映画

【評価】ヴェノム(映画)のあらすじと口コミや感想レビューを紹介!

投稿日:

トム・ハーディー主演の映画

『ヴェノム』

が、2018年11月2日、日本で公開されました。

 

この『ヴェノム』は、公開初日からたった3日間で、

  • 約40万人を動員
  • 6億円近い興行収入を記録

圧倒的なNo.1映画となりました。

 

『ヴェノム』は、マーベル史上で、

最も残虐なスーパーヴィラン(超人的な敵)』

として知られています。

2007年の『スパイダーマン3』に登場して、その恐ろしいビジュアルを世界中に印象付けました。

 

耳元まで裂けた口と尖った牙、蛭の集合体のようなおぞましい姿!

それが『ヴェノム』です。

このキャラクターは、マーベルファンの間では圧倒的な人気を誇っているのです。

 

そこで今日は、映画『ヴェノム』のあらすじと、口コミや感想レビューを紹介していきましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』のあらすじを紹介!

ヴェノム

ヴェノム

『ヴェノム』のあらすじを紹介します。

ネタバレなし

なので、安心してくださいね。

あらすじ

カールトン・ドレイクが代表を務める『ライフ財団』が、

地球外生命体シンビオート

のサンプル3つを手に入れたことが発端となります。

ライフ財団で危険な人体実験が行われていることを知ったジャーナリストのエディ・ブロック。

彼は、インタビューで人体実験についてドレイクを問い詰めます。

しかしインタビューは中断され、職を失い、恋人とも別れたエディは、失意の日々を送っていました。

 

ある日、ライフ財団の研究者であるドーラ・スカースと名乗る女性がエディの前に現れます。

ドーラは研究所での人体実験に耐えられず、

告発のためにエディに協力を求めました。

ところが、研究所に忍び込んだエディは、人体実験の被験者を助けようとしてシンビオートに寄生されてしまうのです。

 

エディがシンビオートを持ち出したことを知ったドレイクは、部下にシンビオートを取り戻すよう命じました。

部下に追い詰められ、銃を向けられたエディ。

すると、彼の腕から突然伸びた触手で、ドレイクの部下たちをなぎ倒して逃げます。

 

逃げるエディは、ガラスに映った自分の姿に愕然としました。

タールのようなものに覆われた黒い体の、おぞましい姿

が映っていたからです。

それはエディに寄生したシンビオート。

そして自らを

『ヴェノム』

と名乗りました。

エディは『ヴェノム』になることに抵抗を続けますが、その一方で、強力な力を持つことに惹かれていきます。

 

『ヴェノム』の口コミと感想レビューを紹介!

ヴェノムのワンシーン

ヴェノムのワンシーン

良い口コミ・感想レビュー

アメコミ、特にダークヒーロー物が好きなら絶対観るべき。

 

映画自体の長さを感じさせないアクション、演出、映像表現は素晴らしい。

 

ハーディーに寄生する地球外生命体も実に人間味があり、二人のコラボは最高

まさに、楽しんだもの勝ち。

 

ヴェノム可愛い。

デッドプールにも似てるけど、トム・ハーディーのほうが魅力的。

悪なのに魅了されるんです。

 

怖いホラー系と思いきや、軽快で楽しいコメディ

気楽に楽しめます。

悪い口コミ・感想レビュー

寄生獣の焼きまわしだし、アクションもCG満載で新味なし、肝心のお話も説明不足で盛り上がらず。

 

期待外れ感がすごい。

たいして伏線も貼ってないのに、ヴェノムに出会うまでが長くて退屈。

 

作品全体の印象は「辛くない四川料理」だね。

ヴェノムである必然性が全く感じられない、。

これでは小学生までのヒーロー物と同じ。

 

ひどかった。。

ヴェノムが持つ闇、恐怖が描かれていない、仲良しヒーローコメディだった。

どうやら、レビューは二極化されているようです。

 

参考までに、海外のレビューを見てみましょう。

大手映画批評サイト『ロッテントマト』のレビューから紹介します。

良い口コミ・感想レビュー(海外編)

非常に面白くてバランスのいい映画で、ユーモアと皮肉が利いていて、

なんといっても演技が素晴らしい

 

ヴェノム漫画ファンにとっては待ち望んだ映画!

大画面でヴェノムと出会えて感激!

悪い口コミ・感想レビュー(海外編)

CGIもダメで、プロットも貧弱、悪い冗談かと感じる映画!

 

これまでのところ、

2018年最低

の映画、チケット代が高価に感じる

 

ひよ
かなり辛辣でびっくり。。。

どうも映画評論家からは低評価、しかし観客の90%近くは高評価のようです。

もともと、このサイトは、かなり手厳しいので、観客の評価が高い点はおおいに期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

映画『ヴェノム』のあらすじと感想レビューをまとめてみましたが、いかがでしたか?

『ヴェノム』のあらすじ

エディは、人体実験で死者を出しているライフ財団の秘密を暴くため研究所に侵入し、地球外生命体のシンビオートに寄生されてしまいます。

寄生されたことで、エディとシンビオートが一体化した『ヴェノム』が誕生します。

最初は、ヴェノムのおぞましい姿や凄まじい力に抵抗していたエディは、やがてその魅力に引き付けられていきますが・・・

感想レビュー

高評価あり、低評価ありの賛否両論でした。

でも、星評価はまずまずの成績です。

総合すると、

シンプルに痛快娯楽作品として楽しむには、とてもいい映画

のようです!

マーベルコミックはそもそも、シンプルさや痛快さが持ち味です。

ダークヒーロー『ヴェノム』の活躍に、爽快な気分になれそうですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.