時事 雑学

AppleIDアカウントを回復してください詐欺メールの手口と対策を紹介

投稿日:

AppleID 詐欺メール

インターネットや携帯電話が普及し始めて、かなりの時間が経ちました。

今では、

『日々の生活になくてはならないもの』

となっていますね。

 

ですが、それに伴い、

『ネットを使った詐欺』

などが、新たに横行しているのは、ニュースなどでもよく知られていることだと思います。

 

最近では、

「AppleIDアカウントを回復してください」

といった内容の、詐欺メールが流行っていると言われています。

 

そこで、今回は、

『Appleを騙る詐欺メール』

について、紹介していきます。

詐欺メール被害に遭わないようにするためにも、読んでおいてください。

アドセンス

スポンサーリンク

『AppleIDアカウントを回復してください』詐欺メールとは?

近頃、増えてきている詐欺メールの中に、

『AppleIDアカウントを回復してください』

というものがあるのは、冒頭で紹介したとおりです。

 

これは、どういったメールなのかと言えば、

  • Appleアカウントの異常操作が見られている
  • 安全のため、アカウントを一時的に停止している
  • 解除するには、メールに貼っているURLからリカバリをしなければならない
  • リカバリをしなければ、アカウントは永久に凍結される

といった内容になっています。

 

一見、メールの内容を見れば、

本当にアカウントが停止しているのか?

と思う内容ではありますが、よく読むと、怪しさ満点の内容になっています。

フィッシング詐欺に使われる手口

今回、紹介している詐欺メールは、

フィッシング詐欺の常套手段

となっています。

 

フィッシング詐欺は、よく聞くと思いますが、

『正規のサービスを装い、偽のURLに対象を飛ばして個人情報を盗み出す』

ものを指します。

 

今回のメールにも、

『指定のURL』

が貼られているため、明らかに怪しいのは明白でしょう。

 

今回のようなメールは、

『他にも多くの種類が存在している』

と言われています。

実際に、送信されてきた人もいるのではないでしょうか?

 

Apple関連の機能に関しては、現在ではかなり普及しているので、

『日常的に良く使うもの』

だと思います。

ですが、今回のような、

『異常操作』

などという場合、具体的な誤操作が判明しないため、すぐに信じることは止めるべきです。

 

しっかりとした確認を取らなければ、

個人情報を盗まれる

ことにもなるため、用心しておきましょう。

『AppleIDアカウントを回復してください』メールの対策は?

AppleID 詐欺メール 対策

今回のような、

『AppleIDアカウントを回復してください』

というメールが届いた場合、これから紹介する方法で対策してみてください。

公式ページから、ログインしてみる

こういった類のメールに貼り付けられているURLの先は、

『公式サイトとほとんど変わらない』

ものとなっていることが多いです。

あまりの精巧さに、思わず公式と間違えてしまうほどです。

 

その為、安易にIDとパスワードを入力してしまい、

『個人情報を盗まれる』

人が、後を絶たないのでしょう。

 

これを防ぐためには、メールのURLをクリックせず、

直接公式サイトからログインする

という方法が1番です。

 

もし、アカウントが停止されているなら、

『公式サイトにログインできない』

ようになっているはずです。

もし、問題なくログインできるのであれば、

『詐欺メールということが確定』

となります。

 

安易にメールのURLをクリックせず、

まずは公式サイトから確認する

という習慣をつけておきましょう。

差出人のアドレスを見る

怪しいメールが来た時は、

メールアドレスの確認

を行うことも重要になってきます。

 

Appleからのメールアドレスは、

『〇〇〇〇@〇〇.apple.com』

となっています。

 

このアドレスのうち、

『apple.com』

はドメイン名と言われ、全く同じものを、他の人が使うことは出来ません。

 

その為、送られてきたメールが、

『apple.com以外のドメイン』

であるなら、それは詐欺メールと思って大丈夫です。

 

また、

  • 短縮アドレス
  • アドレスが見れない

ということもありますが、全て詐欺メールなので、削除してください。

ちょっとした違いを見ることで、詐欺メールは見分けることが出来ます。

 

ただし、

  • AppleID
  • サポート
  • プライバシーポリシー

など、メールの下についている文章のリンク先は、

公式サイトに繋がっている可能性もある

ため、これだけを確認せず、メールアドレスなどの確認をしっかりと行いましょう。

メールの文章をよく見る

送信されたメールの文章をよく見ると、

『明らかに日本語が違う箇所』

を見つけるときが多くなります。

 

その場合、

  • 海外の詐欺グループが書いた文章
  • 雇われた人が書いた適当な文章

などの場合が多いです。

 

見た目は、いかにもな感じであるのに、

  • 稚拙なもの
  • 脅しが入っているもの

など、社会のマナーに反しているものが多く見られます。

こういった類は、ほぼ確実に詐欺メールなので、これもすぐに削除したほうが良いでしょう。

セキュリティを強化しておく

今回のAppleIDの詐欺メールにはないようですが、

開いただけで、ウイルス感染するメール

も存在しています。

 

その為、怪しいメールは開かないほうが賢明なのですが、

『誤って開いてしまう』

こともあります。

その場合に備えて、

セキュリティを強化する

ことを忘れないようにしておきましょう。

 

ウイルス対策ソフトなどは、かなりあるので、

しっかりと、パソコンや携帯電話に入れておく

ことで、ウイルスによる被害も防ぐことができますよ。

ちなみに…

筆者は次のセキュリティソフトを使っています。

実績も高く、動作も軽快、パソコンもスマホも一括対応しているので、おすすめです。



【カスペルスキー・オンラインショップ】

Appleに連絡する

今回は、Appleを装った詐欺メールなので、

Appleに連絡する

ことも、有効な対策になるでしょう。

 

Appleなら、

  • 自社が出したメールなのか
  • アカウントが本当に停止されているのか

などがすぐに分かるので、困ったときには1番の対策かもしれません。

 

Appleとしても、

『どんな詐欺メールがあったのか、知ることが出来る』

ため、今後の対策や注意喚起を行いやすくなります。

防犯意識も高まるため、おすすめの方法ですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『落ち着いて対策すれば、どんな詐欺メールの被害にも遭わない』

ということが言えるでしょう。

 

詐欺メールの多くは、

  • 突然の送られてくる
  • 身に覚えがない内容ばかり

など、明らかに怪しいものとなっています。

 

ですが、落ち着いて対処することで、

『メールのおかしな部分に気付くことができる』

ものでもあります。

 

今回は、AppleIDの詐欺メールでしたが、他にも、

『数多くの詐欺メールが蔓延っている』

のが、ネットの世界です。

自分の身を守るためにも、しっかりとした目で、詐欺を見極めていってくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-時事, 雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.