭スプレーのことを指しているのではないかと話題になっているのです。

『ヘアシュ』の原価は1/10くらいということで、

『料金を取り過ぎている』

と、また新たな波紋が広がっています。

 

アパマンショップでは、この『ヘアシュ』を各店舗に常備。

『ヘアシュ』の製造元の静岡県のメーカーによると、毎月30本を今回爆発した店舗に送っていたということです。

また、『ヘアシュ』には使用期限があるといい、

使用期限が切れたものを年末のゴミ出しに合わせて廃棄していた

可能性が高いですね。

アパマン社員の独断で100本以上のスプレー缶を処分していたわけではないでしょうから、当然アパマンショップの責任も問われるでしょう。

アパマンショップは全国に店舗があり、各店舗に『ヘアシュ』の在庫があったとするならば、他の店舗も使用期限切れのスプレーは処分していたはずです。

今まで事故がなかったことから考えても、爆発を起こしたアパマン社員の知識不足でスプレー缶の処分の仕方が悪かったということになりそうですね。

きっと室内の消臭スプレーだったため、室内にスプレーしたのでしょうけれど、やはりガス抜きは室内でやるものではありません。

 

アパマンショップは、爆発事故に加えて『ヘアシュ』を使用した消臭に多額の料金を請求していたことについても、叩かれていきそうです。

今後どのような対応をするのか、しっかりとみておきたいですね。

それに加えて、今後のスプレー缶の処分方法が見直される可能性もあるでしょう。

札幌市では、平成29年7月からスプレー缶の排出ルールが変更されていて、

中身を使い切って、穴をあけずに捨てる

こととなっています。

しかし、事業所においては、

スプレー缶は、必ず穴を空けてガス抜きすること

となっていて、捨て方が違うんです。

アパマン社員はスプレー缶の捨て方のルールに従っていて、捨て方としては間違っていなかったんです。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、札幌市の爆発事故を起こしたアパマン社員の爆発事故の原因である、スプレー缶に穴を開けた理由を調査しました。

 

アパマン社員は、室内で消臭抗菌スプレー100本以上

  • 噴射
  • ガス抜き

した後に、手を洗うために

湯沸かし器の火を入れた

ことによって大爆発を起こしました。

札幌市のゴミ捨ての方法には、きちんと従っていましたが、今回の件で中身の残ったスプレー缶の処理に不安を覚える人もいるでしょう。

やはりガスは火気厳禁ということです。

室内などガスがこもるところでのガス抜きはしないことなど、基本的なことですが周知徹底する必要がありますね。

年末に向けて不要なスプレー缶の処理をする家庭や事業所も増えてくると思うので、十分注意して安全に努めてもらいたいものです。

-時事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.