女優

満島ひかりと安藤サクラの仲・関係を調査!性格が原因で共演NG?

投稿日:

芸能界では、

『共演NGとなっている人が、何組か存在している』

と言われていますよね。

その理由を辿っていくと、恋愛トラブル、性格上の問題など、様々な理由で共演NGとなっているようです。

さて、そんな芸能界で、女優の満島ひかりさんと安藤サクラさんが、共演NGになってしまうほど、険悪の仲だと報じられています。

あくまで芸能ゴシップにありがちな、ただの憶測だけかもしれません。

しかし、もともと家族のように仲が良かった二人だけに、非常に気になる話です。

では、実際のところ、二人は本当に不仲な関係なのでしょうか。

また、不仲が事実だとしたら、その理由も気になりますので、本記事で調査し、まとめていきたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

家族のように仲が良かった満島ひかり・安藤サクラ

満島ひかりと安藤サクラ

満島ひかりと安藤サクラ

芸能事務所『ユマニテ』の看板女優として、映画・ドラマで活躍してきた、演技派女優の満島ひかりさん・安藤サクラさん。

現在は、満島ひかりさんが事務所を退社していますが、二人が同じ芸能事務所に所属していた頃は、家族のように仲が良かったようです。

満島ひかり・安藤サクラが仲良くなったきっかけ

二人が初共演を果たしたのは、2009年公開の映画『愛のむきだし』。

この映画での初共演を機に、二人は交流を深めたそうです。

そして、満島ひかりさんの口利きで、安藤サクラさんは、芸能事務所『鈍牛倶楽部』から移籍する形で、ユマニテに所属するように…

それ以来、プライベートでも仲が良く、家族のような付き合いをしていたみたいですよ。

急に不仲(絶縁)状態に陥った満島ひかり・安藤サクラ

ただし、最近になって、状況が一変…

満島ひかりさんが、2018年3月から、ユマニテを退社し、フリーの身となったこともあり、安藤サクラさんと距離を置き始めたというのです。

さらに、一部では絶縁状態に陥ったという話もあります。

かなり雲行きがあやしいのですが、このまま二人は疎遠となってしまうのでしょうか。

二人に何があったのか、非常に気になりますね。

 

満島ひかり・安藤サクラ不仲の理由は朝ドラ?

満島ひかりさんも、安藤サクラさんも、演技派女優でありながら、タイプの全く異なる女優として活躍中。

憑依型の演技派女優・満島ひかり

満島ひかりさんは、まさに憑依型タイプの演技派女優で、感情を爆発させるようなキャラクターを演じさせたら、天下一品の演技が出来る女優。

例えるなら、

  • 二階堂ふみ
  • 門脇麦

といったところでしょうか。

彼女らの演技を見ると、常に鬼気迫るような女性の激しさと、それでいて内面からにじみ出る儚さ・弱さが感じられます。

だからこそ、彼女らの演技に、多くのファンが魅了されるのでしょう。

普通の演技が絶品な安藤サクラ

一方、安藤サクラさんは、どんな強烈なキャラクターも、独特のトーンの演技で普通に演技してしまうタイプの演技派女優です。

現在、放送中のNHK朝ドラ『まんぷく』を見ていても分かるように、あれだけ癖の強いコミカルなヒロインを、淡々と演じていますよね。

しかも、ちゃんと感情の起伏も感じられ、まさに、朝ドラヒロインにぴったりな演技をする女優です。

例えるなら、

  • 大竹しのぶ
  • 上野樹里

といったところでしょうか。

いずれにしても、満島ひかりさんと安藤サクラさんは、全く異なるタイプの女優です。

不仲の理由は、朝ドラヒロイン抜擢への嫉妬

そんな二人が、不仲な関係にあると噂されているわけですが、その理由が、なんと、

『朝ドラ出演を巡っての嫉妬』

というのですから驚きです。

満島ひかりさんは、朝ドラのヒロインに、強いこだわりを持っているらしく、これまでも数多くオーディションを受けてきたそうです。

それでも、朝ドラヒロインだけは、全く射止めることが出来ず、今もなお、悔しい思いをしてきているんだとか…

そんな中、安藤サクラさんがあっという間にヒロインの座を射止めたのですから、満島ひかりさんとしては面白くないのでしょう。

もちろん、満島ひかりさんも、過去に朝ドラに出演したことはあります。

  • 瞳(2006年前期放送、榮倉奈々さん主演)
  • おひさま(2011年前期放送、井上真央さん主演)

