グルメ

チーズドッグとハッドグの違いとは?作り方や材料をチェック!

投稿日:

ハッドグ

アメリカ発祥で、昔から人気の高い食べ物として、

『アメリカンドッグ』

などがありますよね?

軽食として、これまで親しまれてきたものとなります。

 

ですが、最近新しい食べ物として、

『ハッドグ』

というものが流行っています。

 

見た目は、アメリカンドッグにそっくりなものとなっていますが、

『韓国で作られた新しいアメリカンドッグ』

と言えるものであり、現在人気を博しているのです。

 

そこで、今回は、

ハッドグとはどういった食べ物なのか

について、紹介していきます。

興味のある人は、参考にしてみてください。

アドセンス

スポンサーリンク

ハッドグとは、どんな食べ物なのか?

急激に人気になったハッドグですが、最初に作られたのは、

『韓国の釜山』

と言われています。

 

ホットドッグやアメリカンドッグに似ているものですが、違いとして、

『様々なトッピングがある』

という特徴があります。

 

最も人気なものが、

チーズをトッピングすること

であり、韓国人が好んで食べるチーズがたっぷり入っているものが主流となっています。

 

さらに、砂糖のトッピングも人気があり、

『学生を中心に人気が出ている食べ物』

と言って良いでしょう。

 

チーズドッグとハッドグの違いは?

韓国のみならず、日本でも知名度を上げているハッドグですが、

『見た目が、チーズドッグとそっくり』

と言われていることもあるようです。

 

実際に見れば分かりますが、ハッドグと言われなければ、

「アメリカンドッグと見分けがつかない」

という反応を、多くの人が取ることになるでしょう。

 

韓国では、ハッドグのことを、

『ホットドック・アメリカンドッグと同義』

としているようで、見た目が同じでも問題ないとのことです。

 

確かに、ただホットドッグやアメリカンドッグを食べるより、

『何かしらのトッピングを施す』

ほうが、美味しく食べられるので、アイデアは良いと思います。

ですが、やはり見分けがつかないので、名称や形は変えた方が良いかもしれませんね。

 

ハッドグの作り方や材料は?

人気が急上昇しているハッドグですが、

『作り方自体は、そこまで難しくない』

ため、自宅でも十分に再現できるものとなっています。

 

ここからは、

『ハッドグがどのように作られているのか』

について、紹介していきます。

材料は、アメリカンドッグとほとんど変わらない

ハッドグを作る際、用意するものですが、

『アメリカンドッグとほとんど変わらない』

ため、特殊な材料を用意する必要はありません。

 

材料としては、

  • ホットケーキミックス
  • 薄力粉
  • パン粉
  • さけるチーズ
  • ウインナー
  • サラダ油
  • 砂糖

があれば大丈夫です。

作り方

作り方は、

  1. ホットケーキミックスと水を混ぜる
  2. ひとまとめになるまで、こねる
  3. 薄力粉を敷いたまな板に生地を広げ、6等分に切る
  4. 切った生地で、ソーセージとチーズを包み込む
  5. パン粉をまぶして、熱した油に入れる
  6. 3分程度揚げたら、取り出す
  7. 砂糖がいる人は、砂糖をまぶす(このとき少し炙ればさらに良い)
  8. お好みでケチャップやマスタードをかければ完成

となります。

ひとかじりすれば、

『中からチーズが出てくる』

ため、チーズが好きな人にはたまらない一品になります。

 

従来のアメリカンドッグを独自に進化させた食べ物

ハッドグ アメリカンドッグ 工夫

これまでにも、元からあった食べ物に工夫を加えることで、

違った味わいを出す調理方法

は、数多く登場しています。

 

1つ例を挙げるならば、

『焼きカレー』

などが代表的なものと言えるでしょう。

 

今回のハッドグと同じく、チーズを用いており、

『カレーにチーズをかけて、あとは焼くだけ』

といった、家庭でも簡単に再現できるものとなっています。

 

ハッドグに関しても、今までは、

『シンプルな作り』

となっていたものを、工夫を加えて進化させているものです。

元からあったものなので、

『親しみやすい』

という点も、人気になった要因なのかもしれません。

 

日本で、ハッドグを販売しているのは『新大久保』

韓国で作られたハッドグですが、

『日本で有名になった要因』

として、ハッドグを販売するお店ができたというものがあります。

 

そのお店は、東京の新宿にある、

『新大久保』

に行けば、訪れることができます。

 

新大久保は、昔から、

『韓流ブームと縁がある場所』

として知られており、コリアタウンと化している場所でもあります。

当然、韓国好きな人を中心にハッドグを求める人も多く、

『かなりの混雑』

が起きているようです。

 

ここまで人気が出ている要因として、

インスタ映えする食べ物

だということが関係しているようです。

 

ハッドグは、普通のアメリカンドッグのような見た目以外にも、

  • ポテトを衣にしたもの
  • イカ墨を使ったもの
  • ソースがカラフルなもの

など、インスタグラムをしている人にとっては、魅力的なものばかりとなっています。

味も、チーズを使っているので、

『若者が好む味』

となっているので、なおさら集まるということですね。

ハッドグには別の問題も出てきている

ハッドグにより、新大久保が賑わうのは良いですが、

『別の問題』

も浮上しているようです。

 

それが、

  • 人の混雑
  • マナーの低下

と言われています。

 

元々、駅の入り口が1つしかない新大久保駅に、若者が集まってくるので、

『真っすぐ歩けないほどの混雑』

が起きていることで、近隣住民から苦情が出ているようです。

 

また、ハッドグを食べた後に、

『ゴミを路上に捨てる人が多い』

ので、街にゴミが散乱していることも、問題になっているのです。

ブームとしては、もう少し続くと考えられているため、近隣住民は、

『今しばらくの我慢』

が必要になってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『ハッドグは、チーズドッグに工夫を加えて進化したもの』

ということが言えるでしょう。

 

元からあった食べ物に工夫を加えることで、

『さらなる魅力を見つける』

ことは、これまでも行われてきたことであり、ハッドグもその1つです。

 

いつまでブームが続くかは分かりませんが、気になる人は、1度食べてみることで、どんなものかを確認してみるのも良いかもしれませんね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-グルメ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.