生活

フィッシングメールの対策をチェック!見分け方の例を紹介!

投稿日:

フィッシングメール

ネット環境が普及するにつれ、度々問題視されているものの1つとして、

『迷惑メール』

というものがあります。

いきなり自分のメールボックスに送られてくるため、鬱陶しく思っている人もいるでしょう。

 

そんな中でも、最近注目されているのが、

『フィッシングメール』

というものがあります。

個人情報などを狙った迷惑メールであり、様々な場所で悪用されています。

 

そこで、今回は、

『フィッシングメールの対策と見分け方』

について、紹介していきます。

被害を未然に防ぐために、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

フィッシングメールとは?

フィッシングメールが、巷で横行していますが、そもそも、

フィッシングメールとは、どんなものなのか

と思っている人もいるのではないでしょうか?

ほとんどの場合、迷惑メールとして一括りにされるので、名前を知らないという人もいるでしょう。

 

フィッシングメールとは、

『実在する企業等になりすまして、個人情報を不正に取得するためのメール』

を指します。

 

よく見れば、怪しいメールと気付くのですが、

  • 実在する企業名を使っている
  • 人を焦らせる文言を使う

など、巧みな手口で騙してくるので、引っかかってしまう人も多いです。

 

さらに厄介なこととして、フィッシングメールの目的は、

『直接金銭を得ることだけではない』

ということです。

 

個人情報を抜き取るだけでも、

『様々な方法で利用することができる』

ので、金銭が取られないからといって、油断は出来ないものになるのです。

 

フィッシングメールの手口と見分け方

フィッシングメール 手口

フィッシングメールとは、どのようなものかを紹介してきました。

ここからは、実際に、

  • どんな、フィッシングメールの手口があるのか
  • 対策はどうすれば良いのか

について、紹介していきます。

フィッシングメールの手口は、かなり多い

フィッシングメールは、

『実在の企業名などを使って個人情報などを盗み取るもの』

だということは、先程紹介したとおりです。

 

その為、

企業名を装ったメールには、様々なものがある

と考えておいた方が良いです。

そして、その手口は、

『現在進行形で増えている』

のです。

フィッシングメールの例

フィッシングメールの例を挙げるとキリがありませんが、よくある例としては、

  • メールアドレスを偽装したメール
  • 実在する企業につながるURLを含んだメール
  • 企業から送られてくるメールにそっくりのメール
  • ID・パスワードの変更依頼を装うメール
  • アカウントが不正利用されたという嘘を書いたメール
  • 購入確認を装ったメール
  • リンク先が本物の企業とそっくりのサイトになっているメール

などがあります。

 

少し挙げるだけでも、これだけの数があり、

『年々、本物とそっくりとなっている』

ことが特徴です。

 

その完成度の高さから、

『警戒していても被害に遭ってしまう人』

もいるため、念には念を入れて注意しておかなければならないのです。

 

特に、引っかかりやすいとされるものが、

  • ID・パスワードの変更依頼
  • 購入確認

となるでしょう。

 

実際によくありそうな案件であり、

  • 自分で確認しなければならない
  • 同時期に購入をしていた場合、違和感がないこともある

など、読み流していれば、うっかり被害に遭ってしまうことになるのです。

 

フィッシングメールへの対策

フィッシングメール 対策

様々な種類があるフィッシングメールですが、

『心構えをするだけで、被害をかなり防げる』

ものでもあります。

送信されたメールは、全て疑う

最も大切なことは、

全てのメールを疑う

ことになります。

身に覚えがないメールはもちろん、

『実際に利用したことのあるサービスからのメール』

などでも、しっかりと真偽を確かめていくことが重要になってくるのです。

 

本物と見間違えるようなメールでも、よくよく考えると、

『身に覚えがない』

ものがほとんどだと思います。

それが分かれば、安易に個人情報を入力することもなくなります。

 

怪しいメールが来た場合は、

『1度落ち着いて考える』

ことで、フィッシングメール対策をすることができるでしょう。

メールアドレスをしっかりと確認する

送られてきたメールアドレスを、

しっかりと見直す

ことでも、フィッシングメール対策になります。

 

本当の企業が使っているメールアドレスは、

『ホームページなどで公開されている』

ため、それ以外のメールアドレスであれば、フィッシングメールと思って大丈夫です。

文章がおかしくなっていないかどうかを見る

フィッシングメールは、年々見分けがつきにくくなっていますが、

文章をよく読めば、変な日本語が見つかる

こともあります。

 

社会人として、明らかにおかしな日本語を使っている文章はもちろん、

『脅し文句を書いているメール』

なども存在するため、そういったメールは、フィッシングメールと見分けやすいです。

企業に問い合わせをしてみる

ID・パスワード変更や購入確認を装ったメールが来た場合、

大元の企業に問い合わせる

ことで、フィッシングメールかどうかは見抜くことができます。

 

IDなどは、

『確認する手間』

がかかるので、そのまま指示に従ってしまう可能性が高いものです。

 

ですが、ここで油断せずに、手間をかけて確認することで、

『確実にフィッシングメールを見抜くことができる』

ようになります。

 

この対策方法は、

ほぼすべてのフィッシングメールで使うことができる

ものであり、確実性が格段に上がります。

分からなければ、大元に聞いて確認することを覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『フィッシングメールは、落ち着いて対策をすれば問題なく対処できる』

ということが言えるでしょう。

 

これは、他の詐欺にも言えることですが、

『1度は必ず疑ってかかる』

ことで、頭を冷静に保つことができます。

 

フィッシングメールは、人の不安を煽ってくるものがほとんどなので、

『落ち着いた対応』

をすれば、かなりのフィッシングメールを見抜くことが出来るのです。

 

ですが、人とは、

『知らないことを急に言われると、焦りが出てしまう』

生き物です。

その為、なおさら、

『冷静になるように努める』

ことは重要になってくるでしょう。

しっかりとフィッシングメールを見抜き、大切な個人情報を盗まれないようにしてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.