の2作品に、満島ひかりさんは出演していますが、いずれも脇役としての出演。

あれだけの演技力を持ちながらも、朝ドラでは脇役止まりなのです。

満島ひかりが朝ドラのヒロインに起用されない理由

ただ、こればかりは仕方のない話だと思います。

満島ひかりさん自身、憑依型タイプの女優ですし、癖が強い分、どうしてもヒロインと言うより脇役に適している印象が強いです。

実際に、これまでの歴代朝ドラヒロインを見ても、『女は度胸』に出演した泉ピン子さんと、『芋たこなんきん』に出演した藤山直美さんくらい…

それも、あくまで癖が強い女優というだけで、満島ひかりさんのような憑依型タイプとは異なります。

また、これらのドラマは、10年以上前の作品です。

朝ドラヒロインは、清純派女優が中心

今の朝ドラとも作風が違うと思いますし、やはり、ヒロインは清純派に近い、安定感ある女優が起用されるものと考えていいでしょう。

『おひさま』で満島ひかりさんが演じた筒井育子というキャラクターは、波乱万丈の人生を送ってきた女性で、かなりヘビーなキャラクターでした。

そのことを考えても、ヒロインが適任とは到底思えません。

NHKサイドとしても、それで満島ひかりさんをヒロインに抜擢してこなかったんだと思います。

演技のタイプと朝ドラヒロインの適正

ただ、それは演技のタイプの問題であって、特に気にすることではないはずです。

しかし、朝ドラヒロインにこだわる満島ひかりさんは、気にしてしまうのでしょう。

そして、その想いが嫉妬に変貌し、安藤サクラさんと不仲となってしまったと言われています。

あくまで、某週刊誌で報じられた記事による話で、どこまでが事実化は、定かではありません。

ただ、筆者としては、タイプこそ違えど、二人共、素晴らしい名女優です。

なので、それぞれの道を歩みながら、多くのファンを感動させる演技を、これからも見せ続けてほしいと期待しています。

 

安藤サクラも満島ひかりの言動に不満?

満島ひかりさんの嫉妬が、一つのきっかけとなり、安藤サクラさんと不仲な関係になってしまったといわれていますが、話はそれだけではありません。

満島ひかりの性格が引き起こしたトラブル

それは、2017年10月に開催された、東京国際映画祭での話…

この日は、

  • 満島ひかり
  • 安藤サクラ
  • 蒼井優
  • 宮崎あおい

の4人が、レッドカーペットに並んでいます。

結果的に4人並んでいるから良いのかもしれませんが、実は裏では、結構トラブっていたようです。

イベント出席直前に、満島ひかりさんが、

「衣装を変えたい」

「レッドカーペットに集中したいから取材は中止したい」

と言い出し、他の3人を激怒させてしまいました。

さらに、安藤サクラさんから

「わがままもいい加減にして!」

と、咎められる始末…

とりあえず、イベントは無事終了しましたが、この一件を機に、安藤サクラさんと満島ひかりさんの仲がこじれた模様…

満島ひかりの身勝手な言動に激怒

さらに、トドメとばかりに、満島ひかりさんが事務所を退社してしまったことで、安藤サクラさんを激怒してしまうのです。

これだけのトラブルと巻き起こし、自分はさっさと事務所を退社してしまうのですから、確かに、

『義理に反する言動』

と激怒するのも頷けます。

結局、安藤サクラさんも激怒することが重なり、絶縁となってしまったと言われています。

二人の関係は、今も最悪…

満島ひかりさんの嫉妬から始まり、二人の間で起こったトラブルで決定的となってしまった二人の絶縁劇…

さすがに、関係性が修復するのは難しそうです。

しかし、それぞれの道を突き進むしかなさそうですね。

ただ、どちらも名女優ですし、絶縁(共演NG)が続いていくとしても、それほど影響もないと思います。

全く違うタイプの女優として、二人がそれぞれの出演作品で、多くのファンを感動させていけば良いのですから。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

満島ひかりさん・安藤サクラさんが、不仲で絶縁となった背景は、

嫉妬とワガママ

が大きく影響していました。

本来ならば、家族のように仲良かった二人だったはずです。

しかし、安藤サクラさんの朝ドラ出演を機に事態は一変…

朝ドラに強いこだわりを持ち、嫉妬に狂った満島ひかりさん…

彼女のわがままな言動も重なり、完全なる仲違いとなってしまいましたね。

さすがに、ここまで来たら、絶縁解消は難しいでしょう。

不幸中の幸いというべきか、満島ひかりさんは事務所を退社していますし、二人が会うこともないと思います。

今後は、それぞれが、女優として邁進し、多くのファンを感動させてくれることを願うばかりです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-女優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.