時事

入管法改正案で増加する外国人の人数とは?内容をわかりやすく解説

投稿日:

入管法改正案 外国人労働者

最近、よくニュースで聞く話として、

『入管法改正案』

というものがあります。

 

いわゆる、外国人の出入国に関する法律の改正案ですが、狙いとしては、

『労働者の増加』

と言われています。

 

ですが、一体どんな内容なのかについては、

『あまり知られていない』

というのが現状でしょう。

 

そこで、今回は、

『入管法改正案の内容と外国人の増加』

について紹介します。

雇用問題に関わる話なので、興味のある人は参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

入管法改正案の内容を、簡単に解説

入管法については、これまで何度か話題になっています。

正式名称は、

『出入国管理及び難民認定法』

という法律であり、外国人の出入国・在留資格・難民指定などを定めたものです。

 

これまでに何度も改正されてきた法律であり、

『内容がよく変わる法律』

としても有名なものです。

 

そして、今回の改正案の焦点は、

『日本で働くことが出来る外国人枠の増加』

となっています。

 

改正案には、

  • 特定技能1号
  • 特定技能2号

というものが含まれており、専門性の高い外国人の獲得が目的だと言われているのです。

特定技能とは?

特定技能という項目が追加されるのですが、

『どういったものが当てはまるのか』

という疑問は、誰もが持つことでしょう。

 

現時点では、まだまだ案の段階で、詳しい規定はないのですが、

  • 外食
  • 飲食料品製造
  • 漁業
  • 農業
  • 宿泊
  • 航空
  • 自動車整備
  • 造船・舶用工業
  • 建設
  • 介護
  • ビルクリーニング
  • 素形材産業
  • 産業機械製造
  • 電気・電子機器関連産業

などの業種に関する技能が対象となっています。

今後、さらに内容の変更が行われることになると予想され、

『まだまだ最終的な内容の決定には至っていない』

というのが現状です。

 

特定技能2号が問題になっている

外国人労働者を増やして、労働力の補強を行うことが目的とされる入管法改正案では、

『特定技能2号』

が問題視されています。

 

先程紹介したように、特定技能には、

  • 特定技能1号
  • 特定技能2号

があります。

 

特定技能1号は、

  • 生活に支障のない会話能力
  • 一定の知識や技能を持っている
  • 在留期間は5年
  • 家族の帯同は不可

という内容になっています。

これに関しては、特に議論となることはない状態です。

 

そして、問題の特定技能2号ですが、

  • 生活に支障のない会話能力
  • 熟練した技能を持っている
  • 在留期間は更新が出来る
  • 家族の帯同は可

という内容になります。

熟練した技能というものが、どういったものかは、まだ決まっていません。

そして、何より問題視されているのが、

  • 在留期間の更新
  • 家族の帯同

となっているのです。

 

家族を連れて来日し、在留期間の更新が出来るのであれば、いわゆる、

移民政策と同じになるのではないか

という疑問が出ているのです。

海外の移民問題からも、否定的な意見が多く出ています。

 

在留期間の更新が、どれくらいあるのかについては、

『現時点では決まっていない』

のですが、これが永久的に可能であれば、ほとんど移民と同じ意味合いになってしまいます。

 

今後の決定次第ですが、

『入管法改正』

に関しては、まだまだ議論が続くと考えられています。

 

入管法改正によって、どれくらい外国人の人数が増えるのか?

入管法改正案 外国人労働者 人数

入管法改正には、様々な意見が出ていますが、

『外国人労働者にとっては、またとないチャンス』

となります。

 

現在、日本で働いている外国人労働者は、

約120万人

とされており、出稼ぎ労働者も多くなっています。

 

そんな中、入管法改正案が浮上し、しかも、

『法案が施行されるのは、ほぼ確定』

ということでもあるので、さらなる外国人労働者の増加は確実になるでしょう。

 

想定されている増加人数は、

数十万人単位

とされていますが、地方で人手不足の企業などが多いため、さらなる増加もあると言われています。

 

今後、

『さらに多くの外国人労働者』

を、日本で見かけることになるのではないでしょうか?

外国人労働者が増えることは、良いことだけではない

労働者不足が囁かれている現状で、

『外国人労働者が増える』

ことは、一見すれば良いことだと思います。

 

ですが、話はそこまで単純ではなく、

『様々な課題』

があることも確かです。

文化の違い

外国人労働者のほとんどは、

『日本での生活に慣れていない人』

ばかりとなります。

 

これは、自分に置き換えると分かりやすいですが、

『文化の違う国での生活に慣れていく』

というのは、なかなか難しいことなのです。

 

自分の国では当たり前のことでも、

『日本ではやってはいけないこと』

など、覚えることが多くあるので、外国人労働者が苦労してしまうのです。

その点を、雇用する企業などが適切に対応していかなければ、

『秩序の乱れ』

となって、様々な不利益を被ることになるでしょう。

在留期間を適切に決める

入管法改正案では、

『在留期間が更新出来る』

とされていますが、これに関しても問題が出てくるおそれがあります。

 

どれだけの期間、日本で労働できるのかを正確に知っておかなければ、

『不法在留者の増加』

が起こりやすくなります。

また、不法在留のため、企業が解雇した後、

『仕事を無くした外国人労働者による犯罪の増加』

なども懸念されるため、徹底した対策を講じていかなければならないでしょう。

 

また、更新期間が半永久的に続けば、家族も連れている外国人労働者が、

『移民者と同じになる』

という事態も考えられ、これは先程紹介した疑問に繋がってきます。

 

移民政策に関する問題は、世界中で起きている為、適切な対応をしなければ、

『移民政策の二の舞』

になりかねないので、早急に法律規定をまとめるべきだと言えるのです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『入管法改正案は、労働者不足の解決を見込めるが問題もある』

ということが言えるでしょう。

 

日本での労働者不足は、年々深刻な問題となっていくのは明白なので、

『外国人労働者の増加』

は、かなり有効な方法だと言えます。

 

ですが、文化の違いや移民問題に関連する事柄など、

『対策しなければならないことは多くなる』

ことも確かです。

 

今後、更なる議論が展開されることが予想されますが、

『雇用する企業も含めて、準備を怠らない』

ことが必要になってくるでしょう。

引き続き、目が離せない法案となりますね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.