音楽

椎名林檎と宮本浩次の関係と獣ゆく細道の歌詞の意味をチェック!

投稿日:

独創的な歌手として人気の高い、椎名林檎さんと宮本浩次(エレファントカシマシ)さんが、初のコラボを組む…

そんな想像も出来なかった夢の共演が実現!

新曲『獣ゆく細道』を引っさげ、二人は、2018NHK紅白歌合戦に出場します。

全く想像もしていなかった二人のアーティストがコラボするだけに、2018年の紅白歌合戦でどんなパフォーマンスをしてくれるのか非常に楽しみ!

それにしても、何故二人は、コラボすることに至ったのでしょうか。

また歌詞の意味も気になります。

そこで、本記事にて、椎名林檎さんと宮本浩次さんがコラボした背景や、『獣ゆく細道』の歌詞の意味を、独自の視点で解説していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

椎名林檎・宮本浩次が初のコラボ

椎名林檎と宮本浩次

椎名林檎と宮本浩次

『歌舞伎町の女王』や『ギブス』など、

ダイレクトかつ核心をえぐるかのようなワード

で埋め尽くされた独特の世界観を楽曲に描く、アーティスト・椎名林檎さん。

一方、存在自体がユニークで独特のテンポは、他者に絶対真似できない、アーティスト・宮本浩次(エレファントカシマシ)さん。

これまで、二人が相交わることは無く、それぞれが独創的な世界観を、自身の楽曲に込めて披露してきました。

J-POPSで一括りにしてしまえば、どこにでもあるような音楽として聴こえてしまうかもしれません。

しかし、よく聴けば、実に独創的…

決してJ-POPで一括りにしてはいけない、特殊な音楽性を持つ二人が、情報番組『NEWS ZERO』のエンディングテーマを歌います。

『まさかというようなコラボで新曲が聴ける…』

これは、音楽ファンにとってはビッグニュースといっても良い話です。

椎名林檎・宮本浩次の歌う新曲は『獣ゆく細道』

二人が歌う楽曲のタイトルは、『獣ゆく細道』。

タイトルを聞くだけでも、独創的な二人にぴったりな楽曲タイトルとすぐイメージできます。

歌詞の意味は、後ほど解説していきますが、2018年の紅白歌合戦にも二人は出場しますし、最高のパフォーマンスを期待しましょう。

 

椎名林檎・宮本浩次がコラボした背景

以前出演していた、音楽番組『ミュージックステーション(以下、Mステ)』の中でも、初コラボと語っていた椎名林檎さんと宮本浩次さん。

どう見ても、二人に接点があるように思えません。

では、そもそも何故二人はコラボすることになったのでしょうか。

そのきっかけは、2017年NHK紅白歌合戦にありました。

当日、二人は初共演を果たすのですが、その際に、椎名林檎さんが、宮本浩次さんに、

「来年(2018年)は、どうされていますか?」

と声をかけたらしく、その質問に、宮本浩次さんは、

「来年なら暇なんで、なんでも言ってください」

と答えると、すぐさまコラボの話が舞い込んできたそうです。

宮本浩次の魅力に惹かれた、椎名林檎のラブコール

そもそも椎名林檎さんは、テレビなどで宮本浩次さんの姿を度々見かけ、そのコミカルな姿に興味を抱いていたみたい…

そして、一つの楽器として、

『こんな面白い素材をより広めていきたい』

と、わざわざ新曲を手がけ、二人のコラボ楽曲としたとのこと。

はっきり言って、それぞれが唯一無二の存在ですから、コラボによる化学変化をもたらすには、素晴らしい組み合わせと言えるでしょう。

関係性そのものは、決して密な関係にあるわけではありません。

2017年紅白歌合戦で共演を果たしていますが、それくらいしか接点は無く、ほぼ初対面に近い状態の関係。

そんな中、椎名林檎さんからラブコールが送られ、コラボが実現…

これは実に珍しいことで、だからこそ二人のコラボは実に新鮮で面白いのです。

2018年紅白歌合戦でも、二人だからこそ実現できる最高のパフォーマンスを、多くの視聴者に見せてほしいものですね。

 

『獣ゆく細道』の歌詞の意味

正直なところ、椎名林檎さんと宮本浩次(エレファントカシマシ)さんが歌う、『獣ゆく細道』は、聴き方一つで、いろんな解釈ができる楽曲です。

それだけ、歌詞の持つ世界観が奥深いと言えます。

ただ筆者には、人間の愚かな部分を指摘しつつ、本来あるべき生き方を指南しているように感じました。

では、この『獣ゆく細道』の歌詞の世界観を紐解いていきますね。

『獣ゆく細道』の持つ世界観

獣ゆく細道の冒頭では、

  • 『この世は無常』
  • 『右往左往してゐる』

というフレーズが出てきます。

修羅というべきか、なんというべきか、異様な空気が漂い、独特の世界観が満ち溢れるようなフレーズですよね。

無常というワードだけならまだしも、旧仮名遣い『ゐ(い)』までも使い、右往左往を強調しているかのように物語っている…

その姿は、異様で強烈…

それだけ、この歌詞の意味合いが深いことを物語っているように思えてなりません。

では、一体、何を歌詞の中で物語っていこうとしているのか…

『獣ゆく星道』は信念を曲げることへの警鐘?

