映画

【映画】人魚の眠る家のあらすじと口コミレビューや感想をチェック

投稿日:

東野圭吾さん

作家デビュー30周年記念作品で、累計110万部を突破したベストセラー小説

『人魚の眠る家』

が映画化され、2018年11月16日に公開されました。

 

東野圭吾さん、数々の傑作を生みだし、その多くが映画化されている大ベストセラー作家です。

 

『人魚の眠る家』で、東野さんは

自分の愛する存在が、眠っているようにしか見えないのに、もう命はありませんと宣告されたらどう感じるか。

そしてどうするか。

という、問題に向き合いました。

 

究極の選択を通して家族の愛を描いた本作を演じるのは、実力派俳優陣です。

主演の篠原涼子さんの、苦悩する母親の迫真の演技は各方面で絶賛されています。

西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、そして松坂慶子さんらの共演陣も豪華ですね。

 

今日は、鬼才・堤幸彦監督がメガホンを取った話題作

映画『人魚の眠る家』のあらすじと口コミや感想レビューを紹介しましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

映画『人魚の眠る家』のあらすじ

映画・人魚の眠る家

映画・人魚の眠る家

ITメーカーを経営する夫・播磨和昌は、基本的に仕事人間で自宅で過ごすことは、ほとんどありません。

その為、幼い娘の瑞穂と息子の生人の育児は、妻の薫子が全て担っています。

 

実は、薫子と和昌は、娘の瑞穂の小学校受験が終わったら離婚することを決めていました。

それまでは、まるで仮面夫婦のような生活を続けているのです。

 

家族の運命を変えたその日。

薫子夫婦は、子供たちを実母や妹たちに預けて、瑞穂の入試のリハーサル指導に出かけていました。

リハーサル会場で、二人は

『瑞穂が救急車で運ばれた』

という知らせを受けます。

 

病院に駆け付けた二人を待っていたのは、意識不明に陥っている瑞穂の姿でした。

医師は、

「意識はなく脳死状態だが、心臓は生きている」

と二人に告げます。

 

薫子と和昌は、

『このまま生かし続けるか』

『脳死判定を受け入れるか』

究極の選択を迫られました。

さらに、臓器移植の意志までをも聞かれた二人は苦悩します。

 

悩み抜いた末に、二人が選んだのは、

『このまま生かし続ける』

というものでした。

「握った瑞穂の指がピクリと動いたから、瑞穂はまだ生きている」

と、薫子が信じてしまったのです。

 

離婚を白紙に戻した薫子は、瑞穂を自ら看護するために自宅に連れ戻しました。

ここから、薫子とその母の千鶴子の二人体制での看護が始まります。

 

やがて、薫子夫妻は、和昌の会社の研究者である星野裕也の協力により、

『人工神経接続技術(ANC)』

の装置を、瑞穂に取り付けることを決心をします。

この装置は、

脳死状態でも脳に指令を出すことによって手足が動かせる

という画期的なものでした。

 

このことにより、瑞穂の手や足が動かせるようになり、薫子は瑞穂の看護にますます没頭していきます。

体も成長していき、

まるで生きているように見える瑞穂

に、大きな希望を見出していったのです。

 

ただ和昌は、やがて自分たちのしていることは

「人間の領域を超えているのではないか」

と、悩み始めます。

 

そんな不安をよそに、

薫子の行動は、狂気さえ孕んでだんだんとエスカレートしていきます・・・

 

『人魚の眠る家』の口コミレビューや感想は?

人魚の眠る家シーン

人魚の眠る家シーン

良い口コミレビュー・感想

生と死の考え方・・誰もが間違っていないしどちらも正解

だからこそ、しんどい

ものすごーく考えさせられる内容

 

登場人物みんなが少しづつおかしくなって壊れていってるように見えるけど、

気持ちが痛いほどわかる。

きっとすべてが正常な反応だし誰一人おかしくなっていなかった。

 

たくさん泣きました。

悲しくてつらくて苦しくて重くて・・

 

観てから一か月になるけど、映像を鮮明に覚えてる。

近いうちにもう一度観てみたい。

 

毎日の生活の中でいつ起こっても不思議ではないと思いました。

何度も息をのみ、

感情が揺すぶられました。

感情移入して、

自分自身を重ね合わせて観ている人

が多いようです。

俳優陣の演技も高い評価です。

悪い口コミレビュー・感想

泣こうと思って観に行きましたが、セリフが白々しいのと、

泣かせたろうと言う意図が強すぎ

て、感情移入できない。

 

子役で泣かせようとするのが見え見え

で退屈。

 

余白のない表現

で強制給餌されてる気分・・・

もっと観客に想像の余地を残してくれてもいいのに

 

急に飛ぶ展開、音楽で無理に感情コントロールしようとしたり巧すぎる子役の演技で泣かせようとするところ・・

全然入り込めなかった。

二時間では無理なのかなあ

悪い口コミもありますが、全体的に否定的なレビューは少なかったです。

しかし、

まい
重すぎて、観るのにエネルギーが要りそう・・・

という印象は拭えませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

映画『人魚の眠る家』のあらすじと、口コミや感想レビューを紹介しましたが、いかがでしたか?

あらすじ

ITメーカーを経営する播磨和昌と、その妻の薫子には、瑞穂と生人という二人の子供がいます。

ある日、娘の瑞穂が事故によって意識不明に陥り、医師に脳死判定を迫られます。

娘の死を受け入れられない薫子は、瑞穂を自宅で看護することを決めます。

さらには、夫の会社の最新技術で、

『脳に刺激を与え体の筋肉を動かす装置』

を瑞穂に取り付けました。

まるで生きているかのような瑞穂の看護に、薫子はのめり込んでいきます。

やがて、薫子の行動は、狂気さえ感じさせる方向へとエスカレートしていくのです。

口コミや感想レビュー

  • 作品に引き込まれ感情を揺すぶられた
  • 感動で涙が止まらない

など、肯定的なレビューが多く、否定的なレビューはわずかでした。

ヒューマンドラマだけに終わらないミステリー性

を感じさせる映画です。

東野圭吾作品の真骨頂ですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.