サッカー選手

久保建英(くぼたけふさ)の成績と実力を考察!そのサッカーの評価は?

投稿日:

かつて、サッカーの名門『FCバルセロナ』の下部組織(カンテラ)に所属し、将来の日本代表候補として、世界中から注目を浴びていたFC東京の久保建英(くぼたけふさ)選手。

天才、奇跡、異次元!

とまで謳われた、彼のプレーは圧巻の一言でした。

しかし、年齢的なこともあり、ユースチームでは活躍するもののトップチームでは不遇の日々が…

そして、出場機会を求めて横浜Fマリノスにレンタル移籍するも、その機会は恵まれず2019年、またFC東京にレンタルバック…

しかし、久保建英(くぼたけふさ)選手は、今シーズンの開幕から2戦スタメンを勝ち取っています。

そこで、改めて、現在の久保建英選手の現状や成績・実力、サッカーの評価を調査し、まとめていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

2019シーズンで進化を見せた久保建英

久保

小学生時代から、川崎フロンターレの下部組織や、FCバルセロナの下部組織(カンテラ)に所属し、将来を待望されている久保建英(くぼたけふさ)選手。

大人顔負けのドリブルやテクニックを披露し、巷では、

『和製メッシ』

という評価を受け、将来、FCバルセロナの中心選手として活躍するものと期待されていました。

年齢やキャリア不足を理由に不遇を受けた日々

しかし、未成年の外国籍枠の選手獲得に対する問題もあって、バルセロナでプレーできなくなった久保建英選手は、2015年にFC東京に移籍。

その後も、ユース年代では、ずば抜けたテクニックを発揮し、サイドハーフ・ウイング・トップ下など、前線のあらゆるポジションで起用されます。

とはいえ、ここでも、

「まだ若いから…」

という見方をされ、なかなかトップチームでの出場機会に恵まれません。

2018年8月には、出場機会を求め、横浜Fマリノスにレンタル移籍するも、リーグ戦での出場機会は僅か5試合…

もちろん、約半年のレンタル期間を考えれば、逆に多いと考えることも出来ます。

ただ、あれだけの才能を持った選手が、年齢(キャリア)を一つの理由に干されているのは、もったいないですよね。

まだ若く、トップの厳しさに揉まれて、初めて成長できるというのに、Jリーグでさえも、チーム事情が影響して不遇を受けるとは…

世界の宝が埋もれてしまうと心配の声も…

正直なところ、かつて世界を騒然とさせ、日本代表の中心として活躍が期待された、森本貴幸選手の二の舞となってしまうのでは…

そんな心配さえも、筆者の脳裏に浮かんでいたほど、久保建英選手は苦境に立たされていたわけです。

2019シーズン開幕早々、周囲を唸らせた久保建英

ところが、腐らず日々サッカーに向き合ってきた甲斐もあり、2019年、久保建英選手は、劇的な進化を見せてくれました。

J1開幕戦(川崎フロンターレ戦)で、得点こそ挙げられなかったものの、芸術的なフリーキック!

また、カウンターの起点にもなる大活躍…

FC東京・長谷川健太監督も、久保建英選手のプレーを高く評価し、次戦(第2戦・湘南ベルマーレ戦)もスタメンを勝ち取っています。

湘南ベルマーレ戦でも、果敢な飛び出しを何度も見せ、3点目(得点者:ディエゴオリベイラ選手)となるPKを演出。

間違いなく、今後、久保建英選手は、FC東京ではもちろんのこと、日本代表においても、アタッキングサードで、中心選手として活躍してくれるでしょう。

これまでの久保建英の評価

これまでは、テクニックはずば抜けているのに、若干フィジカルやスピードが見劣りし、なかなかトップチームでは対応しきれていませんでした。

それは、キャリア不足(年齢的に若すぎる)な部分も当然あるでしょう。

だからこそ、これまでは、チーム事情を加味し、ユース年代で起用され続けてきたわけですし…

正直なところ、今でも、トップフォームであるかと言われたら、決してそんなことはないでしょう。

ただ、J1での2戦を観る限り、間違いなくスピードも上がり、フィジカルも若干向上しているように思います。

それは、イニエスタ選手顔負けの、体の使い方、ボールタッチに関するインテリジェンスを感じさせるほど…

そもそも、まだ17歳です。

今後の伸びしろも高いだけに、今後しっかりキャリアを重ね、さらなる進化を期待したいですね。

 

久保建英の実力・成績は?

先程もお話したとおり、久保建英選手の実力は、折り紙付き。

あとは、結果待ちといった印象が強いですよね。

とはいえ、それはある意味、データとして目に見えない部分が多いことを裏付けているわけで、成績はあまり良いとは言い切れません。

国内リーグ移籍後の久保建英の成績

2015年から2018年の3年間で、リーグ戦11試合出場し、横浜Fマリノス時代に1ゴール挙げたのみ…

また、J3(FC東京U-23)での出場は、34試合出場で5ゴール。

J3といってもU-23(オリンピック世代)で、久保建英選手の年齢を考えれば、年齢的には、まだまだ格上。

もちろん、久保建英選手のポテンシャルを考えると、少し物足りなさを感じますが、これからの選手なので、今後に期待したいものです。

ポテンシャルが高いからこそ将来に期待!

冒頭からお話している通り、現在、久保建英選手は、FC東京のトップチームで、スタメン定着に向けて、日々戦っています。

長谷川監督の信頼を勝ち得ている現状で、スタメン落ちすることは、そんなにないと思われます。

ただ、こればかりは調子が悪くなれば、スタメンを落とされる厳しい世界なだけに、まずはJリーグでしっかり結果を残してほしいですね。

 

久保建英のサッカーの評価は?

FCバルセロナの下部組織(カンテラ)時代の久保建英選手は、国内外問わず、多大な評価を受けてきました。

『和製メッシ』と呼ばれてきたのもその一つの表れ…

冒頭でも触れた

『天才、奇跡、異次元!』

と讃えられたのも、小学生時代から、大人顔負けのドリブル・テクニックを持っていたからこそ…

今後もその魅力的なサッカーセンスは、存分に魅せてくれるくれることでしょう。

若い頃から多大な評価をされているからこそ大成を望む!

ただし、そういった選手は、これまでにも多数いましたが、なかなか大成している選手はいません。

そして、久保建英選手自身も、2018年までは、目立った結果を残すことが出来ず、くすぶったところが見受けられました。

それだけに、再び、世界を激震させるような活躍を、FC東京で見せてほしいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『和製メッシ』とも呼ばれ、高い評価を受けているFC東京の久保建英選手。

しかしFC東京に移籍してからは、なかなか出場機会に恵まれていませんでした。

年齢的な理由や、フィジカルがトップチームに順応していないことなどで、その評価も下がり気味という感は拭えません。

ただし、それは経験不足からくるものでしかなく、少しずつ経験を積み、2019年には、早くも長谷川健太監督から信頼も勝ち得ています。

まだまだこれからの選手であり、伸びしろも非常に高いだけに、まずはFC東京での活躍に期待したいものですね。

そして、和製メッシと呼ばれる所以を発揮し、将来、日本代表で、多くのファンに衝撃を与えるような活躍を期待しています。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-サッカー選手

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.