それは、目先の利益に縛られ、忖度にまみれた社会に埋もれ、自身の信念をねじ曲げてしまうことへの警鐘にあると考えられます。

幕末の志士『新選組』の精神を表す一つの言葉として『悪即斬』という言葉があります。

新選組の信念『悪即斬』とは?

この『悪即斬』という言葉は、新選組(自身)の信念(正義)を象徴した言葉で、

『悪人は叩き斬らなければ、正義は守れない』

という意味を持ちます。

その考えは厳しく、新選組の戒律(ルール)を破るものは、たとえ誰であっても叩き切る(あるいは切腹させる)という厳しいものでした。

実際に、芹沢鴨・山南敬介の二人が戒律を破り、最期を迎えることとなります。

新選組の潔さ

まぁ、ここまで信念を貫き、正義のためなら、敵味方関係なく、悪人なら誰でも叩き斬るというのは極端かもしれません。

実際に、

『罪を憎んで人を憎まず』

という言葉もあるように、犯罪者を憎み、命を奪うことで罪を償わせることがNGと考えが、今の時代では一般的です。

ただ、

『ルールを破り悪となることは絶対に許さない』

という、新選組の誠の一文字に捧げた信念からは、今の時代にない潔ささえ感じます。

信念を曲げて忖度を重要視してしまう時代

本来ならば、TBSドラマ『半沢直樹』のように、

『誰であっても正しいものは正しく、間違いは間違いである』

と考え、相手が誰であろうが、時に異議申しだてをすることが、あるべき姿と筆者は考えています。

ところが、今の時代を見渡すと、目先の損得や欲にまみれ、気がつけば、忖度を繰り返す人が増えてしまっています。

まぁ、ちょっとした思いやり程度なら、決して悪いこととは思いません。

しかし、人を傷つける悪に加担し、しかも自分すらもなくしてしまう人もいるなんて…

本当に信じられない話ですが、これも一つの時代の流れなのかもしれません。

『獣ゆく細道』の歌詞は辛辣…

さて、話を戻しますが、『獣ゆく細道』は、こんな忖度や目先の利益ばかりに気を取られ、信念を見失う人たちに対して警鐘を鳴らす楽曲です。

忖度に忖度を重ね、自分を偽物の自分で重ねていく…

その姿は要領のいい生き方と言えるかもしれません。

けれど、そんな人達を

『着ぶくれした人たち』

と表現した上で、

「重ね着しているのは死んでいるのも同じではないか?」

と厳しく問いただしています。

さらに、

『自分を捨ててまで安定を取ることを恥ずるべきこと』

と警鐘を鳴らし、

「自身の正義を持って、獣のようにまっすぐ本能のままに生きよ」

と促しているのです。

もちろん、

「本能のままに生きよ」

といっても、それは、好き勝手に生きることではありません。

あくまで自分の信念(正義)を曲げないこと、そして、

「自分らしく生きろ」

と訴えているのです。

正直、ここまで核心をえぐってくるような楽曲は、そうそうお目にかかれません。

忖度社会だからこそ、『獣ゆく細道』の歌詞は突き刺さる

やはり、どこか忖度してしまうところはあります。

誰しも、名誉毀損と訴えられるのは怖いため、こんなダイレクトな言い方はしないものです。

ただ、異端でありながらも、核心を突いてくる人は少なからずいます。

そして、多くの人は、そんな人達にどこか憧れ、心の中では賛同しています。

信念を貫くというのは、決して簡単にできるものではありません。

途中で心が折れることも幾度もあります。

時に生きることに絶望することもあるでしょう。

しかし、ただ流されて生きるだけよりも、信念を貫き自分らしく生きたほうが、幸せだと思うのです。

『獣ゆく細道』には、そんな深い意味の歌詞が散りばめられています。

ぜひ、じっくり歌詞の意味を噛み締めながら、聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

椎名林檎さんと宮本浩次さんの二人が、コラボを組んで新曲を発表するとは、全くの想定外の出来事でした。

二人が歌う『獣ゆく細道』の歌詞には、

「どんなに辛い目に遭おうが、信念を貫き自分らしく生きていくことが大切」

といった意味合いの言葉が散りばめられています。

それは、自分らしい音楽性を貫き通してきた二人だからこそ伝えられる、実に重要なメッセージなのだと考えています。

何かと忖度ばかりが優先され、自分を見失う人も増えている現代社会だからこそ、一人でも多くの人に意味を捉えながら聴いてほしい…

そのチャンスが2018年紅白歌合戦でやってくるだけに、二人のパフォーマンスには非常に期待しています。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-音楽

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.