美容・健康

風邪薬(市販の顆粒など)の効果的な飲み方を紹介!キャベツはNG?

投稿日:

薬を飲む女性

薬を飲む女性

本格的な風邪ではなくても、

「とりあえず、風邪薬を飲んでおけば大丈夫!」

と信じて、家にある風邪薬を飲む人は少なくはないでしょう。

とくに、市販の風邪薬なら

「適当に飲んでも大丈夫そう」

と、飲み方を守らない人も多くいます。

しかし、食べ物や飲み物との組み合わせや、他の薬、栄養ドリンクなどの飲み合わせが悪いと、『副作用』が起きることがあります。

また、風邪薬の本来の効果が半減してしまう、という例もあるというのです。

そこで、市販の風邪薬の効果的な飲み方を、チェックしてみましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

風邪薬の効果的な飲み方やNG組み合わせ

市販の風邪薬について、

ひよ
効き目が弱いから、適当に飲んでも大丈夫そう

と、私たちは思いがちです。

しかし、風邪薬は、指定された飲み方を守ってはじめて、その効果を発揮します。

市販の風邪薬の効果的な飲み方と、組み合わせNGの飲み物や食材を見てみましょう。

服用するタイミングを守る

市販の風邪薬の多くには、『服用のタイミング』が記載されています。

このタイミングを守らないと、薬の効果が弱まってしまうだけではなく、胃に負担がかかってしまうことがあります。

『食前』『食後』『食間』のタイミングを、正しく理解しておきましょう。

  • 『食前』…薬を飲んでから30分は空けてから食事をとる
  • 『食後』…食後30分以内に薬を服用する(胃の中に食べ物が残っている状態)
  • 『食間』…食事をしてから2時間ほど経過した空腹時

コップ1杯のたっぷりのお水で飲む

風邪薬を飲む時は、コップ1杯のたっぷりのお水、またはぬるま湯で飲みましょう。

とくに、錠剤やカプセル状のお薬は、水分を多く摂った方がよく溶けるので、効き目も早くなります。

少量のお水で薬を飲むと、カプセルの膜がのどや食道に張り付いたり、錠剤が引っかかるということがあります。

これには、高齢者だけではなく、若者でも注意が必要です。

また、抗生物質や鎮痛剤は、たっぷりの水で飲むことで、胃への負担を軽減することができます。

牛乳・ジュース・カフェイン・アルコールと組み合わせはNG

にす
風邪薬を水以外で飲んでも大丈夫?
まい
お茶くらいならいいよね?

という疑問は、多くの人が持っているでしょう。

薬の成分によっては、効き目が薄れてしまうだけではなく、副作用が起きることがあります。

市販の風邪薬は、水またはぬるま湯で飲むのが基本です。

牛乳

牛乳

牛乳

牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品で風邪薬を飲むと、

  • 薬の吸収が悪くなる
  • 効果が表れるまでに時間がかかる

と言われています。

なんとなく、胃の粘膜を保護してくれそうな乳製品ですが、風邪薬を飲む水分としては、適していません。

牛乳やヨーグルトは、風邪薬と同時に摂取するのは控えましょう。

もし、摂取する場合には、薬を飲んでから2時間以上経過していれば、安心です。

ジュース

フルーツジュース

フルーツジュース

とくに、子供に風邪薬を飲ませる時に、

「ジュースでなら、ごまかして上手く飲んでくれるかも」

と考えるお母さんも、少なくはありません。

しかし、ジュースで薬を飲むことは、薬の吸収の邪魔をしてしまったり、その反対に薬が効きすぎてしまうこともあります。

なかでも、

  • オレンジジュース
  • リンゴジュース
  • グレープフルーツジュース

などの、『フルーツジュース』は、避けなければいけません。

カフェイン

カフェインを含む飲み物

カフェインを含む飲み物

市販の風邪薬の中には、カフェインを含んでいるものがあります。

カフェインを含む風邪薬と、カフェインを含む飲み物を同時に摂取してしまうと、カフェインの過剰摂取になります。

すると、

  • 不眠
  • 頭痛
  • めまい
  • 動機

などの症状が表れることがあります。

カフェインを含む飲み物には、コーヒーや紅茶、緑茶などが思い浮かびますが、実は『コーラ』にもカフェインが含まれています。

ですから、コーラで風邪薬を飲むのもNGです。

アルコール

アルコール

アルコール

アルコールで風邪薬を飲むことはもちろん、同時に摂取することも危険です。

風邪薬の本来の効果よりも、強く効果が出てしまったり、副作用が起きる可能性があります。

飲み会前に風邪薬を飲んだり、お酒の後に風邪薬を飲むことは避けましょう。

また、ビールやウイスキー、日本酒、ワイン、焼酎などのお酒だけではなく、アルコールを含む食べ物や栄養ドリンクにも注意が必要です。

栄養ドリンクにも注意が必要

栄養ドリンクには、『カフェイン』や『アルコール』が含まれているものがあります。

カフェインやアルコールと、風邪薬の飲み合わせについては、先に紹介した通り、とても危険です。

もし、何も食べられないなどの症状が続き、栄養ドリンクを飲む場合には、裏面の表記をよく注意して見ましょう。

風邪薬とキャベツの相性は悪い⁈

キャベツ

キャベツ

さて、

風邪薬とキャベツの相性が悪い

という事について、おそらく知らない人が多いでしょう。

実は、筆者も最近知ったばかりです。

市販の風邪薬の多くには、『アセトアミノフェン』という成分が含まれています。

この『アセトアミノフェン』には、解熱や鎮痛の効果があります。

しかし、キャベツの含む成分の中に、この『アセトアミノフェン』を尿として体外へ排出してしまう作用があるというのです。

ですから、風邪薬の効き目が悪くなったり、効いてくる前に体外へ排出されている可能性もあるのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

市販の風邪薬の効果的な飲み方と、組み合わせNGな飲み物をチェックしました。

風邪薬の効果的な飲み方は、

  • 服用するタイミングを守る
  • コップ1杯のたっぷりのお水で飲む
  • 牛乳・ジュース・カフェイン・アルコールと組み合わせはNG
  • 栄養ドリンクのカフェイン・アルコールに注意をする
  • キャベツとの取り合わせはよくない

でしたね。

風邪薬は、水またはぬるま湯で飲むのが基本です。

効き目が薄くなるだけではなく、副作用が起きるなどのトラブルが多く起きています。

市販の風邪薬だからといって、自己流で飲まず、正しい使用方法を理解しましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.