アニメ 言葉の意味・語源・由来 野球 野球選手

甲斐キャノンの意味と成績を紹介!由来はガンダム?【動画有り】

投稿日:

甲斐拓也

甲斐拓也

2018年の日本シリーズは

『福岡ソフトバンクホークスの優勝』

で幕を閉じました。

しかも4勝1敗1引き分けという、ほぼ相手の広島カープを圧倒した形の内容でした。

 

そのソフトバンクの勝利の立役者がキャッチャーの

甲斐拓也選手

です。

機動力が自慢の広島打線の盗塁を、次々と阻止してソフトバンクに勝利をもたらし、尚且つ

『日本シリーズMVP』

まで受賞しました。

 

彼が繰り出す2塁ベースへの盗塁を刺す鋭い送球は、その凄まじい威力と速さから

『甲斐キャノン』

と呼ばれ、他チームの選手から恐れられています。

 

では

  • なぜ甲斐選手はここまでの注目を集める選手になったのか。
  • 『甲斐キャノン』の命名の由来はどこからきているのか。

動画を参考にしながら紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

伝説となった2018年の日本シリーズ

広島は2018年シーズン、なんとチーム全体で盗塁を

95回』

も成功し、抜群の機動力でセ・リーグ優勝を果たしました。

 

対するソフトバンクは、甲斐選手を中心に

『鉄壁の守備を持つ』

チームであり、手堅く勝利を積み重ね、パ・リーグ優勝を果たしました。

 

一方は盗塁を次々と決め、強力な攻めで突き進む

ほこ『矛』

を持つ広島。

そしてもう一方は、盗塁を次々に失敗へと導き、全力で進塁を阻む

たて『盾』

を持つソフトバンク。

 

2018年日本シリーズは、まさに

『ほこ×たて』

の名勝負でした。

 

しかしふたを開けてみれば、甲斐選手の6連続盗塁阻止という日本シリーズ記録更新付きの活躍で、

ソフトバンクの優勝

という結果になりました。

 

甲斐選手の成績

甲斐選手は、2018年パ・リーグのレギュラーシーズンでは、驚異の盗塁阻止率

『4割4分7厘』

を誇る強肩キャッチャーです。

 

これは、瞬足自慢の選手が全力で2塁ベースへ突っ込んでも

半分近くは失敗してしまう

という、ランナーから見ればたいへん恐ろしい数字です。

 

2018年のレギュラーシーズンでは

76回』

のランナーの必死な盗塁挑戦に対して、なんと

『34回』

も阻止しています。

 

そして日本シリーズで見せた

6盗塁連続全て阻止』

というのは、もちろん同シリーズ記録です。

甲斐選手の打撃成績

しかし、打撃の方を見てみますと、お世辞にも素晴らしい成績と呼ばれるものではありません。

2018年パ・リーグでのレギュラーシーズンの成績は

  • 打率2割1分3厘
  • 打点37
  • 本塁打7本

 

しかもMVPを取った日本シリーズに至っては

  • 打率1割4分3厘
  • 打点0

ハッキリ言って打撃成績は凡庸の域を超えてはいません。

しかし、甲斐キャノンの威力は、そんな打撃の成績を打ち消してしまうほどの威力なのです。

 

海外でも紹介された甲斐選手の活躍

甲斐選手の活躍は、日本だけで話題になっているものではありません。

実は

『アメリカメジャーリーグの公式サイト』

で、特集として取り上げられたことがあります。

 

その中では

「日本シリーズ0打点にもかかわらず、MVPに選出された選手がいる」

「なぜなら、盗塁をすべて止めたからだ」

という内容のものです。

 

さらには、日本シリーズ5試合での6盗塁阻止を絶賛し、且つ二塁送球タイムが1.8秒台というのは

『アメリカメジャーリーグでもトップクラスのタイム』

だと伝えています。

 

国際試合でも披露された甲斐キャノン

実は、レギュラーシーズンや日本シリーズの他に、甲斐選手は国際試合でも、その自慢の甲斐キャノンを披露したことがあります。

 

それは、2018年11月7日に行われた壮行試合

『日本代表対台湾代表』

の試合中での出来事です。

 

9回二死の時、台湾の盗塁王

王威晨『ワン・ウェイチェン』選手

が盗塁を仕掛けた際、見事、甲斐選手が阻止しています。

もう日本だけにとどまる選手ではありませんね。

 

甲斐キャノン命名の由来はガンダム?

ガンキャノン

ガンキャノン

『甲斐キャノン』、とても不思議な響きのネーミングですよね。

このネーミングは一体どういう理由で、またどういった由来でつけられたのでしょうか。

 

実はアニメ機動戦士ガンダムに登場する、両肩にキャノン『大砲』をのせたロボット兵器

『ガンキャノン』

からきているのです。

ガンキャノンが

両肩から繰り出される砲撃

そして、甲斐選手が

肩あたりから素早く繰り出される二塁への送球

その二つが重なって見えるということで

『甲斐キャノン』

と命名されました。

 

しかも、ガンキャノンを操縦するパイロットの名前が

『カイ・シデン』

これは驚きの偶然ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『甲斐キャノン』の命名の由来は、

アニメ機動戦士ガンダムの登場キャラクターから来ている

という事が分かりました。

 

そして、2018年の日本シリーズは、

見事なほこ『矛』とたて『盾』が揃った

前代未聞の名勝負といえるものでした。

 

さらには、甲斐選手は国際試合にも日本代表として選出され、海外の選手に対しても、その素晴らしい『甲斐キャノン』を披露してくれました。

こういった、きらりと光る一芸を持った選手が、もっとたくさん出てきてくれたら、日本のプロ野球はまだ楽しめるでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-アニメ, 言葉の意味・語源・由来, 野球, 野球選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.