映画

ういらぶ。(実写映画)のあらすじと口コミや感想レビューを紹介!

投稿日:

  • LINEマンガで話題が沸騰、少女部門月間第一位を記録
  • 累計150万部突破!

そんな大人気コミック

『ういらぶ。』

の実写版映画が、2018年11月9日に公開されました。

 

『ういらぶ。』の作者、森星ゆきもさん

「幸せとニヤニヤとキュンキュンと感動を詰め込んだ100分間」

と、この映画を絶賛しています。

 

キャストは、

  • 主人公・和泉凛に、平野紫耀さん(King&Prince)
  • ヒロイン・春名優羽に、桜井日奈子さん
  • 他、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さん

 

この顔ぶれが引き起こす、幼なじみたちの

『究極のこじらせラブ』

ひよ
うーん、ビジュアルの次元が私たちと違い過ぎる・・・

わかっていても気になります!

 

そこで今日は、

映画『ういらぶ。』のあらすじと、口コミや感想レビュー

を紹介しましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

『ういらぶ。』のあらすじは?

ういらぶ。

ういらぶ。

凛と優羽、暦、蛍太は、同じマンションに住む幼なじみ四人組です。

この4人は、揃いも揃って美男美女高校でもみんなの羨望を一身に集めています。

 

仲良しの四人の中で、

凛と優羽は、お互いに大好き過ぎて、好きと言えないこじらせぶり

しかも凜は、好き過ぎるがゆえに、優羽に対して冷たい態度をとってしまいます。

気持ちと裏腹に、優羽にドSな態度をとったり、暴言を浴びせたりの繰り返しです。

 

優羽は、そんな凛の態度のせいで自分に自信がもてず、ネガティブな思考に陥ってしまいます。

暦と蛍太は、二人を心配しながら見守っているのですが、あまりのこじらせぶりに為すすべもありません。

 

そんな折、四人の前に和馬が現れます。

和馬は、凛とは正反対の性格で、好きなものは好きとはっきり言える自分に正直な性格です。

 

この和馬が優羽を好きになり、凜にとっては手ごわいライバルの出現となりました!

和馬の出現で、凜と優羽、そして幼なじみ四人組の関係が思わぬ方向へと進み始めます。

 

『ういらぶ。』の口コミと感想レビューを紹介!

ういらぶ。ワンシーン

ういらぶ。ワンシーン

良い口コミ・感想レビュー

最後のシチュエーション、すごいロマンチックで憧れる!

そして桜井日奈子ちゃんがめっちゃ可愛いかった!

平野君もかっこよかった!キュンキュンした!

 

また観たい!!

紫耀くんファンにはオススメ!

超おもしろです!紫耀くんファンじゃなくてもめっちゃ楽しめるから騙されたと思って観てください。。

 

キュンキュンだけじゃなくて、凜くんの成長もみれて、最後に溜めていた想いを優しくぶつけるシーンには泣いてしまいました。

何度も観たくなる映画です。

 

ただキュンキュンするだけじゃなくて、面白くて何度かクスクス笑ってしまいました。

こじらせ具合が半端なくて、こじらせ演技も見どころのひとつです。

 

脚本が綺麗にまとまってるので、みんなのことが好きになれる。

最後も綺麗に落としてた

 

平野紫耀のための100分

紫耀くんを劇場で大きく感じるための100分

可愛い紫耀くん、かっこいい紫耀くんを見に行ってキュンキュンするためだけの100分・・

ならば!!!!

映画館で観る価値あり!

 

女子の萌えポイントを全て網羅したかのような、素晴らしいコスプレ!

それに加えて、幼馴染の彼女に厳しくも甘い言葉を連発するのですから、堪らなくトキメキました!

 

レビューは、平野紫耀さんへの賛辞がすごいことになってるので、改めて平野さんの画像を検索してしまいました。

まい
神々しい・・

こんな人、筆者の人生では、生でお目にかかれそうにないです。

悪い口コミ・感想レビュー

 

美男美女を拝む、豊かな時間。

ただ、ストーリーは崩壊気味…

 

なんじゃこりゃ、笑

さすがに何でもかんでも観るのはやめようと反省した。

 

全く期待せずに観に行ったが、期待をはるかに上回るしょうもなさに、逆に観に行ってよかったなと思いました。

 

トキメキもなければ、歯の浮くようなセリフで爆笑することもなく、

感情が全く動かされなかった!

逆にすごい!

 

青春だね~~遠い目

途中までは面白かったのだけれど、おじさん最後は飽きちゃった・・

にす
おじさん、その気持ちわからんでもない

スポンサーリンク

アドセンス

まとめ

映画『ういらぶ。』のあらすじと、口コミや感想レビューを紹介しました。

いかがでしたか?

『ういらぶ』のあらすじ

凛と優羽、暦、蛍太の幼なじみ四人組は、美男美女で高校でもみんなの憧れの的です。

凛と優羽は、お互い好き過ぎて、素直に好きと言えない関係です。

凜は、大好きな優羽にドSな態度をとったり、暴言を吐いたり、好きな気持ちをこじらせ状態。

 

凛と優羽、そんな二人を見守る暦と蛍太の前に、和馬が現れます。

和馬は好きなものを好きをはっきり言える、凜とは真逆のタイプです。

和馬が優羽を好きになったことから、幼なじみ四人の関係が思わぬ方向へと動き始めました・・・

『ういらぶ。』の口コミや感想レビュー

『平野紫耀さんにキュンキュン』が、レビューの総意といってもいいでしょう!

「エンドロールまで観てください!」

というコメントが見受けられました。

それまで「つまらない」と思っていた人の気持ちを塗り替える、何かがあるのかもしれませんよ!

乞うご期待!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.