雑学

タトゥー(刺青)が日本で嫌われる理由と海外の反応をチェック!

投稿日:

タトゥー 日本 嫌われる理由

タトゥーを入れている人が、今はかなり増えたと感じることはありませんか?

派手な印象があり、

『ファッション』

として、若い人を中心に流行っています。

 

ですが、日本においてタトゥーは、

『あまり歓迎されるものではない』

というのは、誰もが感じることだと思います。

 

それでは、なぜ、

『日本では、タトゥーが嫌われているのか』

と言えば、あまり説明できないこともあると思います。

 

そこで、今回は、

『日本でタトゥーが嫌われる理由』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

タトゥーが日本で嫌われる理由は、その歴史にあった?

タトゥーが日本で嫌われている理由として、

『タトゥーの歴史』

が、少なからず関係しています。

 

タトゥーは、別名、

『刺青(いれずみ)』

と呼ばれているように、体に傷をつけて色素を沈着させるものです。

 

縄文時代には、すでに刺青の文化はあったとされ、

  • 女性が既婚である証
  • 先住民族の習慣

など、様々な意味合いで使われていました。

 

その後、一旦はタトゥーの文化は廃れますが、

『江戸時代』

になると、再び大衆文化として発展を始めます。

この時代には、

  • 鳶(とび)職人
  • 飛脚
  • 侠客

などが好んで使用していたとされています。

 

ですが、その一方で、

『罪人の証明に、刺青を掘っていた』

という一面もあるのです。

そこから庶民には毛嫌いされていたとも言います。

 

そして、明治時代に入ると、文明の発展が急速に進み、

『全身に刺青を入れて、歩いていた人』

などを、遅れた文明として禁止するようになったのです。

その後、第二次世界大戦に敗北した日本では、アメリカの影響などで、

『再び、刺青文化が根付くようになっていった』

とされています。

決定的に印象が悪くなったのは、1990年代

刺青文化は、戦後も続いていき、若者の他にも、

『ヤク◯』

などが好んで使っていました。

 

ですが、90年代に入ったとき、

『暴力団対策法』

が出来たあたりで、ヤ◯ザが法的にも悪者として扱われることになります。

ヤクザは任侠映画が作られるほど、大衆文化に受け入れられてきましたが、

『次第に悪い存在として、世間に広まっていく』

ようになってしまいます。

 

そして、その◯クザが好んで使っていた刺青、この時代にはすでに、

『タトゥー』

となっていましたが、これに関しても同様に、悪い印象を抱く人が増えていったのです。

 

タトゥーに対する印象は、人それぞれ

タトゥーは、日本では嫌われているという印象がありますが、

『印象の受け方は、人それぞれ』

となっています。

 

基本は、タトゥーを見ただけで、

『この人とは、あまり付き合いたくない』

と考える人が、かなり多いようです。

ですが、別の意見として、

  • 特に気にしない
  • 入れたい人だけ、タトゥーを入れれば良い
  • あくまでファッションの一部だから、そこまで気にすることでもない

などがあり、タトゥーが入っていても、あまり気にしない人も多いです。

 

気にしない人の多くは、

『若者世代』

が多く、ファッションに興味がある人みたいです。

後は、

『昔からタトゥーを入れている人』

なども、あまり気にしていない様子が見られます。

 

タトゥーを入れた後に、後悔する人も多い

タトゥーが入っていても、特に気にすることのない人は、

『自分でもタトゥーを入れている』

人が多いです。

 

ですが、実際にタトゥーを入れた後に、

『入れたことを後悔する人』

が多いことも、現実としてあります。

 

日本では、タトゥーが入っている人の入場を断る施設が多く存在しており、

  • プール
  • 大浴場

などが、主な場所となっています。

また、就職活動やアルバイトの面接などでも、

タトゥーが入っているだけで、不採用

となることもあります。

 

全体的に、タトゥーが入っている人はお断りしているので、

『生活がしにくい』

ことが多くなっています。

 

これらの要因から、

『タトゥーを除去する人』

なども、よくいるのです。

ですが、タトゥーの除去には、

  • 多額の費用
  • 激痛が伴う
  • 後が残る

など、様々なデメリットがあります。

これらが原因で、タトゥーを入れたことを後悔する人が、後を絶たないのです。

 

タトゥーに関する海外の反応や評判

日本と違って、海外は、

『タトゥーに寛容な土地』

とされていますが、実際のところ、どんな反応があるのでしょうか?

 

少しタトゥーに対する海外の反応を紹介すると、

  • タトゥーを入れることに否定はしないけど、仕事をするなら入れないほうが良い。
  • 多少はあっても良いけど、隠さないといけない。
  • 肌に悪いから、タトゥーは入れない。
  • お互い違う文化だから、受け入れられないことも当然ある。
  • 自分が雇用する立場なら、タトゥーが入っている人は採用しない。

などがあります。

タトゥー自体を否定することはないのですが、

仕事では、入っていない方が当然良い

という風に、考えられているようです。

 

海外の人は、タトゥーを入れている印象が強いので、

『職場などでも、気にせずタトゥーを入れている』

と思われていることがありますが、そうでもないようですね。

 

海外でも、

『ある程度のモラルは守った方が良い』

と考えている人が多いようですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『タトゥーは、日本だけでなく、海外でも、モラルを持って入れるべきと考えられている』

ということが言えるでしょう。

 

日本が、他の国より、

『タトゥーに厳しい文化』

というのは間違いないです。

しかし、海外でもある程度のモラルは守られています。

 

就職などで不利になったりするのは、日本と同じようで、

『タトゥーを否定的に思っている人』

というのは、世界に一定数いるようです。

 

紹介したように、タトゥーは、

『悪いものを連想させる』

ものでもあるため、そのデメリットは覚悟の上で入れなければなりません。

感じ方は、人それぞれなので、全てを理解した上でタトゥーを入れた方が良いでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.